ピクシブ百科事典

エリートヤンキー三郎

えりーとやんきーさぶろう

『週刊ヤングマガジン』に掲載された阿部秀司によるギャグ漫画。なお、メイン画像はタイトルの三郎ではなく、その兄の二郎である。
目次[非表示]

概要

阿部秀司が『週刊ヤングマガジン』に掲載していたギャグ漫画。全2部で、第1部(全26巻)は2000年から2005年まで、第2部「風雲野望編」(全25巻)は2005年から2010年まで足かけ10年にわたって掲載された。

タイトルは「エリートヤンキー」とあるが、主人公の大河内三郎はヤンキーではなく、周囲が勝手に持ち上げているだけである。また、第1部までは(途中主要メンバーは1度全員留年しているが)きちんと暦年が刻まれていたものの、第2部になってからは次第にそうした設定が薄れ始め、季節感もアバウトになってズルズル続いて行った末に、三郎が母校・徳丸高校を卒業して完結した。

実写化もされており、ドラマと激情版(誤記ではない)が存在する。

あらすじ

日本史動くところにこの一族ありと言われる闇の最強勢力大河内家。その長男・次男の大河内一郎・二郎兄弟は、千葉県下最低偏差値を誇る徳丸高校を圧倒的武力で支配していた。そんな折、大河内兄弟の末弟大河内三郎が、遂に徳丸に籍を置くこととなった…。

しかし三郎はただバカでヘタレなだけのオタクで、ヤンキーでも何でもなかった。それを知らない周囲は三郎が一郎・二郎同様の極悪人だと勘違いし、三郎軍団を結成して神輿を担ぐ。口から先に生まれた銭ゲバの副総長河井星矢や、脳筋の親衛隊長石井武も加わり、三郎の理想とする平凡な学園生活は脆くも崩れ去る。だが、三郎には本人も知らぬもう一つの恐るべき人格があり…。

主な登場人物

三郎軍団

大河内三郎(演:石黒英雄
主人公。大河内宗家の三男ながら、軟弱でキモオタなヘタレ。本人は全くその意図が無いにもかかわらず、生まれ持っての不幸体質で三郎軍団の総長に担ぎ出される。必死で勉強したにもかかわらず酒でベロベロの河井に負けるほど勉強が出来ず、第2部ではTVゲームや食べ歩きにかこつけて受験勉強をおろそかにする、破綻した金銭感覚で周囲を呆れさせるなど果てしなく堕落していった。
しかし、実は失禁すると猛烈に凶暴化して強くなる特異体質の持ち主で、覚醒した際の強さは間違いなく作中最強。無論、本人も含め、周囲は誰もその発動条件を知らない。
(ただし、河井のみトリガー自体は知らないものの、凶暴化する時とそうでない時の二面性を正しく理解している)

第1部の頃は比較的まともな感性の持ち主だったが(ただし、無責任さや世間から大きくズレた金銭感覚は変わらず)、第2部以降は大河内家の財力に甘んじて贅沢三昧の堕落した生活に溺れて怠惰になった上、態度も我儘かつ傲慢になり、ある意味ポジティブになった。
学力に関しては学園一の頭の悪さで、猛勉強したにも関わらず小4レベルのテストで60点しか取れない程。
ドラマ版に至っては石井にすらテストの点で負けている。

最終的には成績も出席日数も足りてないが、厄介払い同然に学園を卒業。

卒業後を描いた読切では26歳になっても未だ浪人生を続けるも、海外の(内乱真っ只中の小国の)大学に留学が決まった事が語られている。

河井星矢(演:インパルス板倉俊之
三郎軍団副総長で「知の河井」の異名を持つ。尖った頭と四本しかない歯がトレードマークのブ男。河内弁のような訛りがある。
名誉保身以外の全てが脳から欠落しているような生粋の人間のクズであり、己の野望の為ならば平気で嘘をつき、破壊工作も厭わない危険人物。早い話が良心のブレーキが一切無い両津勘吉みたいなやつ。
しかし、意外にも手先は器用かつ知識も豊富で、軍団の中では最もハイスペック。
様々なインチキ商売やイカサマギャンブルに手を出すが、往々にして目先の欲に目が眩んで失敗し、何度か反省はするものの、それでも欲をかいて失敗する。
第2部では事実上のもう1人の主人公のような立ち位置であり、彼(とチャン)が様々なインチキ商売に手を出す長編が描かれた。
第1部と同様、欲に忠実なのは相変わらずだが、真っ当な仕事でも儲かるのであればそっちに鞍替えするし、仕事する上で信用を第一に考えるなど作中において唯一性格が良い方向に変わった人物である。
(※ただし、あくまで第1部よりマシになった程度)

卒業後も相変わらずチャンと屋台を引く傍らでインチキ商売に手を出し続けている。

石井武(演:橋本じゅん
三郎軍団親衛隊長で「武の石井」の異名を持つバカの中のバカ
思い込みが激しく、自分の理想が他人にとっても理想と信じて疑わず、三郎による日本制覇を夢見て、現実の三郎含む周囲に果てしなく迷惑を齎していく狂人。
実害という意味では河井以上に酷く、第1部の頃は比較的仲の良かった三郎も、第2部後半からは「本当に迷惑」「死んでほしい」と罵声を吐く程に嫌悪感を露わにしている。
喧嘩は異常に強く、ギャラクティカマグナムが使える。
第2部終盤からは三郎への狂信が同性愛の域にまで達してしまった。
何度か夢オチ美少年化したことがある(笑)。

関雲竜(演:津田耕作
相撲部部長の怪力デブ。女と食い物に目が無く、三郎(と萩原)を巻き込んで暴走するため、石井からは目の敵にされている。

福士譲(演:聡太郎
第1部での河井の側近的立ち位置。河井がスタンガンを弄ったせいで「オウヨ!」しか言えなくなった(ドラマでは最初からオウヨ以外の台詞が一切ない)。
特にやらかしもしなかったために三郎の同級生で唯一ストレートに進級して卒業し、美人だけど変人な彼女も手に入れた勝ち組電波野郎(しかし第2部では別の女を連れていたので別れたか浮気している可能性がある)。
終盤では嫌がらせ目的で万引きに手を染めるなど河井に匹敵するクズに成り果てた。

前田直也(演:虎牙光揮
二郎の側近だった1学年上の先輩。三郎をやり込めようとしたが返り討ちに会い、相談役という何のメリットも無いがデメリットも無い閑職に付く。イケメンだが口先だけの見掛け倒しで、ヤバくなったら自分だけ逃げるビビリ野郎。
(ただし、初期の頃は失禁三郎に殴られても1発だけだが殴り返したり、ヘタレが板に付いて以降も関と互角に殴り合ったりする辺り、そこまでザコというわけではない)
卒業後も不況や自身の失態により様々な職を転々とし、一時期ホームレスにまで落ちぶれているが、その後ラジオのヘビーリスナー&売れないケータイ小説家を経て、売れない放送作家にまで這い上がった事がモノローグで語られており、一応の救済はされている。

大河内家

大河内一郎(演:小沢仁志
大河内家長男。超が付くほどの極悪人で小麦粉の売買を営む。二郎共々早々に校長のを盗もうとして(実写版では学校の金庫を盗んで)停学となる。後付けで教育ママな奥さんとふてぶてしい息子が登場した。狂信的な愛犬家で、狂暴なドーベルマンを何匹も飼っている。
二郎共々、過去に三郎を虐めすぎて覚醒させてしまい最初の犠牲者となったため、三郎の覚醒を恐れている。
意外と恐妻家で、妻に対しては尻に敷かれがちな一面も見せる。

大河内二郎(演:小沢和義
大河内家次男。メイン画像の人(実写版ではハゲてない)。兄に勝るとも劣らぬ極悪人で、後付けで奥さんと子供が登場した。狂信的なゴルフマニア。
かなりの愛妻家で、妻の不倫疑惑が上がった際は泣きながらブチ切れていた(結局は誤解だった為、丸く収まったが)。
また、一郎ほどではないが妻には頭が上がらない。

その他
選挙マニアのバカでスケベなダメ叔父とか、イタリアンマフィア殺し屋(ただし、まだ誰も殺してない)をやっている二郎の嫁さんの弟とか、色々いるけど省略。

その他

浅井春菜(CV:倉科カナ
ヒロイン。県会議員の娘で美人だが、超料理下手な上に異常なほどの天然で性格に著しく問題がある。三郎と知り合い、ガールフレンドになったが、たびたび三郎のヘタレぶり&失禁暴走により距離を置いている。一時期、三郎と政略結婚しそうにもなった。末期では完全に我儘放題の悪女と化している。
一方で、三郎に対しては満更でない様子を見せたりするなど、全く気が無い訳でも無い。
ドラマ版では中学時代から三郎と知り合いで、ほぼ原作とは別人。
激情版では山本ひかるに配役が変更され、如月春菜という名称になっている。

桐山秀樹
第1部のラスボス大阪最強の暴走族「マッドブルズ」番長で、喧嘩が三度の飯より好きな戦闘狂を一撃で倒すほどの実力者。大坂城で失禁した三郎に完敗した後は、三郎を勝手にダチ呼ばわりして馴れ馴れしくしている。今でいうYoutuberの走りのような過激な動画投稿(例:ガケから飛び降りて大瀑布で顔を洗う等)で世界的な人気を博している。

チャーンチャイ・ヤンチャイヤット
第2部で河井がそこらへんで拾ってきた相方。イケメンのタイ人ムエタイの達人。不法滞在をダシに河井の悪行に加担させられているが、時々反逆している。カレー作りはプロ級だが、味付けが日本人受けし辛い。

テレビドラマ版

テレビ東京系列局「スポパラ・ドラマ24」枠(ただしテレビ大阪は放送日時差し替え)にて、2007年4月から6月にかけて放送された。また、テレビ和歌山に加えてテレビユー山形北陸放送(いずれもTBS系列局)でも放送されたことがある。
深夜放送なので、原作には一切無い、話に何ら関係が無いギャグ的なお色気要素がある。また、某超有名女優もノンクレジットで毎週出演している。

激情版

要するに映画版である。
2009年2月28日に公開された。キャスティングはテレビドラマ版と同一だが世界観はパラレル設定である。

関連項目

週刊ヤングマガジン ヤクザ 不良

関連記事

親記事

週刊ヤングマガジン しゅうかんやんぐまがじん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「エリートヤンキー三郎」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「エリートヤンキー三郎」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1078

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました