ピクシブ百科事典

タクト(アニポケ)

たくと

アニポケ第3期・「ダイヤモンド&パール」で登場したポケモントレーナー。
目次[非表示]

CV:高橋広樹

概要

ポケットモンスターDP第189話、シンオウリーグ大会で初登場した謎のトレーナー。
名前の由来は恐らく2009年のポケモンカードゲーム・シニアクラスの優勝者、板垣拓斗選手。

シンオウリーグ大会でしか登場していない上にサトシとの絡みも多くない為、そこまで特筆すべきトレーナーではないのだろうか・・・と思うかもしれないがむしろその逆である。
実はシンオウのジム戦をダークライ1匹で突破してきたと言うとんでもないトレーナーなのである。
幻のポケモンと言うと、数が少ないだけでなく人間との接点も少なくとてもトレーナーの手持ちにいるとは思えない存在のはずである。ゲームならともかくアニメならこれが顕著(ヒードラン持ちのトレーナーがいた? 知らん)。
それが普通にトレーナーの手持ちとして存在する。まるで意味が分からんぞ!
勿論アニメ史上かつ唯一の幻のポケモン使いである。もう出ないだろうが。

トレーナーとしての腕はいざ知らず、その強さも異常であり何とサトシ戦以外はダークライ1体で余裕の突破
この瞬間、「ああ、今回もサトシは優勝できないんだな・・・」と思った視聴者が多数。

サトシ戦でもやはり圧倒的な強さを見せ付けた。
ダークライに対してヘラクロスを出すも(ねごとによる)メガホーンを耐えた上でダークホール」からの「ゆめくい」でこれを難なく撃破※。

※ちなみにアニメの「こんじょう」はねむり状態でも適応されるらしい。これを考慮すると(同レベルならば)下降補正攻撃努力値0+個体値0のメガホーンは防御特化ダークライですら超高乱数1発なのだがそこまでレベルに差があるという事なのだろうか。恐るべしはアニメ補正である。

次いで出てきたコータスフカマルダークホールすら使用せずものの数秒で瞬殺。サトシはたった数分で3匹失う事になってしまう。
次いで出てきたジュカインも「れいとうビーム」や「ダークホール」→「ゆめくい」で追い詰めるも目覚められ、渾身のリーフブレードで撃破された。

しかしその後に繰り出したのは、これまた伝説のポケモンであるラティオス
既に消耗が激しかったジュカインを撃破し、さらに繰り出されたオオスバメも瞬殺。
最後に激突したピカチュウと相打ちになった。

が、サトシの手持ちはここで尽きてしまい結果タクトが4匹残して勝利。
またしてもサトシは優勝を逃すのであった。
ここまで一方的過ぎるバトルも他にあるまい。この前のシンジ戦に3話使っている事を考えるとあまりにもあっさりとしすぎたバトルのせいで評価は賛否両論。ただジュカイン等この試合で活躍したポケモンもいるため、好きな人は好きな試合でもある。

なお、タクトは決勝戦もダークライ1匹で突破し、そのまま優勝したのであった。
チャンピオンリーグへの参加には地方リーグでの優勝が必要なので、参加は当然ではあるのだが、こんなに圧倒的に強いのに地方リーグに参加したという状況は他の参加者にとってはかなり運が悪かったともいえるだろう。

ちなみにタクト本人は特に嫌味な性格はしておらず、相手の強さも理解し賞賛も欠かさない。
フカマルのりゅうせいぐんに対しても、「僕のダークライでなければ回避はできなかった」と評している。
それがある意味やるせなさを生み出している。

このようなキャラが出てきた背景には、おそらくは大人の事情彼の登場が急きょ決定したためと思われる。
メイドカフェのミルタンク!史上最悪のトゲピーとは違うベクトルで公式が病気な回なのであった。

関連タグ

アニポケサトシの旅シリーズダイヤモンド&パールシンオウリーグ
サトシのライバル 伝説厨
伝説ポケモン幻のポケモン
ダークライ ラティオス
ポケモンカードゲーム

関連イラスト

伝説厨さんの休日
伝説は塗り替えるものって誰かが歌っていたけど


まさに伝説厨
アニポケさんs

pixivに投稿された作品 pixivで「タクト(アニポケ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5809

コメント