ピクシブ百科事典

スーシィ・マンババラン

すーしぃまんばばらん

『リトルウィッチアカデミア』の登場人物。
目次[非表示]

CV:村瀬迪与

概要

リトルウィッチアカデミア』の登場人物。
東南アジア出身とされているが、家族や私生活については明かされていない。

人物

 陰気でマイペース、時に辛辣な毒舌家。顔色は暗く、常に左目が髪で隠れており、右目も常に半目で気だるげな雰囲気を崩さない、ある意味とても魔女らしい雰囲気の怪しげな少女。ギザ歯の持ち主。

 好きなものは猛毒毒キノコ。薬学に明るい毒物マニアで、ルーナ・ノヴァに来たのも実は入学のためではなく、ルーナ・ノヴァ学園へ向かう途上の近くにあるアルクトゥルスの森にしか生息していないコカトリスの羽根を入手するためであり、入学式に参加する前に羽根を手に入れてそのまま逃走するつもりだった。しかしアツコたちのトラブルに巻き込まれて入学式に間に合ってしまい、なし崩しに入学してしまった。
 その後、学園に絶滅した毒キノコの標本があると知り、そのまま正式に在籍することとなったとのこと。(TVCMより)

スーシィ・マンババラン


 前述の通り、日頃は陰気で余り感情を見せずボソボソと喋るが、一皮剥けばかなりエキセントリックな変人。本性は悪巧みに長けた悪戯好きで、アツコが引き起こすトラブルを楽しんだり、むしろ火に油を注いでみたりと人格破綻者めいた行動が多く、ダイアナの取り巻きであるハンナとバーバラからは「不気味スーシィ」などと評されている。またグロテスクな光景を見たり想像したりしながら恍惚とした表情を浮かべたりと、変態嗜好めいた部分も見られる。
 また肝も据わっており、異常事態に対してもペースを崩さず冷静に対処していることが多い。

 得意の薬学に関しては、自室(アツコロッテと同室)で堂々と怪しげな薬物の開発調合を行ったり、開発中の魔法薬をアツコで実験してみたりと人を人とも思わないマッドな奇行が目立つ。
 
 その一方で、『魔法仕掛けのパレード』でアツコとロッテが仲違いした際はその原因を推察した上でアツコに苦言を呈し、また喧嘩別れしたにも関わらずアツコの窮地へ助太刀に入るなど友達想いなところもあり、劇場版・地上波アニメ版に関わらず作中を通しなんだかんだでいつもアツコやロッテと行動を共にしているなど、単なる性悪な変人とは言い切れない義理堅い面や人間臭い面も持っている。

 アニメ第8話ではスーシィの内面世界が描かれており、日頃のスーシィには似つかわしくない様々な側面を持っていることや、ややひねくれてはいるものの、スーシィなりにアツコやロッテを大切な友人と思っていることが、様々なパロディを伴って描かれた。なおダイアナについては茶化した風体で登場させており、ダイアナを一方的に持て囃している周囲とは違った見方をしていることが窺える。

 薬物調合の他の趣味としてヨガアロマセラピーも嗜んでいる。キノコの描かれた怪しげなパック詰めジュースを飲んでいたり、アツコが食べられなかったハパンシュラッカのパイを何度もおかわりしており、味覚の嗜好もアツコとは大幅に異なる。

 戦闘においては敵の周囲に振りまいた薬物を魔法を伴った息で着火、爆破したりダイアナですら手を焼いたミノタウロスを強力極まりない毒物で撃退しており、薬学に関していえばかなり優秀な部類に入る。

 他の生徒と比べてスカートの丈がとても長く、裾を常に引きずって歩いている。まるでナメクジのようである。

小ネタ

  • 名前の由来はフィリピンの神話に登場する魔女「マンババラン」と思われる。このことから「スーシィの出身地はフィリピンでは?」と推測する視聴者もいる。
  • 家族関係については母親らしい人物の設定画が存在しているがアニメ本編に登場しておらず、コミカライズでも雑誌によって大家族だったり孤児の可能性が示唆されたりとはっきりしていない。
  • 愛称は「スー」だとされているが、アニメミライ版や『魔法仕掛けのパレード』でそれぞれ一度ずつ呼ばれた程度で、作中では専らスーシィと呼ばれている。
  • 宇宙パトロールルル子』にもカメオ出演している。


関連イラスト

sucy manbavaran
すし



関連タグ

リトルウィッチアカデミア マッドサイエンティスト

pixivに投稿された作品 pixivで「スーシィ・マンババラン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1951648

コメント