ピクシブ百科事典

シャーマン(DQ)

しゃーまん

ここでは、『ドラゴンクエスト』シリーズに登場するモンスターのシャーマンを紹介する。

概要

初登場は『ドラゴンクエストⅢ』。辺境の地に棲む呪術師で、祈りや踊りで奇跡を起こしている。お面をかぶった原住民みたいな外見で、上位種と違ってオリジナル版はドクロの杖を持っていないが、リメイク版以降は持っている。戦闘では主にサポートに徹し、「ベホイミ」を唱えて味方を回復させるほか、くさったしたいを呼び出してくることもある。見かけの割に賢く、HPが半分を切った仲間が居ないとベホイミを唱えない。

外伝作では「呪い」というイメージで、『トルネコの大冒険』シリーズでは呪い攻撃を使ってくることがある。ただし、イルルカ3Dでは「呪いのコツ」という特性を持ってない。また、トルネコの大冒険シリーズでは倒されてお墓になったゾンビ系モンスターを蘇らせてくる。

ちなみに、身体に邪悪な精霊を乗り移らせることができるらしいが、本編では使用しない。また、仮面の下はいつも無表情らしい。『ジョーカー2』では彼の住処と思わしき藁の家がある。

シャーマン系のモンスター

ゾンビマスター
ゾンビを操る祈祷師で、どくどくゾンビやグールに呼ばれて出現することが多い。行動はサポートがメインで、「ベホイミ」や「ザオラル」といった回復呪文を使い、「マホトラ」で相手のMPを吸い取ってくる。特にマホトラは素早い上に集団で現れることが多く、やたらしつこく唱えてくる。しかも、MPを持っていない相手には使ってこないあたりなんか悔しい。このモンスターも、くさったしたいを呼び出してくる。

マクロベータ
通常攻撃に加えて、「メラミ」「スクルト」「ベホマ」「ふしぎなおどり」「ひのいき」「仲間(くさったしたい)を呼ぶ」「逃走」と多彩な行動をする原住民。しかし、使用する特技が明らかな火力不足で、通常攻撃もマドハンドに劣る。某スレでネタにされるほどのかなりマイナーなモンスターだが、『少年ヤンガス』ではシャーマンやゾンビマスターと共に登場した。

コメント