ピクシブ百科事典

アルゴ星人

あるごせいじん

アルゴ星人とは『ウルトラマン80』に登場する宇宙人の名称である。
目次[非表示]

データ

登場作品『ウルトラマン80
第27話『白い悪魔の恐怖』登場

別名:泡星人
身長:2~45メートル
体重:59キログラム~6万トン
出身地:アルゴ星
演:睦五郎

概要

100万年以上昔、ブラックホールと化し滅んでしまったアルゴ星からやって来た宇宙人。

元々は平和的な種族だったらしいが、母星が滅んで以降、食料である炭酸ガスを求め宇宙を彷徨い続けた結果、性格も荒んでエゴイスティックと化してしまい、他の知的生命体の知能を吸い取ることにより高等な生物へと進化する野望を持ち、他の星の知的生命体の頭脳を食す怪物へと化してしまった。特に右脳が大の好物。

他の生物の知能を吸収し続けた結果、肉体を持たない精神生命体に進化しかけており、地球人の若いエネルギーに目を付け、宇宙生物学の青山博士を唆し(博士も星人の持つ知識を求めて協力してしまったが…)、彼に憑依して地球に侵入、宇宙を移動するための宇宙服でもある特殊な泡を体から放出し、その中を移動しながら次々と人々を襲い、溶かして拉致し、その知能を吸い取ることにより高等生物の進化の終局点である精神生命体へと昇華しようと目論む。

地球上では泡の中を移動したり、人間に憑依することで活動を行うがが星人の姿をしてしまうため、見分けることが可能である。

多彩な能力の持ち主であり、上記の宇宙服を兼ねた特殊な泡で生物を溶かしてしまうほか、自身に纏わせることで巨大な怪獣じみた姿と化して実体できるほか(その際にだけ本来の姿らしき姿が確認できる)、高い戦闘力を持っており、目から放つ怪光線、背中からのロケット弾膜、口から溶解性の高い泡を吐くことでき、これらの能力を駆使することで80を大いに苦しめた。

ただし、強烈な光には大変弱い種族であるため、青山博士に憑依していた際、カメラの光に怯んでいた事を思い出した80にその弱点を悟られてしまい80が放った強烈な閃光を浴び怯んだ隙にサクシウム光線を打ち込まれ、全身から泡を放出しながら絶命、消滅した。また、水を掛けられると体を覆う泡状の物質が流れていってしまう。

ウルトラマンボーイのウルころ』では名前のみが登場。ウルトラマン80を付け狙うケットル星人に80が通過するポイントを教えるが、間違ってケットル星人がアルギュロスの化けたニセウルトラマン80を襲った為、本物を取り逃がしてしまう。

関連タグ

ウルトラマン80 ウルトラ怪獣 

関連記事

親記事

ウルトラマン80 うるとらまんえいてぃ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アルゴ星人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30536

コメント