ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
はらぺこスイッチ
7
ポケモンの特性のひとつ。

データ

初出第8世代
効果1ターンごとに姿が変化する。

概要

第8世代から登場したモルペコの持つ特性。

1ターンごとにでんきタイプを主体とする「まんぷくもよう」と、あくタイプを主体とする「はらぺこもよう」へ交互にフォルムチェンジする。


ただし、でんきタイプとあくタイプが交互に入れ替わるわけではなく、モルペコのタイプ自体は一貫してでんき/あく複合のまま。

一見実践向けとは思えない説明だが、この特性の真価は専用技「オーラぐるま」の攻撃タイプが変わる形で発揮される。


またフォルムチェンジの際には、もりののろいパワーシェア等によるタイプ操作やステータス操作がリセットされる隠し効果もある。元々モルペコにそれらを使うメリットは薄いが、覚えておいて損は無い。


ただしテラスタルは例外で、特性自体が働かなくなり毎ターンの切り替えが起こらなくなる。

またトレース等でコピーはできないが、上書きや削除ではこれまた機能しなくなるので注意。


モーション追加

初登場の第8世代ではメタモンメロエッタなどと同じごく一般的なフォルムチェンジだったが、次作の第9世代では専用モーションが追加された


・まんぷく→はらぺこ:お腹を空かせる

・はらぺこ→まんぷく:木の実を食べる


一連のシーンが可愛いと評判で、後になって追加されるのはかなり珍しい。


関連タグ

ポケモン剣盾 モルペコ

データ

初出第8世代
効果1ターンごとに姿が変化する。

概要

第8世代から登場したモルペコの持つ特性。

1ターンごとにでんきタイプを主体とする「まんぷくもよう」と、あくタイプを主体とする「はらぺこもよう」へ交互にフォルムチェンジする。


ただし、でんきタイプとあくタイプが交互に入れ替わるわけではなく、モルペコのタイプ自体は一貫してでんき/あく複合のまま。

一見実践向けとは思えない説明だが、この特性の真価は専用技「オーラぐるま」の攻撃タイプが変わる形で発揮される。


またフォルムチェンジの際には、もりののろいパワーシェア等によるタイプ操作やステータス操作がリセットされる隠し効果もある。元々モルペコにそれらを使うメリットは薄いが、覚えておいて損は無い。


ただしテラスタルは例外で、特性自体が働かなくなり毎ターンの切り替えが起こらなくなる。

またトレース等でコピーはできないが、上書きや削除ではこれまた機能しなくなるので注意。


モーション追加

初登場の第8世代ではメタモンメロエッタなどと同じごく一般的なフォルムチェンジだったが、次作の第9世代では専用モーションが追加された


・まんぷく→はらぺこ:お腹を空かせる

・はらぺこ→まんぷく:木の実を食べる


一連のシーンが可愛いと評判で、後になって追加されるのはかなり珍しい。


関連タグ

ポケモン剣盾 モルペコ

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    原作:みなと 漫画:吉たか結衣 キャラクター原案:霧夢ラテ

    読む
  2. 2

    まつお

    読む
  3. 3

    遊ハち

    読む

pixivision

カテゴリー