ピクシブ百科事典

テオナナカトル

ておななかとる

幻覚毒を持つ毒キノコ・マジックマッシュルームの、中世の中南米を支配したアステカ帝国での呼び名。

概要

かつて中南米を支配していたアステカ帝国および、周辺国家や民族によって宗教儀式などに用いられていた幻覚毒を持つ、所謂マジックマッシュルームと呼ばれる毒キノコの呼称であり、キノコの柄の部分に顔がある石象が残されている。

ナワトル語で「神の肉」という意味で、宗教儀式においてはしかるべき作法にのっとって摂取され、それから得られた様々な幻想を神のメッセージとしていたとされる。
また戦争に赴く戦士や生贄にされる捕虜にも用いられ、高揚感や陶酔感を得ていたと、植民地を築いたスペインから訪れた宣教師たちが記録している。
なお、芸術神といわれるショチピリの図像にもこのキノコが描かれているという。

この他、アステカ帝国や近隣諸国ではペヨーテと呼ばれる有毒サボテンを摂取したり、リュウゼツランから作られたアルコールを直接腸内に吸収させる方法で酩酊状態を作り出すなど、外科手術にも耐えうる独自の麻酔技術を発展させていたといわれる。

西欧社会の常識では計り知れないアステカ帝国やマヤ王国などでの、急な遷都や生贄を重んじる思想は、このような幻覚キノコや植物の摂取によって、行動の指針が決められていたからではないのかという説もある。

近代になっても一部の地域ではこのキノコを用いた宗教儀式が続けられており、民俗学者によるフィールドワークによって体験談が発表され、ヒッピームーブメントなどに大きな影響を与えた。

関連タグ

アステカ アステカ神話 マジックマッシュルーム 毒キノコ 
ワライタケ 麻酔

テオ・テスカトル/ナナ・テスカトリ:『モンスターハンター』に登場するアステカ神話の神テスカトリポカナナワツィンの名がモチーフだという古龍種。

関連記事

親記事

マジックマッシュルーム まじっくまっしゅるーむ

兄弟記事

コメント