ピクシブ百科事典

ワライタケ

わらいたけ

ワライタケとは中枢神経に働きかける毒を持つキノコ。
目次[非表示]

概要

生物のワライタケ

ワライタケ


ワライタケとは、オキナタケ科ヒカゲタケ属の毒キノコ
学名Panaeolus papilionaceus。英名Panaeolus。同種のキノコは世界中に広く分布している。

毒成分は中枢神経に働きかけ、幻覚幻聴痺れなどの症状とともに理由もなく笑い出したり、泣き叫んだりする逸脱行為や異常行動が数時間続くといわれている。
しかし、自然由来の毒のため効果は一定ではなく、悪寒や吐き気、腹痛などの胃腸障害を伴う場合もあり、落ち込んだり恐怖感に襲われるバッドトリップという状態に陥ることもあるという。
純粋な毒性による死亡例は知られていないが、高所より飛び降りるなどの自殺行為をおこなった結果、死に至った例はある。

細い柄に亀甲状にひび割れた小ぶりの傘を持ち、食欲をそそるような形状はしていない。
近年ではヒカゲタケサイギョウガサという名のキノコは、生育環境によって変化した同じものだといわれる。
牛糞や馬糞などに生える糞生菌であり、一説によるとなどの草食動物とは共生関係であり、ストレス解消のための遊びとして食べてもらい、菌糸や胞子を排泄させることで分布域を増やしているといわれる。

日本では菌類学者の川村清一が、古文書や海外での事例報告にある「笑い茸」の種を同定しようとしていたところ、1917年(大正6年)に石川県でこのキノコによって一家全員が中毒したために和名「ワライタケ」と命名した。
妻が笑いながら裸でエア三味線を弾き、母が一晩中「自分の責任だ」と謝り続けたというこの中毒事例は様々なところに引用され、近代以降の創作に大きな影響を与えている。
中毒になっても致命的ではない場合が多く、食べた量にもよるが数時間で症状が収まるため、知られるのは「恥ずかしい」と表に出ていない事例が多数存在していると思われる。
1991年には沖縄県でも中毒事例があり、一番重症だったものはとても愉快で呼吸するのを忘れたと呼吸困難で救急搬送されている。

通俗的なワライタケ

毒キノコ


日本では平安時代の「今昔物語集」に書かれている山で遭難した尼僧たちが食べたところ笑いながら踊りだしたというキノコ「舞茸」の話や、笑ったことが無い男「仏頂さん」を笑わせるために紅葉に生えるキノコを使う古典落語「笑い茸」などがあり、古くからその存在は知られていたようである。

その他忍者が敵陣を混乱させるためにこのキノコを調合した毒薬を使用したという話や、妖怪譚憑き物などの怪異の正体は中毒症状であるという説がある。

こういった毒性のキノコは海外ではマッシュルーム栽培の邪魔になる、食べると酔う雑草キノコやマジックマッシュルームとして知られており、かつては海外産のものが脱法ドラッグとして流通していた。しかし、摂取した者による事件が多発したために現在では麻薬及び向精神薬取締法において麻薬原料植物として指定されており、所持しているだけでも犯罪になる。

創作における扱い

ワライダケ、笑い茸、笑いキノコなどと呼ばれることがある。

登場人物が食べてしまい「アヒャヒャヒャヒャ」と笑い転げるというテンプレは小説や児童書、漫画、アニメなどでは古くからあり、上記の落語のようにめったに笑わない者に対して食べさせるというネタもあった。

龍田



しかし、現在ではマンネリ化によって、もしくは違法薬物使用の犯罪行為とみなされるためか減少している。

おもにギャグ回と呼ばれるものに登場することが多いが、食べると笑い死にするものやキノコ怪物に変わってしまう種などもあり、ホラー作品や推理物、艶笑譚で使われることもある。

名前や形状、症状は劇中での扱いによって変わり実物とは大きく異なる。

亜種として泣き茸、怒り茸などが登場する場合もある他、摂取した人物の特性や相性によって、症状が変化する場合もある。

シチュエーション

星の子ポロン/W3/ドンチャック物語/ムーミン/ふしぎの海のナディア/ハイスクール!奇面組/こちら葛飾区亀有公園前派出所/るろうに剣心/クレヨンしんちゃん/おるちゅばんエビちゅ/コジコジ/忍たま乱太郎/ロビンフッドの大冒険/エア・ギア/ねこむすめ道草日記/鎌倉ものがたり/セブンきゅ~ぶ/ビーロボカブタック/ゲーム版まほろまてぃっく/ポケットモンスター/テイルズオブリバース/漫画版キングダムハーツ/カウボーイビバップ/素敵探偵ラビリンス/舞-乙HiME/コメット・ルシファー/ブレイブウィッチーズなど)

使用後(ワライタケ)
ブレイブの7話のハイライトとネタ


いじわるばあさん/エイリアン通り/鉄鍋のジャン!など)
  • 敵が社会を混乱させるために使用。
東映スパイダーマン/中華一番!/宮廷女官チャングムの誓いなど)
  • 敵を行動不能にするために使用。
それいけ!アンパンマン/おむすびまん/半熟英雄/忍者らホイ!/メルヘヴン/マジンガーZIP!/デジタルモンスター(マッシュモン)など)
  • 犯罪トリックに使用。
(人形佐七捕物帳/銭形平次捕物控/金田一少年の事件簿/アニメ版魔人探偵脳噛ネウロなど)
  • 研究していたものが漏えいし中毒。
パーマン/おじゃまんが山田くんなど)
  • 中毒しただけではなく怪物化。
黄金バット/マタンゴ/漂流教室/笑ゥせぇるすまんなど)
  • 発見してあえて食べる。
はじめ人間ギャートルズ/元祖天才バカボン/波打際のむろみさん/センセイの鞄/天からトルテ!/笑ゥせぇるすまん/MOTHER3/新・世界樹の迷宮2/文豪ストレイドッグス太宰治)/グランブルーファンタジールドミリア)など)

太宰治 毒キノコ
ルドミリア


  • 発見して正体に気付き食べない。
アトリエシリーズ/今日から俺は!!など)
  • 胞子や粉末を吸うことで爆笑してしまう。
ついでにとんちんかん/ポールのミラクル大作戦/漫画版カルドセプトなど)
サガ3時空の覇者/うしおととら深淵の大妖/ラタトスクの騎士/きのこれ/Miitopiaなど)

【きのこれ】ワライダケ


  • 孤独を紛らわせるための苦肉の策として、あえて口にする。(ONEPIECE
  • 毒キノコ状の擬人コモロくんが、数種類の毒粉末を相手に被せて混乱させる。(PAPUWA)
  • メタ発言として出てくるがもっと大変なことが起こる。(おまけシナリオ/がらくた屋まん太など)
  • 同じような効果がある架空のものを誤食。
まことちゃん(3分間笑いナズナ)/猫でごめん!(笑いパパイヤ)/リリス(新種の笑い河豚)など)
  • キノコに親和性が高いキャラクター設定で二次創作などで関わる。
スーパーマリオ/霧雨魔理沙/星輝子/メルヘン毒キノコシャンピニオン/スーシィ・マンババラン/小森希乃子など)

関連タグ

キノコ/きのこ/
毒キノコ マジックマッシュルーム オオワライタケ
笑う 笑い 大笑い
麻薬 笑いガス

pixivに投稿された作品 pixivで「ワライタケ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 349

コメント