ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

データ

泡星人 アルゴ星人

登場作品『ウルトラマン80

第27話『白い悪魔の恐怖』登場


別名:泡星人
身長:2~45メートル
体重:59キログラム~6万トン
出身地:アルゴ星
演:睦五郎

概要

100万年以上昔、ブラックホールと化し滅んでしまったアルゴ星からやって来た宇宙人。


元々は平和的な種族だったらしいが、母星が滅んで以降、食料である炭酸ガスを求め宇宙を彷徨い続けた結果、性格も荒んでエゴイスティックと化してしまい、他の知的生命体の知能を吸い取ることにより高等な生物へと進化する野望を持ち、他の星の知的生命体の頭脳を食す怪物へと化してしまった。特に右脳が大の好物。


他の生物の知能を吸収し続けた結果、肉体を持たない精神生命体に進化しかけており、地球人の若いエネルギーに目を付け、宇宙生物学の青山博士を唆し(博士も星人の持つ知識を求めて協力してしまったが…)、彼に憑依して地球に侵入、宇宙を移動するための宇宙服でもある特殊な泡を体から放出し、その中を移動しながら次々と人々を襲い、溶かして拉致し、その知能を吸い取ることにより高等生物の進化の終局点である精神生命体へと昇華しようと目論む。


地球上では泡の中を移動したり、人間に憑依することで活動を行うが影が星人の姿をしてしまうため、見分けることが可能である。


多彩な能力の持ち主であり、上記の宇宙服を兼ねた特殊な泡で生物を溶かしてしまうほか、自身に纏わせることで巨大な怪獣じみた姿と化して実体できるほか(その際にだけ本来の姿らしき姿が確認できる)、高い戦闘力を持っており、目から放つ怪光線、背中からのロケット弾膜「激烈光弾」、口から溶解性の高い泡を吐くことでき、これらの能力を駆使することで80を大いに苦しめた。


ただし、強烈な光には大変弱い種族であるため、青山博士に憑依していた際、カメラの光に怯んでいた事を思い出した80にその弱点を悟られてしまい80が放った強烈な閃光を浴び怯んだ隙にサクシウム光線を打ち込まれ、全身から泡を放出しながら絶命、消滅した。また、水を掛けられると体を覆う泡状の物質が流れていってしまう。


その他の作品での登場

ウルトラマンボーイのウルころ』では名前のみが登場。80を付け狙うケットル星人に80が通過するポイントを教えるが、間違ってケットル星人がアルギュロスの化けたニセウルトラマン80を襲った為、本物を取り逃がしてしまう。


ウルトラ忍法帖輝』では「刻遡闇還の法 お頭が消える!?」にて朧党の忍獣・亞瑠呉として登場。体から発する呪術が仕込まれた泡で相手を若返らせ、最終的には存在を消失させる「刻遡闇還(こくそおんかん)の法」という技を持つ。

首領の命によりゾフィーの暗殺に赴くが、ゾフィーのM87光線を食らい返り討ちに遇う。

だが死に際に刻遡闇還の法を唱え、ゾフィーを若返らせることで間接的な暗殺を謀るが、墨海上人の助けを借りたマンによってゾフィーの魂を産浄界から返還され、元の姿に戻されたため暗殺は失敗に終わった。


関連タグ

ウルトラマン80 ウルトラ怪獣 

関連記事

親記事

80怪獣 えいてぃかいじゅう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35806

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました