ピクシブ百科事典

ベストウイッシュシーズン2特別編

べすとういっしゅしーずんつーとくべつへん

ベストウイッシュシーズン2の特別編(スピンオフ)のこと。ベストウイッシュシーズン2(ベストウイッシュ全体)が最終回を迎えた後の特別編のことを指す。
目次[非表示]

概要

正式タイトルは『ポケットモンスターベストウイッシュシーズン2デコロラアドベンチャー!特別編』。
全部で2つあり、サトシと別れた後のデントアイリスの行動がそれぞれ分かるようになっている。


デントとタケシ! ギャラドスのげきりん!!

概要

2013年10月3日、ちょうどXY編までのつなぎとして放送された作品。
サトシと別れた後、ジョウト地方のとある場所にやって来たデントと、ポケモンドクターの専門学校の研修でその地を訪れていたタケシの話。

ストーリー

クチバシティでサトシと別れた後、アイリスとも別れたデントはとある湖にやって来た。
不思議な色をしたハリーセンを見つけた後、釣りソムリエとして腕が鳴るデントは早速マイ竿とマイルアーで釣りを始めた。
ところが、釣り上げたポケモンはギャラドスだった!早速捕まえようとヤナップバトルを挑むが、ギャラドスのかえんほうしゃの前に敗れてしまい、ヤナップも重傷を負ってしまう。
すぐに近くのポケモンセンターに向かい、ジョーイさんと話していたところに偶然かつてサトシと旅をしていた男タケシがやって来た。
研修生として治療を引き受けたタケシとジョーイさんによって無事ヤナップの治療は成功した。
そしてタケシとデントはとあるピカチュウを持った女の子と出会い、ピカチュウの10まんボルトの特訓を手伝った。
特訓が一段落ついたその時!ポケモンセンターにたくさんのトレーナーが押し掛ける。
なんと、全員町に現れた湖のギャラドスにやられたというのだ!
この事件を解決するため、タケシとデントは立ち上がった。


登場するキャラクター

主なキャラクターのみ記載。


余談

ポケモンセンターで出会った女の子のピカチュウを見たとき、二人ともサトシのことを思い出すがタケシもデントもサトシの元同行者だったことを話さなかったため、2人ともそれぞれサトシの知り合いであるという共通点を知らない。互いの名前すら聞かずじまいであった(シーズン2本編ではヒカリがイッシュ組にタケシの事を話すカットがあるため、もしデントが名前を聞いたらサトシの元同行者である事に気づいていたと思われる)。

因みにこの回で登場したアユミのパートナーであるピカチュウは♀であり、尻尾もちゃんと♀仕様となっている。

アイリスVSイブキ!ドラゴンマスターへの道!!

概要

本来は上記のデント編と併せて放送される予定だったが、次シリーズが放送開始になりそのまま放送日が不明だった。
しかし、その後2014年3月27日(木)の1時間スペシャル(2本立て)のうちの1本に決定し、無事に放送された。アニポケスタッフの仕込みかどうかは不明であるが、アイリス役を務めた悠木碧の誕生日でもある。
『デントとタケシ! ギャラドスのげきりん!!』がデントとタケシのスピンオフであることに対して、こちらの話はアイリスイブキが主役である。

ストーリー

クチバシティでサトシと別れた後、デントとも別れたアイリスはデコロラ諸島で出会ったフスベジムのジムリーダー「イブキ」のジムに挑むためにフスベシティにやって来た。
街に来て早々、いたずらもののフカマルやそのいたずらに困っている街の人達と出会い、フカマルを逃がした責任としてアイリスはフカマルを説得することになる。
そしてフカマルがお花畑からエアームドにつれてこられて驚いていたことを知り、返すことを決意する。
その途中でイブキとも出会い、二人でフカマルを返すためにお花畑…竜の聖域へ行った後約束のジム戦をすることになったが…。

登場するキャラクター

主なキャラクターのみ記載。


この回ではアイリスはフカマルを新たに手持ちポケモンに加えており、物語の最後でアイリスが今後の行く先を決める際にレックウザが上空を通過し、アイリスもそのレックウザが飛んで行った方角に旅の進路を定めている。

余談

このアイリスの特別編が放送された当時は既にアニポケXYが始まっている。しかし、アイリスのカイリューとイブキのクリムガンとのジム戦では背景がXY以前に用いられていた謎背景仕様であり、この回が制作されたのがデント特別編と同時期に作られた回である事が見て取れる。


関連タグ

アニポケ ベストウイッシュ ベストウイッシュシーズン2デコロラアドベンチャー!

pixivに投稿された作品 pixivで「ベストウイッシュシーズン2特別編」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34478

コメント