2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

灼熱怪獣 ザンボラー


別名灼熱怪獣
身長40m
体重2万t
出身地火山地帯
第32話「果てしなき逆襲」に登場。

典型的な四足歩行タイプの怪獣。鼻先の一角と背中の鉱物の結晶のような突起が特徴で、いずれもマグマのような赤光を放っている。
摂氏約10万度という凄まじい体温の持ち主で、科特隊の冷却弾も効果が無い。

 鎌倉近辺に出現。工場建設のために自分の住処まで破壊されたことに怒って出てきて暴れだした。
 の角と背中にある突起から赤い閃光ともに発する熱光線で火事を起こしたり、化学工場を破壊、撃退に出動した戦車も破壊した。10万℃という体温のため科特隊の冷凍弾も大した効果がなかった。熱光線でウルトラマンに対して優位に立つも投げ飛ばされて気絶し、スペシウム光線を受けて爆死した。

その後の活躍

漫画『ウルトラマンSTORY0』では、若い頃のウルトラマンタロウの前に立ち塞がる強敵として登場。体格はタロウの何倍もあり、文字通り山のような巨体を持ち、カラレスを一呑みしてしまった程である。体から撃ち出す火山弾で周囲をむやみやたらに破壊しつくす暴れん坊で、原作のような自然保護思想などカケラも存在しない。
スワローキックを受けてカラレスを吐き出した後、タロウのストリウム光線をでに大穴を開けられ、宇宙まで運ばれてウルトラダイナマイトで粉砕された。

漫画『酩酊!怪獣酒場』では第52話に登場。
灼熱を放つ能力から猛暑の原因にされるが、実際は人間達の文明の営みによるツケだと指摘する。
最後は文明で生活していながら「車も子孫もいらない」という現世代達の価値観に肝を冷やして去って行った。

漫画『ウルトラ忍法帖』では朧党の巨大忍獣として登場。しかしその役目はウル忍と戦うことではなく、マンを毒殺する目的で作った毒チョコの実験台という悲惨な物であった。結果は一欠片食っただけで泡を吹いて横死したが、作戦自体はマンにバレてしまい、糠喜びで怒り狂ったマンにより朧党が絵に描けない位の悲惨な目に遭うことに…。


余談

デザインを手がけたのは成田亨氏。ライオンのシルエットをモチーフに構成したと言うが、完成形のシルエットはオオトカゲイグアナに近い。

関連イラスト

【暑㊥お見舞い申し上げます】´・ω・A)ぁっぃ,,,
あついですね



関連タグ

ウルトラマン ウルトラ怪獣
ズラスイマーソドムエンザングランゴン:全身から熱波を放つ後輩。

関連記事

親記事

初代マン怪獣 しょだいまんかいじゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39832

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました