ピクシブ百科事典

超高熱怪獣ソドム

そどむ

ソドムとは、ウルトラマンダイナに登場する怪獣である。
目次[非表示]

データ

  • 身長:59m
  • 体重:7万7千t
  • 別名:超高熱怪獣
  • 出身地:ニューギニアの火山


概要

第21話「発熱怪獣3000度」に登場。
火山の中に棲息し、溶岩によって生成される変成岩を食べて生活している怪獣。火山の中にある変成岩地層を食べることが火山の噴火を抑えることにつながっている(食べた後の穴にマグマが流れ込み、噴火の一因であるマグマの圧力が下がるため)ことから現地の人々からは益獣、転じて火山の噴火から人を助ける守り神「火の国の使者」として言い伝えられ、古文書にも存在が記載されている。
劇中ではニューギニアの伝承の怪獣と言われているが日本にあるはずのグランドーム付近に姿を現していることから実際の生息・行動範囲はかなりの広域に及ぶ模様。

口から火炎弾を放射するがあくまでも身を守るための武器であり、性格は大人しい。
変成岩を食べることに夢中になり、グランドームの地下にまで接近してしまったために地上付近の寒さから風邪を引いてしまい、地下シャフト付近で動きを止め、2500度にまで上昇した体温の影響で基地内部を冬にもかかわらず酷暑で覆い尽くした。

さらにスーパーGUTSが病気に気づかず(というか、生態もろくにわかっていない、しかも体温が摂氏4桁という人間からすれば常識外も甚だしい生き物の平熱を推し量れというのが無理な話なのだが)、単純にその高温を何とかしようと冷却作戦によって対応したために冷却ガスを吹きつけられるわ放水作戦で頭から水を浴びせられるわとさんざんな目にあい、結果として病状が悪化し体温が3000度にまで急上昇してしまう。
ウルトラマンダイナとの戦闘中にくしゃみをしたことからようやく風邪をひいていることナカジマ隊員に知られ、地底に返してやってくれという頼みを聞き入れたダイナミラクルタイプのウルトラサイキックで人のいない火山火口に送り返された。

こうして基地内の気温は戻ったものの、今度はスーパーGUTS隊員が急激な温度変化に耐えきれず風邪をひいてしまった。

余談

ウルトラマンオーブ』のメイキング映像にて、「発熱ジェッタ3000度」というセリフが搭乗している。

関連タグ

ウルトラマンダイナ ウルトラ怪獣 灼熱
ザンボラー…似た能力の怪獣。
ゴモラ…同じくソドムとゴモラが由来の怪獣。

pixivに投稿された作品 pixivで「超高熱怪獣ソドム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2392

コメント