ピクシブ百科事典

マグ=メヌエク

まぐちゃん

マグ=メヌエクとは、少年ジャンプで連載されている漫画作品、『破壊神マグちゃん』の登場キャラクター。かつて「破壊の神」として崇められた邪神にして、現在ではほぼ「癒しの神」である。
目次[非表示]

CV:藤倉光(ジャンプ公式ボイスコミックでの配役)

👁概要

破壊神マグちゃんに登場するキャラクター。
通称『マグちゃん』。見た目は『一つ眼のメンダコ』と言った感じで、ゆるキャラそのものの姿をしている。
しかしその実態は、太古の世代より世界を支配していた『混沌の神』の一柱であり、「『破滅』のマグ=メヌエク」と呼ばれた破壊神。『混沌教団』なる邪教団によって現世に召喚されたが、完全に受肉する前に聖騎士団によって、宝玉の中に封印されてしまう。
その後、数百年程して、主人公である宮薙流々によって宝玉の封印が解かれた事で、現世に復活しそのまま宮薙家に居候する。

👁キャラクター

かつて自分を召喚した人間に何度か破壊の力を貸し与えたものの、その都度愚劣な争いを繰り返すのみだった為、「人間など古来より何も進歩せぬ『下等生物』」と侮蔑していたが、神である自分を恐れるどころか対等に接し、「友達になろう」と言う風変わりな人間である流々に興味を示し、人間界にしばらく滞在する事を決めた。

上記の経緯から、性格は尊大で傲慢
常に人間を『下等生物』と呼んで見下しては、上から目線でものを言う。反面、下に見られるのは言葉の上でも物理的な意味でも嫌い、食事時等の僅かな例外を除いては、事ある毎に流々の頭の上に乗ったり、天井に張り付いたりする。
自らが『神』と言う事には強い矜持を持っており、流々が誉め言葉で「神」と言う表現を使うと、激しく対抗心を燃やしていた。

本来は破壊を得意とする邪神なのだが、基本スタンスは「人間は我を敬い恐れるべき。供物が捧げられれば対価として破壊の力を貸し与える」であり、自ら積極的に世界に破滅や邪悪をもたらそうと言う思想はない。但し、人間を支配する事は必要なので、人間を理解する為に書物(流々の所持する漫画や家庭の医学)を読み耽り、時にそこで得た知識を活用している。

破壊の神が故にモノを破壊する能力は高いが、それ以外の事は苦手で、結構失敗ばかりするドジな性格でもある。その上、目覚まし時計や固定電話等、現代機器に苛立ち破壊する事も多く、その都度、流々からお仕置きとして天井から吊るされる。
少食だが食べる事は好きで、特に納豆が好物。それ以外にもハンバーガーを食べたり、プリンを食べたりもするが、その際にする食レポは基本マズそう。好物である納豆を「まとわりつく粘液と腐臭が混沌を想起させる」と評するレベル。
食に関する嗜好を端的にまとめると「味より栄養重視」「高カロリー・高タンパク嗜好」(それ故にかき氷については『殆ど水だ』と酷評していたが、トッピングとして流々が買ってきた練乳については『少々物足りないが、悪くない』とご満悦であった)。

👁能力

👁破壊力

彼(?)が持つ破滅の権能は今でも引き出す事が出来、納豆数パックで全力を放つ事も出来る程に燃費が良い(但し、肉体が疲弊している為に、権能を行使した際は衰弱する)。あまりに燃費が良すぎる為、ハンバーガーとフライドポテト等、カロリーが高めのものを過剰に食べ過ぎた時はエネルギーがあふれ出て爆発した。

👁肉体

よく伸び縮みする身体。基本的に非力だがくっつく力が強いのか、一度掴むと離れない。
干からびたり切られたりしても割とすぐに戻る。彼曰く「肉体は器に過ぎない」為、彼の存在はそれに依存していないらしい。また、痛覚はない。
切られた一部を意識すれば分体となり、本体とは別で動かせる。また、キョーちゃんが切られた一部を調べた結果、「皮膚や筋繊維の様な生物的な要素はなかった」とのこと。

👁中身

口の中には亜空間が広がっており様々なものが入っている。下記の破滅使徒血盟の書や、配下からの貢ぎ物(中には納豆のパックやビニール等のゴミも)等を常に持ち歩いているらしい。ただあまり価値は理解しておらず、プリン数個に金銀財宝を惜しまず出した事もある。

👁その他の能力・要素

まれに食べる形で摂取した物の性質を取り入れる事があり、「プリンを食べて体がプルプルになる」「熱くてチーズのようにとろける」「冷気を吸収してひんやりとする」事がある。

👁破滅使徒血盟の書(プロフィール帳)

流々が与えた友達作りの為のプロフィール帳。マグちゃんは「自身の部下を集める為の契約の書」と認識しており、自身の配下に下る様に迫った人間や、邪神に名前を書かせている。
錬やナプタークは、マグちゃんによって望まぬ形でこのプロフィール帳に名前を書かされた事から、このプロフィール帳をマグちゃんから奪おうとしている。

👁『神』としてのマグ=メヌエク

キャラクターの項目でも述べられている通り、上位存在マグ=メヌエクとしてのスタンスは、『神』としての矜持は強いが、『邪神』・『破壊神』と名乗るシーンは1度もない。
あくまでも破壊が権能であるだけで、何を破壊するのかは信者次第と言う、尊大な態度の割には意外にも受け身の姿勢を貫いている。
また、その態度の割には供物を差し出しさえすれば、その破壊の権能を幾らでも差し出す他、付き合い次第によっては自ら信者の世話を焼く事もあり、『神』として見た場合、真摯に信者の人間に向き合うと言う、実に神様らしい一面がある
その為、『マグちゃん自身が邪神』と言うよりも、『マグちゃんを邪神』と思った人間がマグちゃんを邪神にしている。
これはメタ的に見れば『強大な力は使うもの次第で、悪にも善にもなる』と言う、古今東西の少年漫画を貫く普遍的なテーマが作品の下地にあり、そのテーマを直接的に反映した存在である為。

その為、犬よりも食費が安上がり、コストパフォーマンスの良い破壊の権能を持つ等、マスコットキャラクターの要素が強いマグちゃんだが、良くも悪くも『神』らしい存在として、読者からも非常に信仰を集めている。

👁余談

第1巻の後書きによると、『ウサ耳』『メンダコ』『中身ネコ』のイメージで作られた。

👁関連タグ

破壊神マグちゃん
クトゥルフ神話:本作に登場する邪神のモチーフとなったと思われる神々。特にマグちゃんは海洋生物に近い外見からクトゥルフ、或いは破壊の能力からアザトースをモチーフにしていると思われる。
海洋生物

関連記事

親記事

破壊神マグちゃん はかいしんまぐちゃん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マグ=メヌエク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7731

コメント