ピクシブ百科事典

ジャー・ジャー・ビンクス

じゃーじゃーびんくす

ジャー・ジャー・ビンクスとは映画『STAR WARS』の登場人物。
目次[非表示]

概要

 惑星ナブーに原住する種族グンガンのひとり。好奇心旺盛でおっちょこちょい。そのため数々の不祥事を起こし、ついには一族を永久追放されてしまう。

 通商連合のドロイド軍がナブーの侵攻を始めたとき、戦車に轢かれそうになったところをジェダイ騎士クワイ=ガン・ジンに救われ、以降命の借りを返すため彼に付き従う。その後、昔から仲の悪かったグンガンとナブーの王国を結ぶ架け橋となり、その功績から過去の罪を赦され、グンガンの将軍に任命される(戦いではドタバタとあわてふためくばかりであったが)。
 エピソード2では政治の世界に足を踏み入れ、パドメ・アミダラとともにナブーを代表する、準惑星代表となっている。ひょうきんな性格はそのままだが、職務は割とまじめにこなしている様子。ドゥークー伯爵率いる分離主義勢力の脅威が迫る中で、パドメの代理としてパルパティーン最高議長に非常時特権を与えることを発案し、議会は満場一致でこれを可決。パルパティーンは即座に共和国軍設立を宣言し、クローン戦争が始まることとなった。ある意味ジャー・ジャーは銀河系の歴史を大きく動かすことになった人物といえる。
 エピソード2とエピソード3の間を描いたアニメ「クローンウォーズ」では、惑星ローディアでパドメが捕らわれ際に成り行きでジェダイに変装してヌート・ガンレイを騙し、水路に潜む巨大生物と協力してパドメの救助とガンレイの逮捕に貢献したり、パドメが惑星モン・カラマリでクオレンの軍隊に追い詰められているとの知らせを受けて当時のグンガンの統治者であるボス・リオニーを説得し、援軍の派遣を即決させるなどパドメやジェダイの支援者としての成長を見せる場面もあった。
 エピソード3ではパドメの葬儀のシーンで、グンガンの長ルーゴア・ナスとともに参列している。

 なお、EP1-3通してフルCGで描かれた唯一のキャラクター(ヨーダはEP1ではパペットが使われている)でもある。

非正史(レジェンズ)

現在ではフォースの覚醒に繋がる正史(カノン)とは異なるパラレルワールド扱いであるが、非正史(レジェンズ)のスピンオフ作品ではジャー・ジャーのその後が描かれている。
彼はアミダラの政治的地位を引き継ぎ、帝国元老院でコメル宙域を代表することになり、皇帝の側近の一人としてみなされた。また、皇帝はクローン大戦直後に、個人的に彼をどこか詳細不明の場所に派遣したと記録されている。ジャー・ジャーはエピソード4の時点で在命で反乱軍に参加する事はなかったが、新共和国の兵士たちが銀河帝国から惑星コルサントを奪回したときその場に居合わせた。

不人気ぶり

 エピソード1公開当初、ジョージ・ルーカス監督は彼を旧作におけるC-3POに相当する新しいスターウォーズシリーズのマスコットキャラとしようとしていたが、あまりのウザい言動にファンから不評の声が多く、エピソード2では(重要ではあるものの)数シーン、エピソード3ではたった一瞬にまで出番が減らされた。
 その不人気ぶりたるや、2000年ゴールデンラズベリー賞・最低助演男優賞受賞、2006年にはイギリス大手映画レンタルサイトでのアンケートで「映画史上もっとも不愉快なキャラクター」に選ばれてしまうほど。
この他アメリカのdeviantART等のサイトではQBを殴り隊のごとくジャー・ジャーを殴ったり、色々な武器で攻撃したり、クリーチャーの餌にするといったイラストが多数投稿されている。

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャー・ジャー・ビンクス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20464

コメント