ピクシブ百科事典

イブシマキヒコ

いぶしまきひこ

「モンスターハンター」シリーズに登場する古龍。
目次[非表示]

※この記事は、「モンスターハンターライズ」の物語の根幹に関する内容が含まれています。































































































































































































データ

分類古龍種
別名風神龍(ふうじんりゅう)
危険度9


概要

モンスターハンターライズにて登場した雄の古龍種。上下逆さまの状態で空に浮かぶ不可思議なモンスター。里の姉妹、ヒノエとの「共鳴」を果たし、百竜夜行に深く関わるモンスターとしてカムラの里一行の前に現れる。

生態・特徴

身体は灰色を基調とした甲殻に覆われ、各部位に特殊なガスを溜める「風袋」と呼ばれる器官が存在する。その内部の気体の量を自在に操作し、姿勢を維持している。風神龍の別名に違わぬ風を操る技を多く持つが、風を発生させる原理は腕と尻尾から空気を吐き出す、というものらしく、風それ自体を操るアマツマガツチとは性質が異なる。また、風の力だけでなく竜属性のエネルギー弾や、ゼノ・ジーヴァやダラ・アマデュラの扱うエネルギーにも似た青白く発光する属性のブレスを扱う。

生態に関しては未だに謎が多いが、その衝動で周囲のモンスターを恐れさせ、モンスターの大移動を起こしている。つまり百竜夜行の原因となっているという事が判明している。その為、イブシマキヒコ発見後、カムラの里のハンターは数百年にわたる災いに決着を付ける為、イブシマキヒコに挑む事となる。その為現状では百竜夜行モードでのみ挑む事の出来るモンスターとなっている。

また、イブシマキヒコ最大の特徴として、里の竜人族、ヒノエとの「共鳴」が挙げられる。双子の姉妹であるヒノエとミノトが言葉を交わさずにお互いの感情を読み取り合う“「共鳴」”が可能で、イブシマキヒコが自身の衝動を知ってから知らないでか彼女と同調する事で百竜夜行との関わりが判明した。

以下、ネタバレ注意

































対は何処

対は何処

我は狂飆

並びて薙ぎ

楽土が辻の淵と成らん



里のハンターの活躍によりイブシマキヒコは撃退される。百竜夜行は収束するものかと思われた。しかし百竜夜行は収まる気配を見せる事は無く、里を襲う竜の禍群は侵攻を続けた。そしてそれから暫く後、ヒノエによる「共鳴」によって示唆された存在。即ち「」の存在が明らかとなる。

関連記事

クシャルダオラアマツマガツチ…風属性の古龍。

関連記事

親記事

古龍種 こりゅうしゅ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「イブシマキヒコ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8011

コメント