ピクシブ百科事典

マガバッサー

まがばっさー

マガバッサーとは、『ウルトラマンオーブ』に登場する魔王獣と呼ばれる怪獣の一体。
目次[非表示]

鳥を見た

データ

別名風ノ魔王獣
身長55m
体重2万t


概要

ウルトラマンオーブ』第1話「夕日の風来坊」に登場する新怪獣で、かつてウルトラマンメビウスによって封印され、電離層で眠りについていたを司る魔王獣ガイ曰く「悪魔の風」。
を基調としたのような姿をしているが、は前脚とは独立して背中に存在しているという西洋のドラゴンのような身体構造を持つ。

世界を滅ぼす存在として過去の文献「太平風土記」にも妖怪禍翼」として記されており、復活した現代においても、日本の東京付近で被害をももたらしただけでなく、相乗効果(バタフライ効果)で世界中に台風を7つも同時多発させたり、サハラ砂漠に大雪を降らせるなど世界各地で異常気象を引き起こした。

エピソード10構想では復活する前にジャグラーペギラの怪獣カードを入手しており、恐らくこのカードを使って復活させたものと思われる。

戦闘能力

翼を使って強力な突風や上空を旋回して作り出す暗雲からの『マガ嵐』という名の竜巻を発生させることが可能で、この能力でで破壊活動を行った。翼そのものも強力な武器であり、戦闘の際にはこれで相手を刺突するように攻撃しながら戦う。
また、翼を使って風圧による衝撃波『マガ衝撃波』を放つことも可能。

風ノ魔王獣マガバッサー!


強靭に発達した両脚も強力な武器であり、ホバリングしながら相手を鉤爪で引き裂いたり、ジャンプしながら相手を踏み潰したりすることも可能。

戦歴

オーブとは二度戦闘を行い、一戦目は東京の上空で竜巻を発生させながら暴れていた(この時、SSP-7が竜巻に巻き込まれて空中に巻き上げられてしまう)が、オーブの妨害を受けて一度撤退。

オーブとなんか



二度目の戦いでは地上に降り立ち、マガ衝撃波や飛行能力を活かした突進攻撃などを駆使して激戦を繰り広げるが、スペリオン光輪で翼を傷付けられた上空中戦でオーブに競り負けて地上へと投げ落とされ、最後はスペシウムゼペリオンの『スぺリオン光線』を受け爆散し消滅。残された結晶体(マガクリスタル)から、ガイはメビウスのウルトラフュージョンカードを入手した。

しかし、ラストシーンでジャグラーはダークリングを介してマガバッサーの怪獣カードを入手しており…。

ウルトラ怪獣擬人化計画

魔王獣ログ


2016年8月30日発売の10月号にてまさかの電撃参戦
平成2期以降のウルトラシリーズの怪獣の中でラインナップ入り一番乗りを果たした。
また言うまでもなく、テレビ初登場後わずか1ヶ月での参戦は、当時全キャラ中最速だったが、後に『ウルトラマンジード』に登場するスカルゴモラが登場から三週間で擬人化されたため最速ではなくなってしまった。

デザインは、『デュエル・マスターズ』や『パズル&ドラゴンズ』でキャラクターデザインを手掛けていることで有名なNINNIN氏が担当した。

同じ鳥をモチーフとしたバードンローランとよく似た、ハイレグ気味の露出の多いデザインが特徴。着ぐるみとは異なり、両手と翼はちゃんと連動して動かすことができるようで、立ち絵では右手と右翼を同時に展開している様子が描かれている。

アニメ版

「私たちも行こうぜ! うぉーって感じで!!」

心の悲鳴が聞こえたので


(上の画像左下のキャラクター)

- 寺田晴名

第2期で、同じ魔王獣仲間のマガジャッパと共にまさかの登場が決定した。

国際怪獣救助指導組織GIRLSに新たに配属された新人隊員で、本名は風巻ヨウ。名字は「」や「竜巻」、芦名監督のツイートによると、下の名の「ヨウ」は漢字で書くと「」らしい。
人間態癖毛気味の青いロングヘアー(色はジャッパと比べると若干くすんだような色。遠目から見ると翼を畳んだ鳥のような形にも見える)が特徴の少女
カイジューソウルの内容は、「空を飛びたいな」という飛行願望。dアニメストアでのインタビューを読む限りでは、既に一度変身したことがあり、空を飛んだことがあるようだ。そのためなのか、ザンドリアスやノイズラーとは異なり、登場時点で既に飛行能力を自在に使いこなしていた。

立場としてはまだまだ見習いだが、飛行能力を持つなどその優れたポテンシャルから周囲の期待は高い。クールそうなルックスに反してかなり子どもっぽく、物怖じしない性格の持ち主で、まだまだ遊びたい盛りらしい(実際、2話で自己紹介をした際には、ジャッパが先輩相手に恐縮していたのに対し、彼女は翼を広げるようなお道化たポーズと共に名前を名乗っており、2人の性格の対称性が垣間見えるシーンとなっている)。

本編では第2話からおまけコーナー「おしエレ ~教えてエレキング先輩~」に登場。
マガジャッパこと竜波ユカと共にエレキングに自己紹介するが、同じ「マガ」という言葉が付く名前だったため、「姉妹設定?」と勘違いされてしまった。
以降は、ジャッパと共にエレキングから様々なことを教わっている。物怖じしない性格はここでもいかんなく発揮されており、ジャッパと比べると質問や発言は積極的に行う傾向にある(時にはエレキングにツッコミを入れることも)。
エレキングのことは、やたら「設定」に拘るところには辟易しているようなところはあるものの、基本的に頼れる先輩として尊敬している模様。

長らく怪獣娘の姿に変身せず、おまけコーナーのみにしか登場していないために主人公であるアギラたちとの絡みもなかったことから、ファンの間ではいつ変身してくれるのかと期待する声が多かったが、終盤の第10話になってシャドウガッツとの決戦時にジャッパ共々ようやく変身出来るようになった(ついでにマンガにも詳しくなっていた)。

シャドウジェネラルとの最終決戦では、飛行能力を活かしてエレキングとマガジャッパを現場まで運搬、戦線加入後は、その性格で物怖じせずに冒頭の台詞を言い放って仲間たちに大きく発破をかけ、同じく飛行能力を持つザンドリアスノイズラーと共にコウモリ型シャドウビーストとの激しい空中戦を繰り広げた。

最終的に見事な連係プレイでシャドウビーストを撃破し、さらにはシャドウジェネラルの猛攻に晒されそうになったガッツ星人を救出して安全な場所まで運ぶ等、要所要所で大きな活躍を見せた。

ちなみに、一瞬なのでわかりづらいが、シャドウビーストとの戦闘時に両腕の先端から白い刃のようなものを形成するという『オーブ』本編では見られなかった能力を発揮している様子を確認できる。

余談

背中に翼を持つ怪獣としては非常に珍しい、前脚ではなく翼にスーツアクターの両腕を入れて動かす構造をしている。背中に翼を持つタイプの怪獣は、通常の怪獣と同様、前脚にそのままスーツアクターの腕が入り、背中の翼はほぼお飾り(若しくは操演で動かす)だったため、それとは完全に真逆の構造をしているという極めて珍しいパターンである。

モチーフは猛禽類を起点とし、最終的に中国神話の翼を持つ龍・応竜のイメージでまとめられた。また、『ウルトラマンA』のオープニング映像に登場したベムスターのシルエットを再現するという意図も込められている。


監督の田口清隆は『特撮は爆発だ! #221 SP』にて、額のマガクリスタルを外せばただの「バッサー」になるとし、バッサーという怪獣は存在すると述べた。前作に登場したツルギデマーガのスーツをいつでもデマーガの状態に戻すことができるようにしたのと同様、今後の作品でも「バッサー」が何度でも登場できるようにという配慮かららしい。そして2年後亜種が登場する事になった

また、『吉田尚記 dスタジオ』の45回にゲスト出演した際、「バッサー」の名前の由来は、鳥が翼を羽ばたかせる時に使われる「バサバサ」という擬音語から付けられたことを明かした。企画の段階で、「最近の悪者は名前が面倒臭いのではないか」「子どもでも覚えやすい名前を付けよう」という話になり、そこから「鳥の怪獣なら“バッサー”にしよう」ということになったらしい。

当初は「キングバッサー」という名称が検討されていたが、グランドキングの登場も決まっていたため、以降、魔王獣の共通接頭語は「マガ」とすることが決まった。

スペリオン光線を浴びて爆発するシーンで舞い散る青い羽根は、楽天等の通販サイトなどを使って購入したもの。用意した羽毛を爆弾の中に詰め込み、爆発させてみたところ、思いの外良い画が撮れたとのこと。

『怪獣娘』で声を担当する寺田晴名は、同作で白銀レイカ/ウインダムを演じる遠藤ゆりかの事務所の後輩にあたる(2人ともスワロウの所属である)。また、寺田はキャスト発表の直前に現所属事務所の準所属になったばかりの新人声優であり、アニメで名ありのキャラを演じるのは今回のマガバッサー役が初めてであった(ソーシャルゲームでは既に名ありのキャラをいくつか演じたことはあったようだが)。寺田は上記の『吉田尚記 dスタジオ』45回にも出演しており、この際、『オーブ』のメイン監督であった(そして、ある意味ではバッサーの生みの親とも言える)田口清隆との共演を果たしている

関連タグ

ウルトラマンオーブ 魔王獣  風属性 グエバッサー
リドリアス - 鳥がモチーフで体色が青い第1話の怪獣という共通点があるが、こちらは人間と友好的な関係にある。
ガゾート 姑獲鳥 - 電離層に潜んでいた怪獣。後者は同じく鳥がモチーフの怪獣。
テンカイ バリケーン - 大嵐を引き起こす能力を持った怪獣繋がり。

風の又三郎 - 宮沢賢治童話で、登場エピソードの冒頭で母親が子供に読んで聞かせていた絵本

pixivに投稿された作品 pixivで「マガバッサー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 111974

コメント