ピクシブ百科事典

マガパンドン

まがぱんどん

マガパンドンとは、ウルトラマンオーブに登場する魔王獣である。
目次[非表示]

熱波襲来

データ

別名火ノ魔王獣
身長40m
体重1万5千トン



概要

ウルトラマンオーブ』第4話「真夏の空に火の用心」に登場した、パンドン亜種にして、を司る魔王獣

外見は、これまで出現したネオパンドンキングパンドンとは異なり、初代パンドンに酷似した、癒合した頭部を持つ姿をしているが、一方で下半身は冷え固まった溶岩の様に黒みがかってひび割れたような質感をしており、顔の中央に魔王獣に共通する赤色結晶:マガクリスタルが付いているなど、相違点も多い。
過去に出現したパンドンとの関係は今のところ不明。

「太平風土記」には「禍破呑(まがぱどん)」として記載されていた。その為、作中では「マガパドン」と呼称されている。
その見た目から「偽りの日輪」と呼ばれ、災いの炎によって地上の物を焼き尽くすとされている。

戦闘能力

全身が常に超高温の火の玉に包まれており、ここから発する熱波で、出現した都市の気温を40~42℃まで上昇させるのみならず、全方位の火炎弾(マガ火玉火炎弾)を放ち攻撃してくる。
また火の玉は強固な防壁としても機能し、オーブ水流や巨大化させたスペリオン光輪、全方位からのスペリオン光線を喰らっても消えないほどである。

怪獣としての姿を現すと、口から高温の炎(マガ火球)を放って攻撃する。本体もかなりタフであり、スペリオン光線の照射にも長時間耐えることができる。

戦歴

真夏の日中に都市上空に出現。気温上昇の影響で多くの人々を熱中症にした。
ウルトラマンオーブ(スペシウムゼペリオン)によって様々な攻撃を加えられるものの全て効かず、捨て身の策で一度は宇宙に追放される。

その後、ビートル隊による冷却弾攻撃も行われたが同様に効果は無く、一晩をかけて再び地球に降下。全方位に火炎弾を放って本格的な攻撃を始める。
再出現に際してバーンマイトとなったオーブの「ストビュームバースト」によって火の玉を爆風消火されついに本体が露出。バーンマイトとの戦闘の後、スペシウムゼペリオンになったオーブのスペリオン光線の照射にも耐えたが、あと一歩のところで力及ばずに爆散・消滅した。

その後ガイウルトラマンゼロウルトラフュージョンカードを、ジャグラーはマガパンドンの怪獣カードを手に入れた。

余談

脚本を担当した三好昭央は、当初は火山の噴火により地底のマグマの中からマガパンドンが登場すると想定していたが、様々な事情から火の玉として出現するという展開になった。また、火の玉を驚異的な存在として長く登場させることで、引きとしてマガパンドンの強さを表現している。

監督のアベユーイチは、ただ光線を浴びて爆発するだけではマガパンドンが弱く見えると考えた為、光線に耐えて歩く描写を用いた。

当初は第14話・15話に登場した小舟惣一が登場し、シンと共にマガパンドンの炎を吹き飛ばす発明品を開発するという展開が予定されていたが、没になった。

スーツはキングパンドンの改造。その後映画『絆の力、おかりします!』にてゼッパンドンへのフュージョンアップに登場した通常のパンドンへと改造されている。

関連タグ

ウルトラマンオーブ パンドン 魔王獣 火属性
ザンボラー ファイアント ソドム

pixivに投稿された作品 pixivで「マガパンドン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46734

コメント