ピクシブ百科事典

ゲラ

げら

ゲラとは様々な意味を持っているが、主にここではウルトラマン80に登場するゲラについて解説する。
目次[非表示]

曖昧さ回避

①関西で笑い上戸な人や大して面白くもなんともないのに直ぐに大笑いしてしまう人を指す方言。
②ウルトラマン80に登場する怪獣の名称(本項で解説)
ブラック・ジャックに登場するブラック・ジャック(本名、間黒男)の数少ない親友の1人の名前。

BJとゲラ


データ

  • 別名:巨大化怪獣
  • 身長:30cm~60m
  • 体重:40kg~2万t
  • 出身:異次元

概要

ウルトラマン80第26話『タイムトンネルの影武者たち』に登場。
別次元世界“黄泉の国”を侵略したメビーズ率いるアクゾーンたちが次の標的として定めた三次元侵略用の切り札として用意された怪獣

本来は体長30cm程度の小型生物だが、メビーズの片腕にしてマッドサイエンティストであるゴイゲ博士が開発した『メタモルシステム』という名の機械巨大化することが出来る。

当初の予定では直接『メタモルシステム』で三次元世界へ巨大化した状態で送り込まれる予定であったが、それを阻止せんとする舞姫の妨害の為に失敗してしまい“黄泉の国”で巨大化してしまい、ウルトラマン80と対決する羽目になってしまった。

から30万℃にも達する火炎『暗黒火炎陣』を吐き出すことができ、で相手を囲み焼き殺す事や退路を塞いで怪力を活かして襲い掛かる…が動きは鈍くそこが弱点とされている。

ウルトラマン80との対決時もその弱点を付かれていいように翻弄された挙句、最後は『フラフープ光線』を受けて消滅してしまった…。

関連項目

方言 ブラック・ジャック ウルトラマン80 ウルトラ怪獣 アクゾーン

pixivに投稿された作品 pixivで「ゲラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4258

コメント