ピクシブ百科事典

百竜ノ淵源ナルハタタヒメ

ひゃくりゅうのえんげんなるはたたひめ

「モンスターハンター」シリーズに登場する古龍・ナルハタタヒメの形態変化した姿。
目次[非表示]

この記事は物語の根幹に関する内容となっています。









































百龍ノ淵源ナルハタタヒメ


概要


種族古龍種
別名雷神龍
異名百竜ノ淵源
全長3875.05cm
危険度10

対を待ち続ける雷神龍ナルハタタヒメが産卵期を迎え、対なる存在イブシマキヒコの養分を吸い取り、その力を取り込んで変容した変異体。シリーズを通しても珍しい古龍種の、しかも超大型モンスターの特殊個体である。イブシマキヒコの力を吸収した事で身体にも変化が現れ、触手は青く発光し、イブシマキヒコの力で雷神龍の退化していた風袋やエラの機能が活性化したとされる。
ナルハタタヒメの雷の力に加え、イブシマキヒコの風の力を併せ持ち、尚且つ双方の力をより強大にした能力を操作する。イブシマキヒコのモーションも受け継いでおり、風力と電磁気力を操る強敵となっている。

戦闘

特殊クエスト「百竜ノ淵源」の後半戦にて初登場。通常個体がクエストの最中、外的な要因により特殊個体へと変異するという前代未聞の姿を見せる。上記の通り、強化された風力と電磁気力を操作する。中でも風の力はハンターをナルハタタヒメへ吸い寄せられるような効果もあり、ハンターの回避を妨害するなどという行動も見受けられる。

イブシマキヒコから託された次代を築く無数の生命を抱えている危機感から凶暴化。カムラの里付近に現存する記録、それに加えてあらゆる伝説上の存在を含めて見ても、生命の頂点の一角と呼ぶに足り得る圧倒的な存在となった。この地域に存在するいかなる生物も比肩するに能わないため、縄張り争いといったことも起こりえないとされるが...

ナルハタタヒメが利用していた強大な電磁気力は更に極大化。雷エネルギーの爆発やブレス、光輪などはより強力になり、通常個体が扱わなかった落雷による攻撃を行う事も確認されている。特に物理攻撃から誘発される落雷や爆発などは翔蟲受け身で回避した先で攻撃を受ける可能性もある為、反射的に受け身を取ってしまうと追撃を受ける可能性がある。

そして物理攻撃の最大の強化点として、通常個体がスローモーションに見えるほど圧倒的に素早くなっている。特に尻尾叩きつけや連続の噛み付きなどは威力も高い上にホーミング性能が高く、更に受け身狩りも抜かり無いため、注意が必要。危ないなら大人しく寝ているのも手だが、前者は命中すると無敵時間を伴わない硬直が発生するので冷静に追い討ちを受けない回避を心掛けたい。

ナルハタタヒメの大技であったエリアを一掃する光輪ブレス「霹靂神(はたたがみ)」は「撃龍・霹靂神」へとパワーアップしている。
エリア中央に移動し、チャージを始めたナルハタタヒメは、あろうことか6本の撃龍槍を地中からその磁力で引き上げ、風力で地面をなぞり抉るように回転させ始める。さらにその間ナルハタタヒメの方へ吸い寄せられる風が発生回避を困難にしている。そしてチャージを終えたナルハタタヒメはエリア上部へ飛翔。とあるモンスターの攻撃に酷似した滴り落ちる雫のようなブレスを地面に放ち、地表を掃滅する。一連の攻撃の中でも撃龍槍の攻撃が厄介で、当たるとエリア外周に吹き飛ばされてしまい、雷神龍から引き離されてしまう。そこで焦って雷神龍めがけて受け身を取ってしまうと、他の回転する撃龍槍に当たり、ハメのような状態になる事がある。一撃一撃の攻撃力も高いので冷静な対処が求められる。
もしも撃龍槍で力尽きた場合も、すぐには戦線に復帰しない方が良い事が多い。エリア移動で戻ってきた瞬間にナルハタタヒメの攻撃に当たるという可能性があり、最悪のケースとしては締めの巨大光輪にクリーンヒットしたなどという事例も確認されている。大技チャージ中はキャンプから龍宮砦跡を見た時に大穴から光の柱が見え、ナルハタタヒメの咆哮が聞こえる為、その間はキャンプでおとなしくしていることをお勧めする。

激化した攻撃と高い破壊力に加え、隙を的確に潰してきている強敵ではあるが、戦闘を進めると、大いなる力の誕生に呼び寄せられたか、脅威を排除しにやってきたのか、思わぬが訪れる。これまでにない演出に驚いたプレイヤーも多かった事だろう。本来生物として敵うはずのない彼らがどうして龍宮砦跡に現れ、どうして生命の頂点たる神龍に牙を剥いたかは定かではない。

戦闘BGM


曲名は『百竜ノ淵源』。風神雷神龍同様に歌もののボーカルがメインメロディを担う一曲である。イブシマキヒコが龍宮砦跡の地下空洞に落下し、エリアが切り替わった瞬間から流れ始める。全体を通して切なげでありながら、里の存亡を賭けた緊張感を感じる曲調であり、モンスターハンターライズを象徴するかの如きBGMとして実装から間も無く人気を博している。
ボーカルは禍群の息吹の加藤いづみ氏と、禍群の鳴神の宮崎カナエ氏の両者が担当。

一部でイブシマキヒコの戦闘曲『禍群の息吹』とナルハタタヒメの戦闘曲『禍群の鳴神』のフレーズが盛り込まれる形でアレンジされており、風神龍と雷神龍の謂わば融合体である本種に非常にマッチしている。特にそのフレーズが顕著なのはサビであり、イブシマキヒコ戦BGMである禍群の息吹のサビがそのままの形で流れる。しかしながらその背後ではナルハタタヒメ戦BGMである禍群の鳴神のサビフレーズが違和感無く流れる構成となっている。
“ナルハタタヒメ”戦でありながら風神龍のフレーズを特徴的に流し、その中でナルハタタヒメの存在感を出す、巧みなアレンジが成された名曲であると言える。

以下、日本語Ver.の歌詞。

いざや

風、雷、交じらふ

此方(こち)が末葉(すゑば)

天地(あめつち)なり

奇(あや)に霹靂(はたた)く鳴神や
裂くは一天(いってん)息吹き

ほろに毀つ

末葉 諸共に

慨(うれた)き世を断つ
憂(う)き世を断つ

我ら楽土が かぞいろは

いざや




さあ、始めよう

風神、雷神はここでひとつとなる

私の子々孫々は天の神、地の神となる

天を裂く息吹きが、世をばらばらに破壊する
ひどく鳴り響く雷が、世をばらばらに破壊する

子々孫々と共に忌々しい世を終わらせる
子々孫々と共に無情の世を終わらせる

我らは新たな世界(楽土)の父母である

さあ始めよう

これらの歌詞は公式資料集より引用したものである。
”私の子々孫々”と呼ぶことから、これを歌う主はナルハタタヒメかと思われる。となれば対に先立たれたナルハタタヒメの哀惜、そしてイブシマキヒコを死に追いやったハンターへの底知れぬ怒り、無情な世界への怒りとも取れる激情が見て取れるだろう。

余談

ナルハタタヒメとイブシマキヒコが互いに対を探すのは、ナルハタタヒメの産卵期が関係している。産卵期に達したナルハタタヒメがイブシマキヒコと出会うことで養分を吸い取り、卵を産むようだ。
産卵のために雌が雄を取り込む生態は、現実で言うとカマキリチョウチンアンコウを思わせる。産卵という行為は多くのエネルギーを消費する為、種を残す為に雌の為に雄が犠牲になるというのは珍しいことではない。

ではイブシマキヒコはナルハタタヒメに自ら進んで喰われたのか、それともナルハタタヒメに一方的に喰われたのかは時折議論になるが、それに関してはどちらとも言えないというのが結論である。
一見イブシマキヒコは理不尽に喰われたというようにも見えるが、イブシマキヒコは度重なる戦闘で瀕死。更には地中に身を隠していたナルハタタヒメも見つかり、外敵の襲撃によって種は存亡の淵に立たされていた。そんな切羽詰まった両者が、他の手段を取る余裕もなく、最後の手段としてこの吸収を行った可能性は高い。イブシマキヒコはそれを受け入れていたのかは不明だが、腹に喰らい付くナルハタタヒメに対し、苦痛の声を上げながらも一切の抵抗を見せない彼の姿は、一つの覚悟が見て取れる。さらに、風神雷神龍間にはセルタス夫婦程の立場の差があまり感じられない。それ以外にも彼らの選択の意味を考察する余地のある情報は多数存在するが、それをどう受け取るかは流々であると言える。

生命の頂点の一角と推測された本種だが、世界的に見てどれほどの影響力を備えているかは未知数である。カムラの里と地理的に近いとされるユクモ村付近に飛来したアマツマガツチ、古龍の王とされるゼノ・ジーヴァ、生命の頂点と呼ぶに相応しい伝説たちとの力関係などは不明。しかしその口上や古龍種をも凌ぐ戦闘能力から見て、少なくとも子々孫々と共に天地を統べ、世界を我らが物とするに足る力を持っていても不思議ではない。

百竜ノ淵源ナルハタタヒメのレア素材「淵源の嵐玉」は「百龍の淵源たる龍が秘めし宝玉。その玉が帯びたるは、ちちのみの青嵐、たらちねの霹靂。」との説明文が添えられている。「ちちのみ」とは短歌などで父親の枕詞であり、「たらちね」は母親の枕詞である。百竜ノ淵源ナルハタタヒメの腹部に浮かびあがった卵、そしてこの説明文から「淵源の嵐玉」の正体は古龍種の卵ではないかと考察されている。古龍種の繁殖は不明な点が多く、世界観的にも重要な役割を持った素材となるかもしれない。

上記の嵐玉の説を裏付けるとでも言うべきか、腹部の雷袋をよく見ると、胎内で蠢く複数の球状の物体が透けて見える。これは紛れない神龍の卵であり、取り込まれたイブシマキヒコの力によって個々の生命が爆発的に活性化。内側から発光している。ゴコクたちの言う通り、産卵まで一刻の猶予も無かった事が見て取れる。ナルハタタヒメが絶命した後には腹部の発光が止まり、内部が見えなくなってしまうが、恐らくは母体と運命を共にしたと思われる。もしも、仮に生き残りがいれば…言わずもがなである。

完全な余談であるが、狩猟中にナルハタタヒメと共鳴していたミノトはクエスト中に主人公が心配で食事が喉を通らないという、イブシマキヒコを食べたナルハタタヒメと真逆の状態になり、エンディングの際中にお腹を鳴らすというオチが着いた。

関連記事

モンスターハンターライズ
古龍種 特殊個体 ラスボス
ナルハタタヒメ
イブシマキヒコ

シャガルマガラ ネルギガンテ 繁殖方法について研究の進んでいる古龍種。

ゲネル・セルタス あちらは空腹を満たすために、オス個体であるアルセルタスを捕食している…といった違いがあるが、旦那を捕食(吸収)している事は共通している。

ラゴラスエヴォ あちらも対を成す怪獣を捕食することで変容しており、冷凍怪獣と溶岩怪獣の両方の特性を併せ持っている。

撃龍神 風と雷の力を併せ持つ勇者ロボ。

MUTO こちらはオスの成熟に由来するが、互いに相手を待ち続け、更に用途は異なれど電磁気力も使用する。またオスのみだが飛行能力を有す他、劇中メスの胎内で蠢く複数の卵が透けて見得る場面があり、最終的に営巣、産卵まで至ったが、孵化する前に全滅し、親も宿敵に討たれた。

関連記事

親記事

ナルハタタヒメ なるはたたひめ

pixivに投稿されたイラスト pixivで「百竜ノ淵源ナルハタタヒメ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16800

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました