ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

声優(原語版):アーメド・ベスト(本編)/フィル・ラマール(レゴ・スターウォーズ・パダワンメナス)

声優(日本語版):田の中勇(本編)/稲葉実/三ツ矢雄二/落合弘治

※アーメド・ベストはジャー・ジャー及び多くのグンガンの動きを演じている

概要

 惑星ナブーに原住する種族グンガンのひとり。善良かつ好奇心旺盛だがおっちょこちょい。そのため数々の不祥事を起こし、ついには一族を永久追放されてしまう。


 通商連合のドロイド軍がナブーの侵攻を始めたとき、戦車に轢かれそうになったところをジェダイ騎士クワイ=ガン・ジンに救われ、以降命の借りを返すため彼に付き従う。その後、昔から仲の悪かったグンガンとナブーの王国を結ぶ架け橋となり、その功績から過去の罪を赦され、グンガンの将軍に任命される(戦いではドタバタとあわてふためくばかりであったが)。

 エピソード2では政治の世界に足を踏み入れ、パドメ・アミダラとともにナブーを代表する、準惑星代表となっている。ひょうきんな性格はそのままだが、職務は割とまじめにこなしている様子。ドゥークー伯爵率いる分離主義勢力の脅威が迫る中で、パドメの代理としてパルパティーン最高議長に非常時特権を与えることを発案し、議会は満場一致でこれを可決。パルパティーンは即座に共和国軍設立を宣言し、クローン戦争が始まることとなった。ある意味ジャー・ジャーは銀河系の歴史を大きく動かすことになった人物といえる。

 エピソード2とエピソード3の間を描いたアニメ「クローンウォーズ」では、惑星ローディアでパドメが捕らわれ際に成り行きでジェダイに変装してヌート・ガンレイを騙し、水路に潜む巨大生物と協力してパドメの救助とガンレイの逮捕に貢献したり、パドメが惑星モン・カラマリでクオレンの軍隊に追い詰められているとの知らせを受けて当時のグンガンの統治者であるボス・リオニーを説得し、援軍の派遣を即決させるなどパドメやジェダイの支援者としての成長を見せる場面もあった。

 エピソード3ではパドメの葬儀のシーンで、グンガンの長ルーゴア・ナスとともに国賓として参列している。


 なお、EP1-3通してフルCGで描かれた唯一のキャラクター(ヨーダはEP1ではパペットが使われている)でもある。


 その後を描いた小説では彼は銀河帝国成立を大きく後押ししたとして多大な批判を浴び、再びグンガン達から永久追放された事が語られている。その後彼はナブー人(惑星ナブーに入植した人間達)の住む都市で道化師として子供達を笑わせる仕事に就きつつも、彼の過去の失敗を知る大人達からはエンドアの戦いによる帝国の崩壊と皇帝の死後も尚冷遇され続ける日々を送っている。


非正史(レジェンズ)

現在では上述した正史(カノン)とは異なるパラレルワールド扱いであるが、非正史(レジェンズ)のスピンオフ作品ではジャー・ジャーのその後が描かれている。


彼はアミダラの政治的地位を引き継ぎ、帝国元老院でコメル宙域を代表することになり、皇帝の側近の一人としてみなされた。また、皇帝はクローン大戦直後に、個人的に彼をどこか詳細不明の場所に派遣したと記録されている。ジャー・ジャーはエピソード4の時点で在命で反乱軍に参加する事はなかったが、新共和国の兵士たちが銀河帝国から惑星コルサントを奪回したときその場に居合わせた。


不人気ぶり

 エピソード1公開当初、ジョージ・ルーカス監督は彼を旧作におけるC-3POに相当する新しいスターウォーズシリーズのマスコットキャラとしようとしていたが、あまりのウザい言動にファンから不評の声が多く、エピソード2では(重要ではあるものの)数シーン、エピソード3ではたった一瞬にまで出番が減らされた。

 その不人気ぶりたるや、2000年ゴールデンラズベリー賞・最低助演男優賞受賞、2006年にはイギリス大手映画レンタルサイトでのアンケートで「映画史上もっとも不愉快なキャラクター」に選ばれてしまうほど。

この他アメリカのdeviantART等のサイトではQBを殴り隊のごとくジャー・ジャーを殴ったり、色々な武器で攻撃したり、クリーチャーの餌にするといったイラストが多数投稿されている。


 なお、ルーカス自身は元々マスコットキャラクターとして彼を設定しようとしていたこともあってか、ジャー・ジャー・ビンクスがシリーズで一番のお気に入りキャラと発言している。


リアルへの影響

演者のアーメド・ベストは、作品公開時のバッシングやジャー・ジャーに対するファンの扱いを苦に自殺を考えていたことを告白した。


19年前、僕はメディアからの厳しい反発にさらされ、そのことは今でも僕のキャリアに影響を与えています。

当時、僕は危うく人生を終わらせてしまうところでした。お話しするのは今でもつらいことです。

僕は生き延び、贈り物として、この小さな男の子を授かりました。

これ、僕の番組としては良いストーリーになるでしょうか? 教えてください。」(本人のtwitter


その告白には「私はジャー・ジャーが好きですよ」「生きててくれてよかった」「そんなに辛かったなんて知らなかった。本当にごめんなさい」など、数多くの反応が寄せられた。


  • これに関して、ヨーダ役のフランク・オズもこうコメントしている。

私はジャー・ジャー・ビンクスが好きだ。もちろんこんなことを言うと炎上するのは知ってるよ。

けどね、何でみんなそんなに嫌いだっていうのかはやっぱり理解できない。

演者だから言える。ジャージャーは素晴らしいキャラクターだ。

私を銃で撃ったとしても、この気持ちを変えることは出来やしないよ。

本人のtwitterより、英訳)


(参照記事 https://theriver.jp/sw-jar-jar-backlash/


なお、アーメドは2020年にルーカスフィルムが製作したスターウォーズ世界を基としたゲーム・ショー番組『ジェダイ・テンプル・チャレンジ』にて、MC兼チャレンジに挑戦する子供達の引率役であるジェダイ・マスターカレラン・ベクを演じている。

そして時が流れ、2023年...


関連タグ

STARWARS ヘイト

嫌われ

受付嬢(MHW)…海外から彼と同等な扱いを受けている別作品キャラクター

関連記事

親記事

アナキンエピソード あなきんえぴそーど

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46114

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました