ピクシブ百科事典

ミカエル・アウスバッハ・フォン・ロアーヌ

みかえるあうすばっはふぉんろあーぬ

ミカエル・アウスバッハ・フォン・ロアーヌとは、スーパーファミコンソフト『ロマンシング サ・ガ3』の主人公の一人である。
目次[非表示]

肩書

ロアーヌ侯爵、27歳、男性、宿星:鎮星

概要

舞台版演者:中村誠治郎

物語の出発点となる国「ロアーヌ侯国」の王。
亡き父の後を継ぎ、民を守るためにある時は軍を率い、またある時は自ら忍びで街に出て侵略者と戦う(その場合は自室に影武者を必ず配置していく)。

家臣であるゴドウィンが反乱を企てていることを父の生前から感づいていたらしく、ゴドウィンを敢えて泳がせて反乱を起こさせ、彼に与した勢力を一気に片づける算段を立てるなど非常に計算高い一面もある(このことは彼を主人公にした場合のみ明かされ、それを聞いたハリードからは『恐ろしい人だ』と評されている)。
妹であるモニカとの兄妹仲は基本的には良好だが、その一方『私が死ねばあれも生きてはおれぬ身よ』と発言したり、ゴドウィンの反乱をモニカが知らせにきたことに関しては全く計算に入れていなかったりと、妹のことをは大事に思っていると同時に若干モニカを軽く見ている節があり計算高いミカエルも妹の大胆な行動力は読むことができない様子。
ちなみにミカエルを主人公にした場合はモニカをパーティに入れることは不可能である。

「その主人公でないとプレイできないイベント」が最も充実している人物でもあり、政治コマンドは彼でしか実行できない。
しかし施政イベントは色々と難しく、金もかなりかかるので慣れるまでは結構な時間を要する。

彼を主人公にした場合最大のメリットは武器・防具開発を進めやすいという点だろう。
というのも開発は他の主人公の場合は進めば進むほど二度と入手できない、もしくは手に入りにくいレアアイテム(いん石のかけらなど)を開発材料にしなければならず、しかも開発を進めようにも材料がないので一向に進まず強力な武器が手に入らないという事態が発生する。
だがミカエルを主人公にした場合は銀行から金を引き出せないというデメリットがある代わりに、施政イベントで武器・防具それぞれ一回5万オーラムのコストで開発できる。
しかも資金で開発する場合はその武具開発に必要な材料が一切不要
そのため金さえ出せば、かなり早い内に最強クラスの武器や防具をそろえることが可能となっている(なおその場合は王家の指輪は必須)。
このため限られた数しか手に入らない防具や武器も最低でも1つは手に入れることができる。

デフォルト設定では小剣技を全て閃き得るタイプなのだが、仲間の場合は最初から太陽術を身に付けているため、結果的に閃きにくいキャラとなっている。
このためユリアンやモニカと同様、主人公に選んだ方が真価を発揮するタイプである。
ハリードやカタリナと同様に初期の時点でステータスがユリアン達やモニカよりも数段上な上、城の倉庫から武器や防具が一通りそろっているので序盤は楽。
ただしパラメータの成長率はやや遅め。

また仲間にできる時期が極めて限定されているのも難点。
なお彼はロードアーマーや生命の杖と言った貴重なアイテムをデフォルトで装備しているため、仲間にして装備だけ引っぺがされてさようならという憂き目に遭うこともしばしば。

エンディングはロアーヌの政治状態によって変化する。

その他

声優杉田智和氏は某作品のラジオ番組にゲスト出演した際、「リメイクの際にはオーディションを受けたい」と発言している。

pixivに投稿された作品 pixivで「ミカエル・アウスバッハ・フォン・ロアーヌ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20957

コメント