2022年7月7日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

上(メイン画像)が本体、下が幻影の姿

【ロマサガ3】四魔貴族(影)


概要

ロマンシングサガ3に登場する敵キャラ。
同作における「四天王」ポジションのボスたちである。
メンバーは「魔戦士公アラケス」「魔龍公ビューネイ」、「魔海侯フォルネウス」「魔炎長アウナス」。
名前はソロモン72柱からとられているが、日本語版のみビューネイはアレンジされた名称となっている。
ロードオブヴァーミリオンⅡ以降のLoV作品にも後述の本体をベースにした姿で登場している。

アビスと呼ばれる異世界の住人であり、宿命の子である魔王がこちらの世界と通ずるアビスゲートを開き、彼らを従えた。
魔王が居なくなった後も彼らは地上に残り続けたが、次に現れた宿命の子・聖王により、アビスに追放される。

そして物語開始の15年前、新たな宿命の子出現の兆である死食が起こり、その影響で完全ではないもののアビスゲートが開いてしまう。ゲートの開放が中途半端なために本体を通過させられないため、
四魔貴族は自らの幻影を各地のゲートに配し、アビスゲートの完全なる開放の布石としている。

幻影を倒した後、本体を倒すかどうかは任意だが、ここで本体を倒しておかなければ最終ボス『破壊するもの』が強化される。
ちなみに、読みは「よんまきぞく」、「しまきぞく」のどちらでも良い……との事だったが、リマスター版の発売に併せて、公式で読み方を『よんまきぞく』と正式に決定した。

書籍『ロマンシング サ・ガ大全集』によれば、魔王が消えた後世界を支配したが、人外の存在に過ぎないため世界征服に興味は無く、城に引き籠って戯れに人間を苦しめる程度だったという。
ファンブック『練磨の書』によれば、幻影は魔貴族本人の理想の姿を具現化したものとの事。

インペリアルサガ

これまで四魔貴族はその性格が語られることはほとんど無かったが、本作にて詳しいやり取りがいくつか登場している。

ロードオブヴァーミリオン

『ロードオブヴァーミリオンⅡ』から参戦。現時点で最新の作品である『』には登場しなかった。
CVはビューネイが青木瑠璃子で、他は全員杉田智和が担当している。

カード裏において、魔炎長アウナスのみ不明だった爵位が「総裁」である事や、四大元素(Element)との対応(アラケス=Earth、ビューネイ=Air、フォルネウス=Water、アウナス=Fire)など、原作で語られなかった設定が開示された。
またⅡではプロフィール欄に「ソロモン柱」という科目が設けられておりそこに書かれた「第○○柱」の数字は各元ネタ悪魔の『ゴエティア』での記載順と一致する。
同シリーズではソロモン72柱モチーフのオリジナル使い魔が登場するが、彼等との関係は不明。Ⅲではこれらオリジナル使い魔たちは「ソロモン」のタイプで括られたが、四魔貴族は「ロマンシング サ・ガ3」と括られている。
また「ソロモン」タイプの使い魔はカード裏での科目が「序列」となっており「○○番目の(爵位)」という形式で書かれているという違いがある。
他のスクエニ作品を原典としつつLoVの世界観に取り込まれたオーディン等と異なり、四魔貴族勢は外部出典作品コラボ使い魔である事を示すSTRANGERの扱いとなっている。LoV世界側には別個にアラケス、ビューネイ、フォルネウス、アウナスに相当する「ソロモン」タイプの悪魔がいるのかもしれない。同名の人間(他人)という関係性であるが、LoV世界グラブル世界の双方が存在する「カリオストロ」の前例もある。

関連イラスト

四魔貴族

ひま貴族

関連記事

親記事

ロマンシングサガ3 ろまんしんぐさがすりー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「四魔貴族」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「四魔貴族」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 722471

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました