ピクシブ百科事典

西日本豪雨

にしにほんごうう

2018年7月、近畿および中国地方で発生した豪雨災害の通称。正式名称は「平成30年7月豪雨」。
目次[非表示]

概要

2018年7月上旬、近畿中国地方への豪雨、それによる倒壊、死者、行方不明者を含む災害

6月28日から7月8日頃にかけて、梅雨前線や台風7号の影響で北海道、中部、中国地方、九州北部で多量の雨が降っていた。
特に7月6日から9日にかけては梅雨前線の停滞で激しい雨が降り、6日に長崎、福岡、佐賀、広島、岡山、鳥取、、京都、兵庫に大雨特別警戒警報が発令され、7日は高知、愛媛に発令された。

この結果、広島・岡山・愛媛県は土砂崩れや洪水で特に激しい被害を被り、200名以上が死亡する大惨事となった。
産業にも大きな影響があり、特に中国・四国地方の名産である果物をはじめとした農業には甚大な被害が起きた。
海に泥や瓦礫が流れ込むことによる、牡蠣養殖などへの漁業被害も大きくなっている。
鉄道も広範囲で寸断され、山陽本線山陰本線呉線芸備線などが土砂崩れなどで寸断されるなど、大きな被害を被った。
特に、物流の要とも言える山陽本線が寸断されたことにより、大打撃を受けているほか、芸備線では三條川にかかる橋脚が流されるなど、全線にわたり被害を被ったため、復旧に1年以上かかるとされている。

豪雨明けは一転して猛暑が続き、体育館などに避難している被災者を苦しめるばかりでなく支援のボランティアなどにもダメージを与えており、被災者やボランティアが熱中症で搬送されたり、流れてきた泥が乾燥して飛び散り目の中に入るなどして結膜炎にかかった者も続出した。

何か支援をしたい方に

他の大規模災害にも言えることだが、現地の状況は刻一刻と変化しているため災害ボランティアに行きたい時は現地自治体公式サイトや社会福祉協議会サイトを確認すること。

今回の被害地は泥が乾いた土埃も激しく、夏の暑さも厳しいため十分な装備を持っていき、現場リーダーの指示をよく聞いて無理のない作業をすることが大事である。
上記のような状況なので、目を守るゴーグルもあった方が望ましい。
体力のない人には非常に厳しい環境なので、装備がきちんと準備できない人は地元にとどまり義援金やふるさと納税、アンテナショップなどで被災地にお金を落としたほうがいい。

また、同じ被災地として報道されている市内でも被害がほとんどなかった倉敷市中心部の観光地と、甚大な被害を被った倉敷市真備地区のように地域によって大きな差がある場合も多い。
被害のない観光地に遊びに行くのも支援の一つである。

外部サイト

全社協 全社協 被災地支援・災害ボランティア情報
ボランティア希望者はリンク先のPDFファイルを熟読のこと。

義援金受付

関連タグ

災害派遣 水害

pixivに投稿された作品 pixivで「西日本豪雨」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9883

コメント