ピクシブ百科事典

目次[非表示]

阪急電鉄京都線嵐山線の分岐駅で、桂車庫を併設する京都側主要駅ですべての列車が停車する。

ホームは京都線上下と嵐山線の3面でそれぞれ2線ずつの6線(嵐山線ホーム外側1線は車庫出入庫用でほとんど使用されていない)。以前は京都線上下ホームの間に嵐山線ホームを挟む形であったが、現在は京都方面に向かって左側に嵐山線ホームが位置する。

朝ラッシュ時、10両編成の快速急行はこの駅で増解結を行う。

JR西日本の桂川駅とは離れており、隣の洛西口駅から600メートルの位置にある。

駅構造

島式ホーム3面6線の地上駅で、橋上駅舎がある。京都本線が島式2面4線、嵐山線が島式1面2線で前者が待避可能。
2010年3月にホームの発車標がLED式に統一された。それまでは嵐山線ホーム(C・1号線)は行灯式、河原町行きホーム(2・3号線)は反転式で、大阪方面行きホーム(4・5号線)のみLED式だった。京都線の東側には駅ビル「MEW阪急桂」があり、ペデストリアンデッキで直結している。

のりば路線方向方面備考
C京都本線上り河原町烏丸大宮方面早朝の始発電車
C・1嵐山線嵐山松尾大社上桂方面
2・3京都本線上り河原町烏丸大宮方面
4・5京都本線下り高槻市・大阪市内(淡路十三梅田天下茶屋)方面
  • 北千里方面は淡路で乗り換え
  • 神戸・宝塚方面は十三で乗り換え
京都本線は3・4号線が本線、2・5号線が待避線である。
C号線は桂車庫と直接つながっている。これは車庫線の記号番号のつけ方に従ったものであり、駅改良工事の際にホームが設けられた。案内上は嵐山線ホームとして案内され、京都本線から嵐山線に直通する電車が入線することがある。普段は回送電車の出入りに使われ、早朝には始発の普通電車河原町行きが発車する。
駅の洛西口寄りの引き込み線はD号線と呼ばれる。

1984年までは島式ホーム4面7線で、以下のように嵐山線ホームを京都本線ホームがはさんでいた。駅の北側で京都線の上り線が嵐山線の下をくぐっており、梅田-嵐山間の直通電車の運転に適した配線だった。京都本線の高速化や10両編成電車の運転に備え、1982年から改良工事が行われ、現在の形となった。6・7号線ホームの跡地には駅ビルが建っている。
1号線河原町行き(当駅発)
2・3号線河原町行き
4・5号線嵐山行き
6・7号線大阪(梅田・動物園前)方面

利用状況

  • 2016年(平成28年)度の1日平均乗降人員は、55,211人である。


利用状況比較表

年度乗降人員
2008年(平成20年)度61,595人
2009年(平成21年)度55,901人
2010年(平成22年)度51,574人
2011年(平成23年)度51,557人
2012年(平成24年)度51,410人
2013年(平成25年)度51,353人
2014年(平成26年)度51,140人
2015年(平成27年)度50,691人
2016年(平成28年)度55,211人


隣の駅

京都本線
種別前の駅当駅次の駅備考
  • 快速特急A
  • 快速特急
淡路駅桂駅烏丸駅
特急長岡天神駅桂駅烏丸駅
  • 通勤特急
  • 快速急行
  • 快速
長岡天神駅桂駅西院駅
  • 準急
  • 普通
洛西口駅桂駅西京極駅
嵐山線
種別前の駅当駅次の駅備考
全種別桂駅上桂駅


関連タグ

阪急電鉄 阪急京都線 正雀駅

関連記事

親記事

京都府内の駅一覧 きょうとふないのえきいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「桂駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2091

コメント