ピクシブ百科事典

没モンスター

ぼつもんすたー

没モンスターとはコンピューターRPGなどでデザインされたものの、諸事情から没となったものである。
目次[非表示]

概要

没モンスターとは、コンピューターRPGなどでデザインされたものの、ディレクタープロデューサーのイメージと異なったり、スタッフ間での打ち合わせの結果、没となり未登場になったモンスターである。

明確な没の理由としては、単にクオリティが低い、世界観にそぐわない、差別的な表現を含んでいるなどがあるものの、登場機会を逃した、プログラムミスで登場できなかったというケースもある。(設定ミスの場合、特定の条件下で出現させる方法があるゲームもある)
その他ファミリーコンピューターなどの家庭用ゲーム黎明期には、容量の関係から入れたくても入れられず削除されたものも多かった。

また、デザイナーの不勉強から他作品のものにそっくりになってしまった。もしくはオマージュの度合いを誤りパクリ扱いされ、近年であれば炎上の可能性があるものも没とされる。

運よく設定資料集が発売されているゲームでは、日の目を見て没も致し方ないと評されるものがある一方で、採用した方が良かったと評価されているものも多数存在する。

近年データ解析が行われるようになり没モンスターのグラフィックや、ステータスなどのデータが発見されており、一部ゲームではチートで出現させた動画が動画サイトに投稿されている。
ちなみにこのような没データが開発中に消去されず残っている理由としては、消去するプロセスでヒューマンエラーが起これば新たなバグが発生する原因になりかねないためである。

作品に人気が出て続編が製作されたり、リメイクされた場合、これらの没モンスターが復活する場合もあるが、反対に時代の変遷から名称の変更、キャラクターの差し替えなどにより没となったモンスターも存在する。

関連作品の例

ドラゴンクエスト

ドラゴンクエスト』シリーズは開発期間が長いこともあり、開発中に発表された鳥山明によるデザイン画のモンスターが製品版では未登場になったこともある。それにより没モンスターが多いことで有名で、pixivでこのタグがついた作品の多くを占める。
メイン画像のガスドラゴンようにpixivではドット絵作成ツールで再現されたネタ画像もいくつか投稿されている。

ゾーマが あらわれた!
ドラクエ ドット絵/24 ボツモンスター
ドラクエ ドット絵/33 ボツモンスター
ドラクエ ドット絵/43 ボツモンスター


※例:左からゾーマ変身後案、アーサーシオン、ミノタウロスマクロベータ初期案

【関連項目】(没モンスターや元・没モンスター)
まだらぐも オクトリーチ デンタザウルス だいおうイカ シャーマン(DQ) レイギガース ディゴング トドマン エレフローパー ポイズンリザード エビルアングラー ミミック リザードマン(DQ)

ロマンシングサガ3

ロマンシングサガ3』にはプログラム上の理由で出なかった事実上の没モンスターが多い。攻略本には載っていたため、未確認生物さながらのレアモンスターとして存在が知られていた。
⇒詳しくは「アスラ(ロマサガ3)」の記事を参照。

【関連項目】(配下や同系統に没モンスターがいる敵)
アウナス ビューネイ アールヴ(ロマサガ3) ベラドンナ(ロマサガ3) ヤミー ドラゴンルーラー

女神転生シリーズ

世界中の神話伝承に登場する幻獣ネタ創作も含む)を、すべて悪魔(魔獣)として登場させるという設定の関係で、宗教上のタブーやグロテスクな表現になるのを避けるために、デザイナーの独自解釈やパロディ要素が多く含まれている。そのためセウト気味なデザインも多いため没モンスターも多いと思われる。
しかし任天堂のチェックで没になると予想されていた魔王アリオク魔王マーラに、OKが出されるというミラクルもおきている。
開発中の画面に登場したものとしては『女神転生Ⅱ』では剣を持った動的なハヌマーンヴィシュヌをベースにしたものに変更。『旧約・女神転生』としてリメイクされた際にドクターバクタスチーブンに変更され、歩き回る脳みそである狂人キンズヘッドが没になった。
真・女神転生』ではドット絵サイズが大きいゾンビコップや、製品版とは違うサイクロプスアサシンの原型のような悪魔が雑誌写真に掲載されている。またデザイン画が残されているもので天魔王、ガープは没になったが、女郎蜘蛛(女性部分がアマテラスに)、クルセイダー、ロボアーミー、せんきょうしなどはPCエンジン版で登場した。
デビルサマナー』では首吊りの女神イシュタムがデザイン変更され、電気椅子をモチーフにした悪霊スパーキーが没になり、公式イラストやリメイク版で邪龍トウビョウの入った瓢箪に書かれた「大関」の文字や、魔王ラーフ角の形状が変更になった。

ゾンビマウス(PCエンジン版)
デモンダック(PCエンジン版)


例:『真・女神転生』の「T.D.L.」に登場したもの
SFCではもっとモロなデザインがロム内に残っており、PCエンジンにリメイクされた際には上イラストにデザインを変えて登場している。

その他の没モンスターの例

MOTHERピッピ(MOTHER)
MOTHER3ゆげ2
wizardryオルクス
風来のシレンパルテノス
ポケットモンスター没ポケモン 
ロマサガ1ミミック
ロマサガ2 → 首領(武装商船団の同系)
メタルマックス2ロドリゲス(メタルマックス)ガルシア(メタルマックス)に変更)
メタルマックス3金輪際ゴーストメタルマックス2リローデッドで復活)
サンサーラ・ナーガ2 → 通常出現しないマカラや、PVのみ出演のサラマンダー(リメイク版で登場)、公式画と製品版が異なるミズチクラビペリカンなどがいる。

関連タグ

没データ 没デザイン 没キャラ モンスター ロールプレイングゲーム 

色違い 自主規制 初期設定 著作権 パロディ
  
クアルセプス ビホルダー マインドフレア 

ドラゴンクエスト ファイナルファンタジー 女神転生 ペルソナ Sa・Ga メタルマックス ヘラクレスの栄光 摩訶摩訶 イデアの日 サンサーラ・ナーガ2 BUSIN

関連記事

親記事

ロールプレイングゲーム ろーるぷれいんぐげーむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「没モンスター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2535

コメント