ピクシブ百科事典

プラックス

ぷらっくす

ポケットモンスター金銀に登場する予定だった没ポケモン。カイロスの進化系。
目次[非表示]

プラックスは、ポケットモンスター金銀に登場する予定だった没ポケモンカイロスの進化系。
ここでは、後にプラックスのスロットに置き換えられたフォレトスの原型についても解説する。

概要

ポケットモンスター金銀に登場する予定だった没ポケモン。カイロスの進化系。ハサミの間にもう一本の巨大なツノがあり、顔の部分は仮面のようなデザインになっている。

基礎データ

ぶんるいおおツノポケモン
タイプむし
たかさ1.8m
おもさ80.0kg


進化

カイロスプラックス(Lv.42)

図鑑説明

あいてを はさんで ひっくりかえす。
ながく のびた ツノには
こうてつの せいぶんが ふくまれる。

備考

ポケットモンスター赤・緑』(第1世代)から登場している虫ポケモンでは、ストライクの進化系であるハッサム(開発中はシザースという名前だった)と共に、開発の段階ではカイロスの進化系として設定されていたが、開発中に没になってしまい、製品版で表に出ることはなかった。
図鑑説明では、「長く伸びた角には鋼鉄の成分が含まれる」とあるため、ハッサムと同じような進化が計画されていたのかもしれない。
ポケモンXYからカイロスメガシンカポケモンとしてメガカイロスが登場しているが、厳密な進化系ではない。

ヘラクロスとの関係

そのデザインから、同じポケモン金銀から登場するヘラクロスの元になったのではないかという説もあるが、両ポケモンのデータが共存するバージョンのロムも存在している。

プロトタイプのフォレトス

開発中のロムである「Nintendoスペースワールド'99 ベータ版」では、プラックスという名前で、鋭い目とそれ以外の箇所が松ぼっくりのような殻に覆われたデザインの、後のフォレトスのようなポケモンが登場している。かつてフォレストの原型と思われるポケモンは「イガルー」という名前でもデータ上に存在しているため、イガルーのスロットがプラックスに置き直され、最終的にクヌギダマフォレトスという進化形態になったと考えられる。

関連タグ

ポケモン/GSC/没ポケモン
カイロス
シザース/イガルー
フォレトス

関連記事

親記事

没ポケモン ぼつぽけもん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「プラックス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27

コメント