ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

宇宙開発公団

うちゅうかいはつこうだん

宇宙開発公団はメディアミックス作品『勇者王ガオガイガー』シリーズに登場する組織。

概要

 日本国に於ける宇宙開発の総本山で『科学技術庁』傘下の『宇宙開発事業団』の後継組織。『ガッツィ・ジオイド・ガード』の隊員も、表向きはこの公団の一部門の職員として名を連ねている。総裁は『大河幸太郎』。『獅子王麗雄』も表向きは科学顧問として仕事を担う。東京湾に浮かぶ『Gアイランドシティ』の中心部にある『宇宙開発公団タワー』を本拠地にするが、劇中見える方向は川崎駅方面から見える景色である。南東部にはシャトル発射基地を備える。


 公団タワー内に有る総裁室のテーブルは『GGGバリアリーフ基地』に通じる『メインオーダールーム』や『ビッグオーダールーム』への直行エレベーターとして機能しており、置物のペンギンが機動スイッチになっている。


 『』は、この公団募集から採用され、北海道から『Gアイランド』へと移り住んだ。


 ビデオ、LDの考察小冊子ではバブル崩壊不況に対する景気回復案件のひとつとしてシティの建設を推奨し、生活の場を与え活性化させる国の一大事業だったのでは?とされる。特殊法人の余剰人員の転属先として新たに創設したとも言われる。


関連タグ

勇者王ガオガイガー

関連記事

親記事

勇者王ガオガイガー ゆうしゃおうがおがいがー

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました