ピクシブ百科事典

アトラル・カ

こんさくのらすぼす

モンスターハンターダブルクロスに登場するモンスター。
目次[非表示]

この記事はモンスターハンターダブルクロスの重大なネタバレを含みます。







概要



   蠢 く 墟 城   


モンスターハンターダブルクロスに登場するモンスターにして、事実上のラスボス
初出はMHXXのPV3のラストで、砂嵐吹き荒れる遺跡のような場所にて、地中から出現した巨大な竜のような何かがそれである。
機械的パーツの集合体にも見えるその見た目から「初期の没アイデアであったイコール・ドラゴン・ウェポン(モンハン世界の古代文明に存在した、大量の竜を元にして生体兵器を作る技術)の遺物か」という前作ラスボス予想と同じような声や、件の古龍の特性から「廃城の瓦礫を身に纏うようになった二つ名化個体では」といった声が上がっていた。

集会酒場のG級クエストを進めていくことでその存在に関する情報を断片的に知ることができ、そしてG級の最上位ランクであるG★4の緊急クエストとして登場する。

容姿


初挑戦時にムービーが流れ、アトラル・カの全貌が露わになる。のだが、そこに映し出されたのは・・・

これより先はモンスターハンターダブルクロスの「重大な」ネタバレが含まれています。
閲覧は自己責任でおねがいします。




































メインターゲットを達成しました!


砂漠広がる廃れた砦の真ん中で両前足を広げて威嚇するアルセルタスを一回り大きくした程度の大きさのカマキリ姿であった・・・
全体的に黄金色の体であるが、アクセント的に眼だけ紫色に輝き、ハナカマキリのような平たい体をしている。

そう、アトラル・カはその見た目通り甲虫種に分類されるモンスターだったのである・・・
別名:閣螳螂、文字がつぶれて見えにくいが(かく)であり(やみ)ではない。螳螂は一般的には「かまきり」と読むが、予測変換から「とうろう」と読むのがこの場合正しい。
昨今のラスボスは化していた中(飛竜もいることにはいたが)、甲虫種をラスボスに抜擢するという異例のパターンで攻めてきたことに驚いたハンターは少なくない。

戦闘

攻撃方法は、鎌状の前足を用いた肉弾戦の他、腹部から糸を出して地中に埋もれた砦の瓦礫を引っ張り出して背中に乗せ、それを投擲するなどで攻撃をしてくる。アトラル・カ自身も瓦礫の種類をある程度理解しているようで、戦闘が進むと、フィールド上空に糸のドームを形成、取り出した撃龍槍をハンター目掛けて射出する、巨大な車輪を転がしながら突進するといった攻撃も仕掛けてくる
ちなみに最終形態で使用する巨大な車輪だが、これは故事成語の蟷螂之斧のエピソードをイメージしているのかもしれない。
また、耳栓必須の咆吼をしたり(甲虫種では初)、射出後に投網状に拡がる糸の球体を用いてこちらを糸まみれにしたり、体から防御力を低下させるガスを放出したりといった搦め手な戦法もとる。
とはいえ今までのラスボスとは一線を画す小柄な見た目のため簡単に討伐できるように思えるが、ラスボス恒例の形態変化が存在するため、そう上手くはいかない

形態変化

老子就是高达!


アトラル・カの体力が一定量減少すると、定位置に移動したのち、一際大きい瓦礫の山を引っ張り出してくる。そしてその中に入って全身を糸で包んで繭状にした直後、瓦礫が巨大な四足歩行の竜へと組み変わり、攻撃を仕掛けてくる。
上記イラストの背景にある機械的な物体や、先述のPVのラストで映し出されたのがまさにそれである。この状態の名前はかつて「機竜形態」「墟城形態」「女王の玉座」などと呼ばれていたが、後に発売された『公式データハンドブック モンスターの知識書』にてアトラル・カとは別に「アトラル・ネセト」という名で掲載されている。同一の個体ではあるが、プログラム上は別のモンスターとして扱われているようだ。
解除するには一定のダメージを与える必要があるが、この形態は瓦礫を纏っているためかなりの硬さをもち、突進・足踏み・足下へのスタンプやそれに付随する瓦礫の隆起攻撃(くらうとかち上げられる)、首元からの糸のビームによる拘束など苛烈な攻撃を仕掛けてくる。しかし所々存在する糸を纏ったオレンジ色の部位は柔らかく、さらに特殊なダウンを発生させると繭状の本体に攻撃が可能となり大ダメージを与えることができる。幸い、ベースキャンプには支給品(爆弾、バリスタの弾や単発式拘束弾)、機竜形態での戦闘中に一定タイミングで届く各種砲弾入りのドングリロケット、果てには撃龍槍もある(ただし射程は短く、使えるのは一度きり)ことから、この特殊ダウンを如何に発生させ(フィールド上の迎撃装置の位置を把握しているか)、ダウン中にどれだけ本体にダメージを与えられるかが攻略の鍵となる。
ちなみに、形態変化はクエスト中に2回行われるが、上記プロセスを執るのは1回目のみである。2回目の形態変化は、地中に潜った後、アトラル・ネセトへと既に変形した状態で出現する

アトラル・カ自体の攻撃力はそこまで大きくないものの、アトラル・ネセトは言わずもがな、撃龍槍などの巻きつけた物体を使った攻撃は致命打になりかねないので、回復の準備は入念にしておく必要がある。

なおアトラル・ネセトのダウン中にどれだけダメージを稼いだとしてもアトラル・カ自体の体力を減らすことはできない。これは前述したようにプログラム上はこの2体が別々のモンスターとして処理されているため。

女王の玉座は宝の山?

ちなみに、アトラル・ネセトを形成している瓦礫からは採掘を行うことができ、原珠(装飾品の素材)やお守り(護石の原料)が得られることから、今作における炭鉱夫の最終就職先になる、かもしれない・・・

装備

このモンスターから作成可能な防具であるネセトシリーズを一式揃えると、装備した護石の効果を2倍にする護石系統強化、付与したスキルポイントの合計値に2を加えるスキル加点+2、そして圧倒的なスロット数(12個)とかなり高スペックであるので、作成しておけばHR開放後をスムーズに進められるであろう。

余談

  • 「アトラル」とは古代エジプトの言葉で「廃墟」、「カ」は「王」「神」、「ネセト」は「玉座」を意味する。武器にも「金属器」や「真名」といった古代エジプト所縁の言葉が散見される。


その見た目から「カマキリ」という渾名が広がることに時間はかからず、素材から作られる豪華な防具と(一部例外を除き)金属板のような武器が何かと強力だったことを皮切りに名(ネタ?)が知れ渡った結果、上述の防具一式に武器まで揃えたフルカマキリ仕様のハンターが増えオンラインではみんな防具が一緒という「カマキリオンライン」なる環境のような何かが到来。
その光景は「ミイラ盗りがミイラになる」改め「カマキリ駆除でカマキリになる」都市伝説染みた経緯に始まり擬態もとい防具の合成元に一式がベースにされてたり討伐クエスト自体が金策、ハンターランク上げ、お守り等の稼ぎを一括で行える有用性も相まって今後もMonster HunterならぬMantis Hunterが増える影響が想定される。

関連タグ

モンスターハンターダブルクロス 甲虫種 ラスボス ???

pixivに投稿された作品 pixivで「アトラル・カ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24585

コメント