ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

江坂駅大阪府吹田市)〜千里中央駅(大阪府豊中市)間を結んでいる。ほぼ全線が高架幹線道路「新御堂筋」に沿って造られており、江坂駅にてOsakaMetro(旧・大阪市営地下鉄)御堂筋線と接続し、相互直通運転している。第三セクター会社で、全営業区間は5.9kmと短いが、準大手私鉄に分類されている。


1970年2月24日大阪万国博覧会大阪万博)に合わせて南北線(江坂駅〜桃山台駅〜(分岐点)間、5.8km)・会場線((分岐点)〜千里中央駅(仮駅)〜万国博中央口駅間、3.2km)が開業。御堂筋線をそのまま延長するだけで済まさなかったのは、

  • 当時、大阪市営地下鉄を運営していた大阪市交通局が、大阪市外の奥まで入る路線を作って、市民や議会を納得させられるのか。
  • 万博が終わってから赤字にならないか。

という事で、交通局も阪急も及び腰だったため、阪急が出資して交通局から乗り入れる形態の新会社+新路線が誕生した。会場線は万博閉幕後の同年9月14日に廃止され、同年12月15日までに撤去工事が完了。予定通りに中国自動車道の用地になった(大阪モノレールが、この路線跡に並行している)。同時に、南北線の(分岐点)〜千里中央駅(本駅)間(0.5km)が開業した。


2024年3月23日には南北線の延伸区間として千里中央駅〜箕面萱野駅(大阪府箕面市)間(2.5km)が開業する予定。


会社名の中(北大阪急行)にもあるように、この会社は阪急グループ(阪急阪神東宝グループ)である。なお、開業当時の阪急の正式名称は「京阪神急行電鉄」だった。


黒字路線で運賃も日本一安い(初乗りが大人90円)状態が続いていたが、2016年度以降は支出が収入を上回り赤字となる可能性が出たため、初乗り運賃を大人100円に改定(「100円」という金額は若桜鉄道岡山電気軌道に並ぶ)することにした。


各駅に転落防止柵(ホームドア)を新たに設置している。


実情

利用客も多いにもかかわらず、地元でも知名度は低い(とはいっても、料金が地下鉄と別に加算されるので、さすがに利用者が分かっていないような事はない)。運行面でも事実上の御堂筋線の延長として扱われており、現在の8000形が走る前に走っていた2000形は御堂筋線でも走っていた30系のコピー車両だったことから、ことさら北大阪急行を意識されることは少なかった。


日中すべての電車が御堂筋線と乗り入れており、江坂行は早朝深夜を除いて運行はしておらず「地下鉄御堂筋線の終点は?」と問われて中百舌鳥はともかく江坂はなかなか思いつかない。


駅一覧

南北線

駅番号駅名読み乗り換え路線備考
M06箕面萱野みのおかやの
M07箕面船場阪大前みのおせんばはんだいまえ
M08千里中央せんりちゅうおう大阪モノレール線
M09桃山台ももやまだい
M10緑地公園りょくちこうえん
M11江坂えさか
OsakaMetro御堂筋線なかもず駅まで直通運転

会場線(廃止)⇔南北線

※1970年当時

駅名読み備考
万国博中央口ばんこくはくちゅうおうぐち廃止された末端区間にあった、大阪万博期間中のみ開設された仮設の臨時駅。跡地は中国自動車道中国吹田IC
千里中央せんりちゅうおう仮設駅
桃山台ももやまだい
江坂えさか
↓当時は大阪市営地下鉄御堂筋線天王寺駅まで直通運転

車両

阪急グループの影響で、車内は阪急寄りの内装となった。御堂筋線を利用する場合でも北大阪急行の編成は「当たり」だと評する乗客も少なくないだろう。

メイン画像の車両、通称「ポールスター」。ローレル賞受賞車両。内装が阪急の車両と酷似している。通路のドアが自動になっている。御堂筋線の女性専用車両はラッピングされているが、こちらの車両はステッカーだけなので乗車時は注意されたい。


後述の9000形の導入で一部廃車も出ている。おなじ阪急グループの地下鉄堺筋線乗り入れ車の阪急3300系はほぼ全車健在、世代的に言えば7300系8300系に近いのに比べれば雲泥の置き換えペースの速さである。


北大阪急行9000形1次車北大阪急行9000形 3次車

2014年春運行開始。通称「ポールスターII」。

車両メーカーは阪急グループでは珍しく近畿車輛。8000形の代替として4編成が製造され、その後箕面萱野延伸に際し3編成が追加増備された。

第3・4編成のみデザインを変更して登場した。


正面画 北大阪急行電鉄2000形

開業時の車両。当時の大阪市営地下鉄の30系に似ている。8000形導入により引退し、1両が静態保存されている。

他に万博閉幕後に大阪市営地下鉄に譲渡されることを前提に作られた7000形、旧8000形(こちらは完全コピー車両、大阪市30系に編入)がある。


駅メロディー

江坂駅を除き、駅に電車が近づいてくると「フニクリフニクラ」が流れる。「フニクリフニクラ」がイタリアのヴェスヴィオ山の山頂につながる登山鉄道のコマーシャルソングとして作られたことにちなんでいる。

千里中央駅では接近予告からしばらくしてスコットランド民謡の「埴生の宿」が流れ、到着電車の行き先案内に続く。また発車放送の前に以下の楽曲が流れる。

  • 春:フェリックス・メンデルスゾーン「春の歌」
  • 夏:ジョルジュ・ビゼー『アルルの女』より「メヌエット」
  • 秋:「枯葉」
  • 冬:「たき火」
  • 最終電車:「蛍の光」

関連タグ

大阪市交通局大阪市営地下鉄 OsakaMetro 御堂筋線 地下鉄 南北線

阪急電鉄 大阪府

関連記事

親記事

準大手私鉄 じゅんおおてしてつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 114983

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました