2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

私はムシけらに倒される定めなのか・・・


概要

CV:青木瑠璃子LoV
舞台版演者:片山萌美

魔龍公ビューネイ。『ロマンシングサガ3』に登場するボス
名前の元ネタはソロモン72柱の一体ブネ。日本語版では四魔貴族で唯一、元ネタからアレンジされた名称だが、海外版ではそのまま「Buné」表記となっている。
ブネの姿は、人間、グリフォンの頭を持つドラゴンとされ、後述のビューネイの幻影および親衛隊と共通点がある。
アビスの魔物を率いる四魔貴族の紅一点で、タフターン山に開いたアビスゲートに自身の幻影を遣わしている。
かつて宿命の子である魔王の配下として空を支配したが、次に現れた宿命の子・聖王と巨竜ドーラが協力して空中戦を挑み、敗北したビューネイは本拠アビスに追い返された。
主人公たちはタフターン山を登って彼女にたどりつくか、ドーラの子グゥエインと協力し、雲の上で彼女と戦うかを選ぶことができる。
グゥエインと一緒にビューネイを撃破すると、悲劇的なイベントが起こることになる。
それは母ドーラもたどった道であった。

ビューネイの幻影は三頭の怪物と一体化したような美女の姿をしている。
ダメージを与えていくと、怪物の頭の一つ一つが、赤子の形に変化していく。
本体は霊体かエネルギーのような怪物を身にまとわせた和風な装いの金髪美女である。
ロードオブヴァーミリオンⅡ』以降のLoVシリーズ作品(『IV』除く)にも登場しており同作でのイラストがイラストレーター自身の手でpixivに投稿されている。

LoV_ビューネイ



プロフィール

『ロードオブヴァーミリオン』において、原作では明らかにされなかった情報が開示された。
初出のVer2.5収録時のカード裏によると「仮の姿」は「三首龍」、つまり幻影時にも見える女性の姿は二段重ねの幻か、LoV世界のヴィーナスが持つような一種の「器官」ということになる。限定のSP(スペシャル)カードのフレーバーテキストでは聖王と共に彼女と戦った巨竜ドーラが「竜の姿を真似ただけの悪魔ビューネイよ」と述べている。
蓄財術の知識を持ち、LoVⅡSPカードによれば新生児を生け贄に求める危険な存在である。Ver3.2のカード裏によると飛行時の最高速度はマッハ3,5。性別は「なぜか女性」とされている。他の四魔貴族のカードでは性別について語られておらず、これが何を意味するかは不明である。

LoVⅡではプロフィール欄に「ソロモン柱」という科目があり「第26柱」とされる。これは元ネタの悪魔の『ゴエティア』での記載順と一致する。LoVシリーズにはソロモン72柱モチーフのオリジナルの使い魔たちが登場しているが、彼等と関係があるかは不明。

備考

彼女を倒すと、ミカエル編・モニカ編以外ではロアーヌ宮殿に入れなくなり、ミカエル・モニカを仲間に加えられなくなる。
ユリアン編・カタリナ編の場合、エンディングの変化条件にも関わる為、倒すタイミングには考慮する必要がある。

配下

  • ビューネイ三魔/ビューネイ親衛隊
    • タフターン山の中ボスとして登場するモンスター達。ビューネイドッグ、ビューネイバード、ビューネイベビーの3体。倒すと「蒼龍の鎧」を入手できる。しかし戦う事なくグゥェインと協力してビューネイを倒した場合、3体とも消滅してしまい、鎧も入手できなくなる。なおファンブック『練磨の書』では総称が「〜親衛隊」になっている。


  • デビルリーダー
    • ミカエル編のみ登場することがある。グゥエインもしくは、ビューネイ以外の魔貴族を誰か1人でも倒すと、このデビルリーダーが司令官を務める部隊とのマスコンバットが発生する。通常の戦闘にはならないため、容姿は不明である。

  • ビューネイの精
    • 同じくミカエル編のみ戦える。上記のマスコンバットに敗北した場合、集団でロアーヌの城下町を襲撃する女性モンスター。能力は低い。練磨の書にはなぜか掲載されていない。没モンスターでさえ載っているのだが…

関連イラスト

ビューネイ
魔龍公 ビューネイ
ビュー姐さん
センシティブな作品


関連タグ

ロマンシングサガ3 四魔貴族 アウナス アラケス フォルネウス

関連記事

親記事

四魔貴族 よんまきぞく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ビューネイ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ビューネイ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 684304

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました