ピクシブ百科事典

概要

の一種。
別名ドウクツグマ。
体長3m。
食べ物は植物 昆虫類サケ等。
生息年代は更新世後期。
ヨーロッパアジアに分布。

外見は現生の ヒグマに似ており、それ以上に大きな体をしていた。これは氷期の寒い時代に生きるために体を大きくしたものと考えられる。恐らく、知られているクマの中では最大級である。主な特徴は長い犬歯を持ち、が突き出ていて、がかなり盛り上がっていた。

このホラアナグマの化石洞窟で多く発見されることからこの名前が付いたのだが、これは洞窟の中で冬眠をする際に雪解け水が洞窟に流れ込んで溺死したといわれている。また当時の洞窟を住居にしていた人類がこのホラアナグマを食料としていたので、
その残りのが洞窟で化石になったという意見もある。

近年、気候変動よりも人類の拡散によって洞窟を巡った人類との争いが激化したことが示唆されてお、約2万4千年前と、他の大型生物よりもかなり早く絶滅したことが考えられている。

最近、ホラアナグマのDNAを持つヒグマがヒグマ全体の3%未満存在すると特定されたことにより、異種交配していたと判明した。絶滅種のDNAが現存種から見つかるのは、例えば他にヨーロッパバイソン (オーロックスとステップバイソン)などがある。

関連タグ

 古生物 絶滅動物

関連記事

親記事

クマ属 くまぞく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ホラアナグマ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 66

コメント