ピクシブ百科事典

轟龍

ごうりゅう

轟龍はアニメ「勇者特急マイトガイン」に登場するライバルメカ。本記事では同型機であるアトラスMk-IIとイプシロンについて解説する。
目次[非表示]

概要

 エグゼブの配下となったウォルフガングが開発した4段変形ロボ。マイトカイザーのドリルクラッシャーによって飛龍を失った雷張ジョーの新たな愛機。設計段階ではアトラスと仮称されていた。

 ロボットモードの他、ジェット機、ドリルタンク、基地形態へと変形するが、劇中で見せたのはロボットモードとジェットモード、基地形態のみ。飛龍同様、エレカがコックピットとの役目となっており、操縦桿も飛龍と同じくハンドルになっている。エレカの名称は「大鷲号」。グレートマイトガインと同等の能力を持ち、幾度と無く旋風寺舞人を苦しめた。

 当初、ウォルフガングが示した轟龍の設計図にはドリル頭のロボットが描かれており、これを見たエグゼブは「頭のドリルは趣味に合わないから外せ」と注文を付けた。その結果、ロボットモードで頭部に位置するドリルは変形時に脱ぐようになったものの(ロボットモードにおいてドリルの行方は不明だが、マイトカイザーのように遠隔操作で呼び出すのかもしれない)、ジェット形態では機首にそのドリルを装備する仕様のままになり、轟龍は完成した。

 だが、後にこのドリルの存在がエグゼブの最期を予言することになる。

 「だからドリルは取れと言ったのだ・・・」

 刺さったドリルの深さはスイカバーと同等であり(というか元ネタそのもの)出血跡が多いのもあってエグいものである。流石流用先の遺伝子を引き継いでいることはある。

アトラスMk-II

 傭兵部隊スイートデビル隊が使用した轟龍の強化発展型。姿は似ているがカラーリングが異なり、原型機よりいくつか変更されている所が多い(ジェット形態の機首にドリルが装備されていない等)
武器はビームサーベル、ビームグレイブ、ビームアックス等の近接武装。
(この他、ミサイルや轟龍と同型のビームライフルも装備している)

 舞人をして「スピードもパワーも轟龍以上」と言わしめる性能を持つが、パイロットの腕まではカバーできなかったようで、三機掛かりでもグレートマイトガインと轟龍のタッグには敵わなかった。

イプシロン

 公式表記は「Υ」。上記のアトラスMk-IIがブラック・ノワールが放つ「魔のオーラ」に洗礼されたもの。その恩恵により、再生能力を持つ。武器はマシンガン。




関連タグ

勇者特急マイトガイン
雷張ジョー
グレートマイトガイン

ダイアトラス
(轟龍のデザインは以前発売されたトランスフォーマー・ダイアトラスの流用)

pixivに投稿された作品 pixivで「轟龍」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26386

コメント