ピクシブ百科事典

ガラオン

がらおん

ガラオンとは、ウルトラマンダイナに登場する怪獣である。
目次[非表示]

データ

  • 身長:56m
  • 体重:6万6千t
  • 別名:三面ロボ頭獣
  • 出身地:ミジー星

概要

第13話「怪獣工場」
第30話「侵略の脚本(シナリオ)」に登場。
ミジー星人の侵略用ロボット兵器で、ミジー星人3名が内部にあるコックピットに入り、天井からぶら下がっているを引っ張って操縦する。動力源は電気

本来は全長400mにも及ぶ巨大ロボットになる予定で、東京下町にある玩具工場「ピコポン玩具工場」で制作されていたが、工場の秘密をタケシ少年やスーパーGUTSに見つかってしまったため急きょ頭しか完成していない状態で出撃することとなった。

最強のメカニックモンスター(予定)


怒り顔、笑い顔、泣き顔といった三つの顔を持ち、怒り顔からは赤い光線を、泣き顔からは青い光線を発射し、笑い顔からはウルトラマンダイナすらその場で笑い転げてしまうほどの威力を持つ笑いガスを噴射する。両腕と両足をボディに格納して空中に飛びあがり、独楽のように高速回転しながら光線やガスを周囲に乱射する事もでき、体当たりすることもできる。また怒り顔からは時折蒸気を噴射する。

最初の対決ではダイナを光線や笑いガスで翻弄し、突進でダイナを倒そうとしたがミラクルタイプのウルトラマジックで生み出した分身に惑わされ、空中で光線やガスを乱射して倒そうとするも全てはずれ、ハンドシューターでダメージを受けたため何処かへ逃げていった。

第30話では故障と燃料切れを起こした状態で秩父の山奥に隠されていた。一応、ホログラムを空中に投影させたり、笑いガスを噴射させることくらいであれば辛うじて行える。
星人が侵略用のシナリオを書いてもらった脚本家、三上ヒデオが書いたシナリオ通りにホログラムを利用してガッツイーグルα号とγ号を同士討ちさせ、β号に乗っているカリヤ、コウダ、ナカジマ隊員を笑いガスで笑い転げさせて人質とし、TPCにエネルギーとなる電気エネルギーを放電するよう要求しようとしたが、ホログラムが微妙に乱れたせいでアスカ・シンにばれてしまい、スーパーGUTSの総攻撃を受けてしまうが、たまたま発生した落雷によって電気エネルギーが充電され再起動。
ダイナを空中からの踏みつけ攻撃と回転による光線・ガス乱射を使ってあと一歩のところまで追い詰めたが、肝心なところでエネルギー切れになってしまいソルジェント光線で完全に破壊されてしまった。

特殊戦闘用メカニックモンスターコガラオン

特殊戦闘用メカニックモンスター  コガラオン


  • 身長:55.5cm
  • 体重:96kg
  • 出身地:渋谷のアパート
第30話「侵略の脚本(シナリオ)」に登場。
ミジー星人が新しく開発したガラオン。だが予算不足で小さいサイズしか作れず、作動スイッチを押した後13秒でショートを起こし機能停止してしまった。その後はドルチェンコの抱き枕にされた。
一瞬で壊れてしまったものの、唯一完全体の姿である。

特殊戦闘用超小型メカニックモンスターぽちガラオン

特殊戦闘用超小型メカニックモンスター ぽちガラオン


  • 身長:7cm
  • 体重:140g
  • 出身地:ミジー星人達が住むアパート
OV「帰ってきたハネジロー」に登場。
未だに懲りないミジー星人達がコガラオンの後に作ったガラオンで、さらに小さい手のひらサイズになった。ドルチェンコ曰く「特殊戦闘用最新メカニックモンスターぽちガラオン」。

デハドー星人の侵略ロボットワンゼットに対抗するためにTPCに協力することを条件に釈放を約束されたミジー星人達がワンゼットの指揮系統を破壊するために改造を施し、本体両側にハネジローが咥えるための小さなフックを取り付け、ハネジローに運ばれてワンゼットの頭部に侵入、指揮系統を担っていたアンドロイドを破壊することに成功する。
しかし、その影響でワンゼットの操縦権が映ったことに気付いたミジー星人達はスーパーGUTSを裏切り、ワンゼットを操って、既に満身創痍の状態になっていたダイナをあと一歩のところまで追い込んだが、調子に乗ったドルチェンコが誤って操縦桿を引っこ抜いたせいでワンゼットが機能を停止してしまい、最後はレボリウムウェーブでワンゼットごとブラックホールに吸い込まれて消滅した。

ウルトラ怪獣擬人化計画

ガラオン


『ウルトラマンダイナ』のコンプリートBlu-rayボックス発売との連動企画の1つとして、モゲドンと同時に発表された。
デザイン担当は、漫画版の執筆も担当している爆天童氏。

元ネタが顔しか完成していないロボットという設定で、しかもかなり濃い表情であったことから難しい題材とも思われたが、顔に相当する部分をドレスにするという大胆なアレンジを施すことにより、そうした不安点を見事に解消している。

雑誌に掲載された時は怒った表情のみが描写されていたが、一応、原典同様に笑顔や泣き顔になることも可能であるようだ。

また、意外と見落とされたが、胸回り大変けしからんことになっているのも特徴。

余談

  • 『テレビマガジン特別編集 ウルトラマンダイナ』に掲載されているショートストーリー「ある宇宙人のインタビュー」によれば、地球人であるインタビュアーが回りくどいことをせずに、最初から完成した状態で地球に降下すればダイナに勝てていた可能性に気付いている。
  • デザインは丸山浩氏で、当初は三面ではなくモアイ像の様なロボットの予定だった。


関連項目

ウルトラマンダイナ
ウルトラ怪獣
ミジー星人

ガラモンダダ - 恐らく元ネタ。

pixivに投稿された作品 pixivで「ガラオン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28497

コメント