ピクシブ百科事典

四つ橋線

よつばしせん

大阪市営地下鉄の一路線
目次[非表示]

四つ橋線とは、大阪市営地下鉄の路線の一つ。
ラインカラーは青。ナンバリングはY(Yotsubashiより。)

路線概要

大阪市営地下鉄の中で2番目に古い。戦中の昭和17年に最初の区間が開通したが、大国町と花園町の一区間だけであり、その後、玉出まで南伸したものの、扱いは御堂筋線から飛び出た盲腸線のようなもので、実質的に現在の四つ橋線として開業したのは大国町から北に延伸て西梅田まで開業した昭和40年である。梅田に近い西梅田を起点とし、御堂筋線のすぐ西側を走る。

終点の住之江公園は、住之江競艇場(ボートレース住之江)の最寄駅のため、競艇開催時は乗客でごった返す。そのため、6両編成のうちの住之江公園寄り先頭車のみ扉が開くドアカット機能が追加されている。

御堂筋線に並行して走っており、乗り換え可能な駅も梅田(四つ橋線は西梅田)、本町、心斎橋(四つ橋線は四ツ橋)、なんば、大国町と多い(ただし、乗り換えは梅田と大国町以外は推奨されていない)。そのうち、大国町駅では御堂筋線と、同じ方向の列車に、同じホームで相互に乗り換えができる。

なお、混雑緩和のため定期券は梅田(西梅田)~大国町間内を発着、ないし経由するものは四つ橋線と御堂筋線のどちらを利用してもいい特例があり、完全に同一の難波、本町や、同一扱いの西梅田、四ツ橋などはもちろん、案内上は完全に別駅となっている淀屋橋と肥後橋も同一駅とみなしており、たとえば難波~淀屋橋間の定期券を使って四ツ橋で降りることも可能となっている(通常であれば乗車券は両線で乗車の選択は可能なのだが、定期券の場合はたとえば千里中央~住之江公園間の御堂筋線淀屋橋経由の定期券を使って、西梅田から四つ橋線に乗りかえることは不可能である)。なお、大阪市交通局では四つ橋線の利用を推奨している。

2013年に黒字転換を果たしているが、御堂筋線の黒字額の1%に過ぎない。

接近メロディーは長堀鶴見緑地線を除く他の路線と同じであるが、発車メロディーは大国町駅御堂筋線平面乗り換えの関係で逆転している。
そして「四ツ橋駅」は路線名の”つ”ではなく”ツ”である。

駅番号駅名読み乗り換え
Y11西梅田にしうめだ
  1. 大阪市営地下鉄御堂筋線(梅田駅、M16)・谷町線(東梅田、T20)
  2. JR京都線神戸線大阪環状線(大阪駅)・JR東西線(北新地駅)
  3. 阪急神戸本線宝塚線京都線(梅田駅)
  4. 阪神本線(梅田駅)
Y12肥後橋ひごばし京阪中之島線(渡辺橋駅)
Y13本町ほんまち大阪市営地下鉄中央線(C16)
Y14四ツ橋よつばし大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線(心斎橋駅、N15)
Y15なんば
  1. 大阪市営地下鉄千日前線(S16)
  2. 南海本線高野線
  3. 近鉄難波線(大阪線奈良線方面)
  4. 阪神なんば線
  5. JR大和路線(JR難波駅)
Y16大国町だいこくちょう大阪市営地下鉄御堂筋線(M21)
Y17花園町はなぞのちょう
Y18岸里きしのさと
Y19玉出たまで
Y20北加賀屋きたかがや
Y21住之江公園すみのえこうえんニュートラム南港ポートタウン線(P18)

運行・車両

運行間隔は朝ラッシュ時は2~3分間隔、日中は6~7.5分間隔、夕方ラッシュ時は3~4分間隔、夜間5~10分間隔、早朝・深夜は10分間隔である。基本的に全線通しの運転で、ラッシュ時には西梅田~北加賀屋間の列車も設定。車両はすべて23系(新20系)の6両編成。第6編成が中央線に転属し24系に編入されたため、現在は21編成が在籍。

車両基地

北加賀屋駅最寄に緑木検車場があり、車両工場も併設していて、御堂筋線の車両の定期検査もここで行われている。また、大阪市営地下鉄の第一号電車・100形もここに保存されている。
また、本町駅にある連絡線から他の第3軌条路線の列車が定期検査のために緑木検車場へ回送される。本町の連絡線は、森之宮車両工場廃止により緑木車両工場ですべての第3軌条路線の車両を検査することになったため新たに設置されたもので、これにより御堂筋線以外の路線の車両も入線可能となった。

萌えキャラ

大阪市営地下鉄では各駅に何らかのキャラクターを設定しているがこのうち、当路線の花園町駅では「花園ちゃん」と呼ばれる萌えキャラが設定されている。

花園ちゃん



関連タグ

地下鉄 大阪市営地下鉄 大阪市交通局 第3軌条 20系新20系
御堂筋線 谷町線 中央線 千日前線 堺筋線 長堀鶴見緑地線 今里筋線

四ツ橋線:誤表記。

pixivに投稿された作品 pixivで「四つ橋線」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2977

コメント