ピクシブ百科事典

イダテンラン

いだてんらん

イダテンランとは、ウルトラマン80に登場する怪獣の名称である。
目次[非表示]

データ

  • 別名: マラソン怪獣
  • 身長: 52m
  • 体重: 2万t
  • 出身:死神山
  • CV(演):小林聖和


概要

ウルトラマン80』第48話「死神山のスピードランナー」に登場。

死神山の棲んでいると言い伝えられている神様で、地元では大好物の山芋や大根を備えて崇められており、そのお礼としてマラソン小僧の姿に化身して年に一度を走り抜け、その姿を観ると病気が吹き飛ぶ(治る)として非常に敬われている。

根は良い奴で性格は優しく普段は大人しいが、一度怒ると本来の姿である怪獣の姿となり暴れ回って手が付けられなくなるが、昔、山犬に足を噛まれて以来トラウマを大の苦手としている。

足の速いものと一緒に走るのが何よりも大好きで、中学対抗マラソン大会を見物する為にへと降りて来ていたが、その際に(本人には悪気はなかったが)マラソンランナーを次々に故障させてしまい、それを観た星雲中学校の校長に唆され「死神走太」と名付けられ、学校の名声に利用される羽目となってしまった。

イダテンラン時にはから風速60mの突風を吐き、走る際の衝撃波で攻撃するほか、相手の周りを走りまわって竜巻の中に閉じ込める事もできる。

自分が利用されているとも知らずに星雲中学校に招かれた際に友達になろうと生徒たちに話しかけた際にからかわれたた事に腹を立てての市街地でひと騒動を起こした後、暫く姿を隠すが、翌日、人間態の姿でマラソン大会に出場しの友人である辰己正夫と互角の良い勝負を展開する。

しかし自身の学校の名声しか考えていないバカ(星雲中学校)が辰己少年を潰すために連れて来た猛犬ドラゴンに驚き本来の姿へと戻ると、怒りのあまりに我を忘れて自分を酷い目に会わせた校長を吹き飛ばした後、暴れ回るが、最後は80の『リングリング光線』を受けて人間態の姿に戻され正気を取り戻し、80に一言謝ると大人しく死神山へと帰っていった。

関連項目

ウルトラマン80 ウルトラ怪獣

pixivに投稿された作品 pixivで「イダテンラン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 516

コメント