ピクシブ百科事典

目次[非表示]

俺の名はイズマ・キサラギ… 神を殺す者の名だッ!!!

プロフィール

ニックネーム運動量の多い男
年齢16歳
血液型不明
特技聖騎士団式魔法剣
趣味修行
好きな食べ物パン・干し肉
好きな場所森の中・修練場


概要

破壊神マグちゃんに登場する聖騎士団の末裔。 如月イズマ。
年齢は16歳、容姿は整っており流々いわくイケメン。
現在に至るまで聖騎士団として厳しい修行をこなしており、他作品の対人外防衛チームでも通用するであろうレベルの常人を遥かに凌駕する身体能力と物質に魔力の四属性(炎・水・風・雷)を纏わせて攻撃するという魔術を行使する力を持っている。
また、鍛錬用のアスレチック設備も自分で木材を切り出すところから作ってしまう器用さも併せ持っている。
現住所である『聖騎士団支部』も自力で森の中の地下採掘をして作り上げている(入口はレトロRPGでよく見る1マスの階段そのものであり、それをテントで隠している)。

以上の事からもわかるように、作風からは浮いた存在であり、作中で「世界観を間違ってる男」呼ばわりされてしまうという、いわゆるメタパロディ的なキャラクター。
異国の秘境の地で修行をしていたせいか日本の一般常識に大変疎く、女児向けアニメの魔法少女が使いそうなスティックのデザインの意図がわからず真面目に使おうとする、かき氷機を邪教の怪しげな儀式に用いる器具と勘違いしたりイチゴシロップを血痕と勘違いする、夏場でも学ランを着用して熱中症になる、風邪になった事が無くどんな病気かわからない、16歳なのに中学校へ転入してしまうなど、その特異な出生故のカルチャーギャップによるボケをかますのが通例。

登場初期は単独で行動しているように見えたが、後に混沌の神々の一柱摂理のウーネラスと行動を共にしている事が明らかとなる。
ウーネラスに対しては邪神とはいえ協力者という関係故か憎からず思うところがあるようで、ウーネラスが第三柱『運命のミュスカー』との戦闘で負傷した際にはかなり心配していた模様。

マグちゃんがクリスマスに流々と母の再会を手助けした現場を目の当たりにした事で聖騎士団としての自分の存在意義に迷いが生じていたが、マグちゃんとの節分対決を通して「破壊神を倒すのではなく、変えてしまった少女に負けた」事でその迷いを払拭し、マグちゃん討伐が急務ではない事を理解、しかしマグちゃんの権能が強大で危険な事に変わりないため、以後「少女とマグ=メヌエクの監視の任」を請け負う事となった。

人物

聖騎士団の末裔としての使命感が強く、マグちゃん他、混沌の神々を「人類の敵」として討ち滅ぼす事、混沌の瘴気に飲まれ邪教徒と化した少女(流々)を救う事を目的としている。
一般常識に疎く混沌の神々を倒すためならば器物損壊や土足による不法侵入を辞さないなど傍迷惑な面もあるが、警察による連行や武器の没収には素直に応じる、流々が風邪で寝込んでいる時には騒がないで大人しく立ち去るなど、最低限の良識は弁えている。
目的を遂行するためならば邪神ウーネラスの力に頼る事も不本意ながらやむなしと考え、彼女からは様々な魔道具を精製してもらうなどの助力を得ており、傍目には反抗期の息子と母親のように見られてしまう事もある。
また、ウーネラスの楽しみに巻き込まれて、そのノリに体よくコスプレさせられたり、与えられた役割をこなしたりしている。

やはりというべきか、戦闘訓練ばかりしてきたせいで学校の成績は悪く、授業内容に全くついていけない有様で、16歳ながら中3のテストでは赤点になってしまうレベル。
しかし、地頭はたぶんそんなに悪くないようで、様々な葛藤を抱えながらもテスト勉強に協力した『邪神の身体で実演する』という一風変わった勉強法で、イズマの邪神に対する関心を上手く利用しながら指導した事で、イズマは理科のテストでギリギリ赤点を免れる事ができた。
その結果にイズマは感涙、錬に対する恩義から「師匠」と呼ぶなどし、錬もまた勉強会を通してイズマの内面に触れた事で「うぜぇけど悪い奴じゃねーんだよなぁ…」と認識を改めるなど、少しだけ打ち解ける事となった。

関連タグ

破壊神マグちゃん
残念なイケメン 世間知らず 天然ボケ

他作品の関連キャラクター

神刀朧冨岡義勇…戦闘力と天然ボケに定評のある残念なイケメン仲間。ただし、朧はおっぱいのついたイケメンであるが。

関連記事

親記事

破壊神マグちゃん はかいしんまぐちゃん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「イズマ・キサラギ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5218

コメント