ピクシブ百科事典

OsakaMetro20系

おおさかめとろにじゅっけい

「大阪市営地下鉄」時代に製造され、現在は「Osaka Metro」が保有・運用している通勤形車両。
目次[非表示]

※ここではアルミ車体で製造されたグループを紹介。ステンレス車体で製造された20系電車については新20系」の記事を参照。

概要

大阪市交通局(大阪市営地下鉄)時代のの1984年に登場した。
高速電気鉄道用としては日本初のVVVFインバータ制御の車両である。

車体材質は御堂筋線10系と同様、アルミニウム合金を用いている。10系との車体面の違いは、前面では前照灯・尾灯が白枠に出て角型になっていること、前面窓周りがブラックアウト処理されていることである(10系はリニューアルの際に前面窓周りがブラックに塗装された)。側面は後期に製造された10系を踏襲しているため差異はほとんどない。

中央線に0番台が7本、谷町線に30番台が9本導入されたが、現在は近鉄けいはんな線開業に伴う高速化対応工事が全編成施工され、すべて中央線に在籍している。その改造工事でVVVF制御装置がGTO素子からIGBT素子のものに更新されている。

2014年8月21日をもって量産先行編成である2601編成が運転を終了。現在は6両編成15本が在籍。

スペック

編成6両編成
営業最高速度近鉄線内:95km/h 地下鉄線内:70km/h
設計最高速度100km/h
起動加速度3.0km/h/s(近鉄線内) 2.5km/h/s(地下鉄線内)
減速度3.5km/h/s(常用最大)・4.5km/h/s(非常)
全長先頭車18,900mm・中間車18,700mm
全幅先頭車2,890mm 中間車2,880mm
全高3,745mm
車体材質アルミニウム合金
軌間1,435mm
電気方式直流750V(第三軌条方式)
主電動機三相かご形交流誘導電動機(出力140kw)
駆動装置WN駆動
歯車比103:14=7.36
制御装置IGBT素子VVVFインバータ制御
台車インダイレクトマウント・ノースイングハンガー・軸バネ式台車
制動方式回生ブレーキ併用電気指令式ブレーキ(抑速ブレーキ付き)
保安装置WS-ATC デッドマン装置
製造メーカー近畿車輛川崎重工業日立製作所東急車輛製造


関連イラスト

大阪市交通局20系 中央線
列車風にご注意


OsakaMetro20系(中央線)
OsakaMetro20系(谷町線)



関連項目

大阪市営地下鉄 大阪市交通局
OsakaMetro 大阪市高速電気軌道
20系 新20系
OsakaMetro中央線 けいはんな線 谷町線 通勤形電車

pixivに投稿された作品 pixivで「OsakaMetro20系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 488

コメント