ピクシブ百科事典

笑いガス

わらいがす

笑いガスとは吸ったものを爆笑させる架空のガス。
目次[非表示]

概要

フィクションにおいて、吸ったものを爆笑させる架空のガスで、相手を行動不能にするために使用されることが多い。
現実に存在し、麻酔などに用いられる笑気ガスをモデルに考案されたと思われる。

創作での扱い

海外作品

アメリカでは笑気ガスが歯科麻酔として定着していたためか、古くは1914年にチャールズ・チャップリンが監督したサイレント映画『笑ひのガス(Laughing Gas)』や、アニメーション黎明期の作品である1934年に公開された『ベティ・ブープ』の一遍『ベティの笑へ笑へ(BettyBoop:Ha!ha!ha!)』などで混乱を引き起こすガジェットとして使用されている。

チャールズ・チャップリン
betty boop



若者文化を描いた作品ではパーティで使われているシーンも多く、モデルとなった笑気ガスがエンジンニトロにも使用される物質であるため、『TAXI NY』など自動車に使われるものが漏出するというネタもある。

また『バットマン』のスーパーヴィランである狂気の愉快犯ジョーカーが、吸ったものを爆笑後に死に至らしめる緑色のガスを使用する。

香港映画では1970~1980年代の『Mr.Booインベーダー作戦』や『キャノンボール』などで登場している。

ジョーカーVSジョーカー
インベーダー作戦
キャノンボール



類似した創作物としてモンティ・パイソンによるスケッチ「"The Funniest Joke in the World"」では、読んだものを笑い死にさせる「殺人ジョーク(Killer Joke)」なるものが登場している。

日本の作品

漫画アニメ特撮において敵勢力が使用して社会を混乱させたり、ヒーローヒロインを行動不能にする武装の一つとして登場することが多い。

またコメディ作品や忍者スパイなどが主役の作品では、主人公側が敵集団を制圧するために使用する場合もある。
その場合、相手を無力化しつつ醒めたあとの腹筋筋肉痛以外の副作用が無い人道的な武器とされる。
なお泣きガス、痺れガス、くしゃみガスなどの亜種もある。

ファンタジーTRPGの解説本では、魔法詠唱が不可能になり、魔物を呼び寄せるアラームのようなとして紹介されている。

しかし、現実に毒ガステロ事件が起きてしまい、登場の機会は大きく減っている。

類似したもの

以下のものが同様の効果を持つものとして描写される場合がある。

etc.

使用キャラクター

【読者参加企画】宇宙指令M774【始まります】
突発的に思いついて突発的に描いたもの


スーパー戦隊

仮面ライダー

ウルトラマン

その他実写

アニメ・漫画

関連タグ

ガス 笑気ガス 毒ガス
感情操作 ガス責め

コメント