ピクシブ百科事典

マガバッサー

まがばっさー

マガバッサーとは、ウルトラマンオーブに登場する魔王獣と呼ばれる怪獣の一体。
目次[非表示]

鳥を見た

データ

別名風ノ魔王獣
身長55m
体重2万t


概要

ウルトラマンオーブ』第1話「夕日の風来坊」に登場する新怪獣で、かつてウルトラマンメビウスによって封印され、電離層で眠りについていたを司る魔王獣ガイ曰く「悪魔の風」。
を基調としたのような姿をしているが、は前脚とは独立して背中に存在しているという西洋のドラゴンのような身体構造を持つ。

世界を滅ぼす存在として過去の文献「太平風土記」にも妖怪禍翼」として記されており、復活した現代においても、日本の東京付近で被害をももたらしただけでなく、相乗効果(バタフライ効果)で世界中に台風を7つも同時多発させたり、サハラ砂漠に大雪を降らせるなど世界各地で異常気象を引き起こした。

戦闘能力

翼を使って強力な突風や上空を旋回して作り出す暗雲からの『マガ嵐』という名の竜巻を発生させることが可能で、この能力でで破壊活動を行った。翼そのものも強力な武器であり、戦闘の際にはこれで相手を刺突するように攻撃しながら戦う。
また、翼を使って風圧による衝撃波『マガ衝撃波』を放つことも可能。

風ノ魔王獣マガバッサー!


強靭に発達した両脚も強力な武器であり、ホバリングしながら相手を鉤爪で引き裂いたり、ジャンプしながら相手を踏み潰したりすることも可能。

戦歴

オーブとは二度戦闘を行い、一戦目は東京の上空で竜巻を発生させながら暴れていた(この時、SSP-7が竜巻に巻き込まれて空中に巻き上げられてしまう)が、オーブの妨害を受けて一度撤退。

オーブとなんか



二度目の戦いでは地上に降り立ち、マガ衝撃波や飛行能力を活かした突進攻撃などを駆使して激戦を繰り広げるが、スペリオン光輪で翼を傷付けられた上空中戦でオーブに競り負けて地上へと投げ落とされ、最後はスペシウムゼペリオンの『スぺリオン光線』を受け爆散し消滅。残された結晶体(マガクリスタル)から、ガイはメビウスのウルトラフュージョンカードを入手した。

しかし、ラストシーンでジャグラーはダークリングを介してマガバッサーの怪獣カードを入手しており…。

余談

  • 背中に翼を持つ怪獣としては非常に珍しい、前脚ではなく翼にスーツアクターの両腕を入れて動かす構造をしている。背中に翼を持つタイプの怪獣は、通常の怪獣と同様、前脚にそのままスーツアクターの腕が入り、背中の翼はほぼお飾りであったため、それとは完全に真逆の構造をしているという極めて珍しいパターンである。
  • 当初は「キングバッサー」という名称が検討されていたが、グランドキングの登場も決まっていたため、「マガ」が共通名となった。


ウルトラ怪獣擬人化計画

魔王獣ログ


2016年8月30日発売の10月号にてまさかの電撃参戦
平成2期以降のウルトラシリーズの怪獣の中でラインナップ入り一番乗りを果たした。
また言うまでもなく、テレビ初登場後わずか1ヶ月での参戦は、全キャラ中最速である。

デザインは、『デュエル・マスターズ』や『パズル&ドラゴンズ』でキャラクターデザインを手掛けていることで有名なNINNIN氏が担当した。

同じ鳥をモチーフとしたバードンローランとよく似た、ハイレグ気味の露出の多いデザインが特徴。着ぐるみとは異なり、両手と翼は連動して動かすことができるようで、立ち絵では右手と右翼を同時に展開している様子が描かれている。

余談

風ノ魔王獣 マガバッサーさん


上のイラストは発表の1ヶ月月前に別の絵師が描いたマガバッサーの擬人化イラストなのだが、擬人化計画の公式デザインと殆ど相違がなく、一部ではこのデザインの秀逸さを改めて評価する声も出ている。

関連タグ

ウルトラマンオーブ 魔王獣  風属性
リドリアス - 鳥がモチーフ、体色が青いなど外見上の共通点があるが、こちらは人間と友好的な関係にある。
ガゾート 姑獲鳥 - 電離層に潜んでいた怪獣。後者は同じく鳥がモチーフの怪獣。

pixivに投稿された作品 pixivで「マガバッサー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 73992

コメント