ピクシブ百科事典

猫でごめん!

ねこでごめん

『猫でごめん!』とは、永野あかねによる漫画作品である。
目次[非表示]

概要

猫でごめん!』とは、「永野あかね」による漫画作品である。
ネコ耳萌え」の元祖的作品としてもしられている。

1989年よりマガジンSPECIALに掲載された後、週刊少年マガジンに移籍して連載された。
その後、再びマガシンSPECIALに再掲載され、1992年まで連載が続いた。
永野にとっては初となる連載作品である。
話数は全51話、単行本は全8巻。
また、ドラマCDも発売された。

現在「マンガ図書館Z」にて全8巻が無料公開されている。

あらすじ

白石やよいはごく普通の高校2年生。しかし、物理教師の父が発明した物質転送機に猫が入り込んだことで、やよいは猫耳少女になってしまった。
猫耳になったことにより、今日もまた騒動が起こるのであった…

登場人物

※「声」はドラマCDでの声優。

白石やよい
声:冨永みーな
本作品の主人公で、高校2年生(第43話より3年生)。3月3日生まれのうお座。
ごく普通の美少女であったが、父が開発した物質転送機の実験台に無理矢理されてしまい、
その結果、猫と融合してしまった。
興奮したり、ネズミなどを見ると、猫耳尻尾が生える。

瀬川稔
声:山口勝平
やよいと同じ高校に通う男子。
やよいとは両想いであるものの、重度の猫アレルギーであるため、なかなか進展しない。

やよいの父
声:永井一郎
やよいの父で彼女が通う高校の物理教師。名前は不明。
やよいを猫耳少女にした張本人であり、ことある毎に娘に引っ掻かれる。

瀬川勝
声:子安武人
稔の弟。兄とは違い猫好きであるが、それ以上に女好きである。
自分の一番の理想であるやよいが好きで、何度もアプローチをかけるが、
影子に一方的に惚れられており、空回りばかりする。

黒田令子
声:佐久間レイ
やよいと同じ高校に通う女子生徒。稔が好きでやよいの恋敵にあたる。
化学教師の父が開発した発明品で稔にアプローチをかけるが失敗ばかり。
最後は青山さつきに扮して二人の仲を裂こうとするが、失敗に終わり、副作用で、顔が大きくなってしまった。

黒田
声:緒方賢一
令子の父で化学教師。やよいの父とは、ことある毎に張り合っている。
令子と2人でアパートに住んでおり、家計はいつも逼迫している。
白石家とは違い、妻とは別居している。

助川明子
やよいの友人。後半に入るにつれ、出番が少なくなる。

倉地影子
やよいのクラスメート。オカルトが好きで、その凶気じみた行動から敬遠されている。
分厚い瓶底眼鏡をかけているが、作中ではその素顔が明かされることはなかった。
(メガネ店員曰く、かけるのが勿体無いといい、敬遠していた勝が惚れ直すほど。)
両親も同じく分厚い瓶底眼鏡をかけている。

北枕かみら
声:松井菜桜子
突如やよいのクラスに転校してきた女子。その正体は吸血鬼である。
コウモリに変身することもできるが、1回目は夢の島へ投棄処分されてしまい、
2回目は「おしゃべりコウモリ」として、ペットショップに売られてしまった。
その後も度々登場するが、やよいと張り合うことはなくなり、最終回では血液をプレゼントした。

真田幸村
(第26話~第29話)
やよいが戦国時代タイムスリップした時に、彼女を解放した武将。
外見は稔に酷似しており、また、猫アレルギーである。
しかし、1600年の関ヶ原の戦いで命を落としてしまう。
※史実では、1615年の大坂夏の陣で戦死したが、作中の幸村は影武者ではないかとされている。

関連動画

猫でごめん! CDドラマ 第1幕&第2幕
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10676870
猫でごめん! CDドラマ 第3幕&第4幕
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10677652

関連リンク

マンガ図書館Z |『猫でごめん!』掲載ページ
全8巻が無料公開されている。

関連タグ

週刊少年マガジン 猫耳

pixivに投稿された作品 pixivで「猫でごめん!」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 325

コメント