ピクシブ百科事典

エッグモンスター

えっぐもんすたー

『半熟英雄』シリーズに登場する不思議なタマゴから召喚されるモンスター…それが【エッグモンスター】である。
目次[非表示]

概要

エッグモンスターとは、半熟英雄シリーズに登場するモンスター及びユニット。
略称は「エグモン」…最初に断っておくが、「エグいモンスター」の略ではない。
『エッグモンスターHERO』ではメインみたいな扱いで、たまごのランクは上がっても主人公のレベル設定は無い。

起源

もともと、『FF1のリッチのような強大なモンスターを自分で動かしたら面白くないだろうか?』 という観点から生まれたもの。そのため、初代作ではモンスターの立ち位置と人間(敵軍)の立ち位置が、FFのちょうど逆になっている。これは、偶然ではないだろう。
理由は同社FF召喚獣もこの半熟英雄のエグモンシステムが元になっている。

用法用量

敵軍相手に「タマゴ(卵)」から呼び出すことで出現し、(良くも悪くも)その芸達者ぶりを見せ付けてくれる。使用回数は『対3D』まで4回までに制限されている。
多くは自分の助けになるのだが、半熟レベルによって特定の条件下でしか活躍できない者
戦いではまったく役に立たない者もいるので過信は禁物。
将軍によっては「たまご補正」というものがあり、プラスマイナスでどのモンスターが出るのか把握しなければいけない。

ただ…タマゴの使用回数が『0』になっても召喚を行える。その際に『エッグマン』とよばれるシンボルキャラクター的なキャラが出てくるのだが…
カッコイイセリフ、「対3D」では「ささきいさお」のボイスが入った割りに

  • パラメーターは素早さ意外はほぼすべて最低(攻撃、防御、体力が成長しても「1」)。
  • 攻撃も相手に届かない。
…というむなしいキャラが出てきてしまうので、こうなる前にタマゴの使用回数を回復させることをおすすめする。

ちなみに、そのエッグモンスターの中には読者公募で誕生したものもあり、そうでない者もなかなかコミカルな外見をしている。

『4』では使用回数が廃止されたので、意図的にエッグマン系列を呼び出すことが出来る(役に立つとも言えなくはないが・・・)。

その斬新すぎる攻撃法

個性派集団であるエグモンの攻撃方法は常軌を逸したものが多く、その手段・効能はプレイヤーの思考の斜め上に向かっている(2作目からは公式でもおバカにスピンターボがかかっていると表記有り)。

  • パロディ以外の部分を見つける方が難しい笑いのオリンピック
  • 技の解説がないので、たとえ自爆技だと把握してもどんな技か使ってみるまで分からないカオスの塊
  • 『対3D』で「腐ってるたまご」から初期値パラメータの高いゾンビで戦おうとしたら全て自滅技だった。しかも使えば使うほど能力が弱くなった。
  • 象徴ともいえるエッグマンは攻撃が全て空振り
  • ただし、エッグモンスターの高ランクモンスターは例外なく強い
(リメイクなどでは自社パロディ以外は控えめになっていることが多いが、続編ではそれをかき消すかのごとくアニメ版妖怪ウォッチに並ぶパロディの雨あられである)

主なエッグモンスター

エッグマン

エッグキィッッック!!!!


  • (ソニックシリーズのジェラルド・ロボトニック博士の孫ではないが、アプリ版では本当にDr.エッグマンが出る事になってしまった)
  • 【エッグマンナイト】の話によると『エッグマン』は『苗字』らしい。
  • エッグベビー「力なき正義は無力でちゅ・・・」

【ヒュドラ】ちゃん。

ヒュドラちゃん



【ピスクピグプレム】

鼻から植物


  • ちゃらりー…鼻から植物~。
  • 相手を花粉の「ドロニンギョー」にしたり、毒状態にするなど作品によって活躍するブタさん。

【ハーフドラゴン】

ハーフドラゴン


  • 元々は上半身と下半身で合体する怪獣だった。上半身は絶滅してしまい、残った下半身は不憫な生活を送っていた。
  • ハーフだけに能力も中途半端。

【ヘビーモス】

ヘビーモス


  • …いわゆる子連れベヒーモスのようなモンスター。
  • 子供のベビーモスも一応がんばる。今でいうメガガルーラのオス版か?
  • 妻は病弱であることが2作目のアプリ版で判明するが、4作目では病死したのか別れてしまったか定かではないが、ヘビーモスは結婚相談所に行っているらしい…。

【なると】

なると


  • べつに火影を目指しているわけではない。
  • 初期は防御素早さもゼロ。弱かったのに『対3D』はランクが上がると急に強くなった。
  • 発案者はどうやらこの人であったらしい。

ランプキン

ランプキン


  • 御払い師。たまごの回復を担当しているが、『対3D』以降はたまご召喚も担当するように(初期は名も無き「お払い師」が召喚していた)。空っぽなくせに宇宙空間が広がっている。
  • お祓いに使う「幣(ぬき)」の先には「タマゴキャリーのツメ」が使われている。
  • 「はらはらふっほ!はらふっほ!」
  • (ただし、毛糸のカービィのランプキンのほうが一応有名

【モザイクマン】

ほんだら へんだら


  • 存在そのものが卑猥。
  • 片足が下駄を履いた男、もう片足がハイヒールを履いた女。その上にモザイク・・・。セリフも熱い男と悶える女の声で卑猥感が増量。実は宇宙人だった(びっくり)。

【タガメの錬金術師】

タガメの錬金術師


  • エルリック兄弟ではない…とおもう。けど声は本物!雑誌ガンガンの「05年劇場版決定!」のエドワードの表紙はまさに必見。
  • エド「等価交換なんだよ!戦うからには自分がやられる覚悟をしておきやがれ!!」

【ムーンマッスル】

月夜に輝く肉体美!


  • 『月夜に輝く肉体美!!ムーンマッソゥ!』

【フルマッスル】

うろ覚えムーンマッスル


  • ムーンマッスルの亜種。コロシアムで出会える。
  • 顔が満月というかモロ「お月ちゃん」・・・。
…など

上記で言及したアプリ版のDr.エッグマン以外にもセガコラボ枠でのエッグモンスターが登場する事が既に発表されており、レンタヒーローぷよぷよシリーズのカーバンクルが登場するとの事。
公式生放送でのコラボ紹介

関連タグ

半熟英雄 エッグモンスターHERO

pixivに投稿された作品 pixivで「エッグモンスター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8131

コメント