ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

深海にすむタコの一種で、体がパラシュートのように広がり、脚と脚の間に大きな膜がある。
墨を吐く必要がないため墨袋がない、脚の吸盤が1列になっている、脚の周りに感覚毛が生えている、頭にヒレがあるといった他の深海棲のタコに共通する特徴がある。
ただし他の深海棲のタコのヒレは泳ぐ時の推進力となるが、メンダコのそれは姿勢制御や方向転換にしかならない。
食べられなくはないがものすごく不味いうえに、網にかかると薬品のような臭いがして網に残るので漁業価値はない模様。
一方で愛嬌ある外見からぬいぐるみになったりもしている。身体がもの凄く柔らかいため、手に乗せたりするとぺっちゃんこになる。

一部水族館で展示される事はあるものの、かなりデリケートな生物なため飼育は非常に困難。なので大抵は1週間程度しか展示される事が無いそうな。
(しかし沼津港深海水族館では飼育50日間の記録を出している)
皆は水族館でメンダコを見る際は、びっくりさせないように優しく見てあげよう。

関連キャラクター


関連タグ

タコ
ジュウモンジダコ オオクラゲダコ ヒゲナガダコ
深海生物

関連記事

親記事

たこ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「メンダコ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 633284

コメント