ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

別名:進化怪獣
身長:54m
体重:6万t
出身地:龍巌岳


概要

第30話「勇気を胸に」に登場。
ラゴラスグランゴンの背中にある「マグマコア」を食べた事により、炎の特性を手に入れた形態。
なお彼らは第1話に登場したものとは別の個体で、倒されたのが再生したわけではない。

進化怪獣 ラゴラスエヴォ


以前のラゴラスと比べると全身が赤熱化し、胸部にはマグマコアが露出している。また、『ザ☆ウルトラマン』のアボラスの様に肩から角が生えた。
口からは冷凍光線はもちろんの事、マグマコアからの火炎弾を冷凍光線と同時に発射することで相手に急激な温度差を発生させる技超温差光線を吐く(見た目は光線というよりは光弾に近い)。この光線はエネルギーをさらに追加して照射すればギャラクシーカノンをも押し返す威力を持ち、単発でも相手を瞬時に蒸発させる(「10m近づいただけで(戦闘機が)蒸発しちまう!」という台詞まであった)こともできる。
さらに知能も発達しており、人間を憎み嘲笑っている。マックスのキックを回避しカウンターを決めるなど見た目に比べて身のこなしも軽快。

グランゴンの死体の調査をしていたDASHの前に地底から出現するや、カイトがマックスに変身することの意義に思い悩んでいたため変身できなかったことをいいことにダッシュバードを撃墜した。
 
このときはそのまま地底に逃走した事もあって戦闘にはならなかったが、二度目の出現では迷いを振り切ったカイトが変身したウルトラマンマックスと戦闘。
ギャラクシーカノンを超温差光線で打ち破るが、マクシウムソードで角を切られ受け怯んだところに、超兵器「A.G.メイザー」を搭載したダッシュバード1号と2号の炎と氷の同時攻撃でマグマコアを破壊され倒された。
 
ちなみにこれはショーン・ホワイト隊員が発明したもので、グランゴンの死体から採取したサンプルから「マグマコアを破壊することができる」兵器。

元ネタであるアボラスの強みは驚異的な耐久力であったが、こちらの強みは前述したとおりギャラクシーカノン以上の攻撃力である。

また、異常に高い知能はこの回の元ネタである小さな英雄ジェロニモンが元ネタと思われる。

余談

当初は劇場版『ウルトラマンギンガS決戦!ウルトラ10勇士!!』にてエタルダミーとしてゼットンと共にマックスの対戦相手の候補に挙がっていたが、残念ながら着ぐるみが撮影に使える状態ではないことから没に。代打として、着ぐるみが良好な状態で残っていたスラン星人が登場することになった。
なおゼットンは昭和怪獣である。

関連タグ

ウルトラマンマックス ラゴラス メドローア
轟焦凍 炎と氷繋がり

関連記事

親記事

ラゴラス らごらす

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ラゴラスエヴォ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ラゴラスエヴォ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2084

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました