2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

Pokémon LEGENDS アルセウス』に登場するキャラクター。英語版の名前は「Laventon」。
別の地方からヒスイ地方へやってきた、今作におけるポケモン博士
顎下まで覆うタイプのラベンダー色のニット帽を被った頭が特徴で、名前の由来もそのまま『ラベンダー』からと思われる。

ギンガ団の調査隊に所属しており、ポケモンの生態を研究しながらヒスイ地方のポケモン図鑑完成を目指している。
そして研究のため他地方から連れてきた3体のポケモンが逃げたのを追いかけている中、海岸に現れた主人公を見つけた。

丁寧な言葉遣いを絶やさない温和かつ脳天気な性格。
時代背景の価値観に合わせて「ポケモンは危険な存在」という発言をしているが、彼自身はポケモンの持つそれ以外の面も理解している。胡乱な経緯を持つ主人公も、ポケモン達が惹かれたという理由で信用した程。

しかし同時に客観的な思考ができる切れ者で、自他の喜怒哀楽といった心の動きを大切にしながらも、目の前にある状況・現象などの『事実』こそが絶対であるという学者としての冷静さを兼ね備える。
そのため、原因が不明瞭な道理に反する事態には人一倍敏感。

あまり注目されていないが、ポケモン図鑑作成にあたって主人公がつかまえたポケモンを調べるわけだが、どうやら(結果的に)体当たりな調査・研究をしているらしい。
例えば『レアコイルの磁力は強力で研究機器を壊す』とあったり、『スカンプーの悪臭を嗅ぐと記憶が飛ぶ』と書かれていたり、他にも自分の故郷に思いを馳せたりなどその内容は様々。

彼のポリシーを踏まえるなら、人から伝え聞くだけでなく、実際に資料となる文献や情報などを調べた上で体験していると考えるべきだろうか。事実ハリーマンやヒコザル等は、更に旧い時代の異名まで記載されている。
1種類ポケモンを調べるごとに相当な苦労が垣間見える血と汗と涙の結晶、たまにはじっくり目を通してあげよう。

また、こちらもあまり話題になっていないが、図鑑にはポケモンの持つタイプがちゃんと記載されていることから、オーキド博士に先駆けてポケモンをタイプで分類するという分類体系の方法を確立していたと考えられる。当時は彼の業績がそれほど重要なものとして評価されずに一度忘れ去られ、後世、オーキド博士の研究によって再発見されたと考えるのが自然だろうか。

余談

出自については明言されていないが、感情的になると英語で話す事がある他、彼の手で書かれたと思われる図鑑説明文の「故郷にダイオウドウがいた」という情報、黒板に書かれている文字の形状などからガラル人ではないかと思わており、容姿的にはホップ及びダンデ兄弟と似ている。

ただしダイオウドウはガラル外から連れてこられた外来種とされているため、彼の時代には既に土着までしていたという事だろうか。
また、彼の手で書かれたと思われる図鑑説明文には、「故郷では決闘の申し出にロゼリアの棘を送る古い習わしがある」という情報もあるが、このような風習が現代のガラルにあるかどうかは不明。

気になる子孫の存在だが、ラベン博士は本作の中でも露骨に過去作のキャラクターを意識したデザインではない。セキ同様どんな意見も憶測の域を越えていない事は留めておこう。

ラベン博士はベースキャンプに必ず滞在しているという仕様上、主人公がどれだけ早く別のベースキャンプに移動しても絶対に先回りしているというこの手の作品ではあるあるなネタもきっちり完備している。

モチーフは“Boys, be ambitious.(少年よ、大志を抱け)”で有名な札幌農学校(現・北海道大学)の初代教頭ウィリアム・スミス・クラーク博士と思われる。ただし、クラーク博士自身はアメリカ人である。

関連タグ

ポケモン LEGENDSアルセウス ギンガ団(ヒスイ) ポケモン博士

関連記事

親記事

ポケモン博士 ぽけもんはかせ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ラベン博士」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ラベン博士」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3179393

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました