ピクシブ百科事典

ユニジン

ゆにじん

ウルトラマンマックス第26話「クリスマスのエリー」に登場した神話の幻獣。
目次[非表示]

人は一生のうち幾度かの奇跡に出会う。これはエリーとクリスマスのちょっとした奇跡のお話。

データ

  • 別名:神話の幻獣
  • 体長:47メートル
  • 体重:3万6千トン
  • 出身地:時空間
  • デザイン:さとうけいいち


概要

時空を移動する能力により過去から未来へ様々な時空を飛び回っていて、12年に1度の12月24日の夜、ほんの数秒間だけ「今」を通過する為にその姿を現さす幻獣。通過した時には赤い実(イイギリの実)を残していく。捕獲するにはトネリコの木の枝が必要不可欠で、東西南北にトネリコの木の枝を立てておいた空間から脱出できなくなったところをクリスタルに封印する事で捕獲できる。

実在した場合、周囲のもの全てが時空の狭間に巻き込まれて消滅するという定説により、学会からもその存在を認められていなかったが、ペテン師と呼ばれてもなおその生涯をかけて追い続けた古理博士と、クリスマスの街にプレゼントを買いに行くショーンとコバに同行したエリーが回り逢った事で、ちょっとした奇跡の物語は始まる。

古理博士が探知機でユニジンを探していた際、「ここです」とエリーが指差した場所にユニジンが一瞬姿を現した。12年前にアイルランドで一瞬ユニジンを見る事ができた博士は「捕まえなければその間に心臓が止まってしまう」と言ってエリーに人助けと納得させて二人は協力してユニジンを捕まえる事になった。

博士の設置した装置にユニジンが飛びこんできて捕獲されたが、ユニジンが長時間同じ時空にとどまり続ける事によって周囲が時空の狭間に巻き込まれ始めてしまう。ウルトラマンマックスがバリアを張る事で一時しのぎしていた時、博士はユニジンを捕えている空間を形成していたトネリコの木の枝を引き抜いてユニジンを解放し、時空の崩壊は防がれた。そして・・・時の中を走っていた方が幸せだと言う博士の目には、12歳の時に初めてユニジンを見た時と同じく、赤い実が残されていた。

エリーは、「博士に木の実を渡す為にやってきたのでは」と予想し、嬉しいと言う感情とクリスマスは誰かを喜ばせたい日なのだと理解した。

えりくりー



余談

デザインのさとうけいいちによると、大人にはトラウマギエロン星獣。子供には身近なポケモンに見えるようなバランスになるようにデザインしたという。

関連タグ


関連リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「ユニジン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3716

コメント