ピクシブ百科事典

アンドリュー・ハンブリッジ

あんどりゅーはんぶりっじ

『リトルウィッチアカデミア』の登場人物。(メイン画像右)

CV:金本涼輔

人物

 国務大臣であるハンブリッジ伯爵の息子。イギリスきっての名門校エイプルトンでは最優秀生徒賞を三年連続受賞し、頭脳明晰で身体能力にも優れた文武両道のエリート。
 容姿端麗で、気品ある雰囲気もあって、周囲からは「エイプルトンの貴公子」と呼ばれて持て囃されている。アンドリュー自身も自信家で、自身を完璧と評するなどナルシストの気がある。
 気を許した相手には高慢な態度も見せるが、根は優しくて正義感も強い。

 父のハンブリッジ伯爵のことは尊敬しており、父の後を継いで政治家になることを目指しているが、政治家になることは飽く迄も「義務」であり、アンドリュー本人の夢は別にあったことが示唆されている。
 また小さい頃に弾いていたピアノを父の言いつけで断念したことがあり、以来10年間ピアノに触れていなかったとのことだが、パーティでアッコがホレホレ蜂を退治する際に熊蜂の飛行の演奏を披露しており、今も非常に高い技量を持っている。
 また博学であり、ラテン語を読むことが出来る。

 父の影響から魔法や魔女を「時代遅れで役に立たない」「古めかしくインチキまがい」と決めつけて酷評していたが、アツコとの出会いを機に少しずつその考えを改めるようになる。
 当初はアツコに対しても見下す態度を見せていたが、関わりを重ねるうちに態度を軟化させており、いざというときには協力する場面も増えていった。なおアツコのことは「ミス・カガリ」と呼ぶこともあるが、当人のいないところでは「ヤツ」呼ばわりしており、アンドリュー自身は腐れ縁と認識している様子が見られ、CMでもフランクからアツコを強く意識していることを指摘されている。

 ダイアナとは幼馴染であり、周囲からはお似合いと見做されているが、当人同士は魔法に対する考え方の違いもあり、実際にはあまり仲は良くない。ただし幼馴染だけあって、アツコも知らないダイアナの幼少期や性格なども知っている。

アニメ第6話「ポラリスの泉」
ハンブリッジ伯爵と親友のフランクと共にルーナノヴァを訪れている。
ルーナノヴァの案内を受けている際、うさぎ耳のアッコと出会い、彼女がかけた変身魔法が失敗してアンドリューにロバの耳と尻尾が生えてしまう。

アニメ第10話「蜂騒ぎ」
 アンドリューの最優秀生徒賞を祝うパーティに勝手に入り込んだアッコとスーシィロッテを見つけて揉めている最中、スーシィが所持していた恋のホレホレ蜂に刺されてしまう。
 ホレホレ蜂の仕業でアッコに惚れてしまったアンドリューは愛の言葉を囁きながら手にキスをしたり、壁ドンから顎クイをしたりと普段の彼なら絶対にしないことをしてしまっている。
 アツコによってホレホレ蜂が退治された後は元の冷たい態度に戻っている。

関連タグ

リトルウィッチアカデミア アンアコ

pixivに投稿された作品 pixivで「アンドリュー・ハンブリッジ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 518080

コメント