ピクシブ百科事典

エルガ

えるが

いすゞ自動車が販売している大型路線・自家用バスである。
目次[非表示]

概要

1984年に登場したキュービックのモデルチェンジとして2000年6月に登場し、数多くのバス会社・交通局に導入されている。縦置き4灯のヘッドライトが特徴。車名はラテン語で「~に向かって」と言う意味を持つ。

製造はいすゞバス製造→ジェイバス宇都宮工場。一般的に「エルガ」はいすゞ純正のボディに対して用いられる愛称で、同じシャーシを使用して富士重工業製や西日本車体工業製のボディを架装した場合は、7E96MCといったコーチビルダーにおけるモデル名を用いる。

初代(2000年~2015年)

KL-LV280/380系(type-A)

発売当初のモデル。当初からノンステップバスが設定されていた。
オプション仕様でリーフサスの車両もあり、2002年からCNGノンステップバスが発売され、2004年から日野自動車へ「ブルーリボンII」としてOEM供給が始まった。一目見ただけでは判別が非常に難しい。
エンジンは路線バスとしては珍しいV型8気筒エンジンの8PE1。高出力車については標準出力車と別形式の噴射ポンプを使用することで対応している。
判別点は後の6気筒モデルと違ってラジエーターが車体左側にあるため、冷却グリルが左側に開いているので分かりやすい。(車体左側の冷却グリルはPKG-LV車以降にもあるが、ラジエーターのグリルかDPDのグリルかはグリル上方にエアーダクトがあるか冷却水点検口があるかで判別できる)
また、後ろから見るとナンバー灯は大型のものがナンバープレート左右に付き、横長のマフラーエンドがバンパー右側に付く。(純正状態を維持していれば)PJ-LV以降の車と比べてブレーキランプレンズやウインカーレンズの色が薄い。

KL-LV834系(type-B)

KL-LV280系と同時に発売された車種。変速機はZF製5速ATのみでMTの設定がない。
最後部に直列6気筒エンジンを横向きに設置し、後車軸をドロップアクスルとすることで中扉より後側も超低床化した所謂「フルフラットノンステップバス」である。そのため乗車スペースが減る、導入・整備コストが高くなるという欠点もあって導入が少なく、結局2005年に製造中止された。

PJ-LV234系

2004年12月に発売されたモデル。エンジンが直噴6気筒エンジンの6HK1(出力191kw/260PS)に変更され、排気量はKL-LV280/380系の半分程度にまで小さくなったが、燃料噴射を列型噴射ポンプからコモンレール式とし過給器が搭載される様になり、燃費性能が上がった。とは言うものの、とにかく非力らしく乗務員からの評判は良くない様子。
この型式よりブルーリボンⅡとは統合車種扱いとなった。これ以降のモデルはISOホイール採用車まで見分けるのが大変だが「ノンステップ車においては車体右側の最後部席の窓が少し狭くなっている」「リアバンパーの切欠きが牽引フックの他にマフラー用の小さい切欠きがある」点で判別可能。

PKG-/PDG-LV234系

2007年2月に発売されたモデル。エンジンは以前と変わらないが、走行性能はPJ-規制車より大幅に向上された他、内装色も大幅に変更された。また、日野・ブルーリボンⅡは2灯式のヘッドライトに変更されており、エルガとは外観で区別が出来るようになった。
排気ガスの新長期規制に対応させるために連続再生式DPDが搭載されている。このため車体後部左側にも廃熱用グリルが開けられるようになった。(純正では)このモデルのみフォグランプがマルチリフレクターなのですぐわかる。

LKG-/LDG-LV234系

2010年8月に発売されたモデル。ポスト新長期規制に対応させるため、新たに排気ガスを浄化する「尿素SCRシステム」が採用された。EGR冷却容量の増加などによる出力の向上やDPDの再生のための燃料をシリンダーへのポスト噴射から触媒への直接噴射とし、またMT車については全車6速化、AT車もマッピング改良などによって燃費性能が良くなった。トランスミッションは6速MTが標準で、6速ATはオプションとなる。
運転席のメーター・計器のデザインが変更となった。ホイールは新・ISO方式のディスクホイールを採用している。

QPG-/QKG-/QDG-LV234系

2012年4月、新エコカー減税対応に伴う排出ガス規制記号の変更に対応するため、排出ガス規制記号をQG-に変更。
同年7月、新ワンマンバス構造要件構造要件に合わせた改良版が発売された。このモデル以降、教習車の設定を廃止した(ブルーリボンIIには設定がある)。
路線車がフルモデルチェンジした2015年9月以降は自家用ツーステップ車のみの製造となり、ポストポスト新長期規制適用直前まで生産が続けられた。

2代目(2015年~)

QRG-/QPG-/QKG-/QDG-LV290系

2015年8月に15年振りにフルモデルチェンジ。特徴的だった縦型4灯の前照灯は、吊り目状の大型ディスチャージ式ヘッドランプに変更された。これまであったワンステップ車の設定を廃止しノンステップ車に一本化。オーバーハングの改良などによりワンステップ車と同等の走破性を確保している。

車両サイズは全長10.4m・WB5.3m車と全長11.1m・WB6.0m車の2種類に統一。WB4.8mのL尺車の設定は無くなったが、N尺車ハンドルの切れ角を大きくすることで従来のL尺車と変わらない旋回性を実現している。
トランスミッションもMTを廃止し6速ATと6速AMT(機械式AT)を設定。エンジンは出力250psの直列6気筒6HK1から、出力250psの直列4気筒4HK1にダウンサイジング化。その分をシングルターボからツインターボとする事で補っている。従来モデルにあった高出力車の設定も廃止されている。
その他、優先席を含めた全席前向き化や、反転式スロープの採用、前扉をグライド式から折戸式に変更など、先代からの変更点は多数ある。京成バス西武バスなどがAT車、東武バスなどがAMT車を導入した。

2TG-/2PG-/2KG-/2DG-LV290系

2017年8月に発売された、ポストポスト新長期規制適合モデル。前照灯がLED式に変更されたが、オプションで従来のディスチャージ式も選択可能。エンジンは同型式ながら出力を240psに落とし、最大トルクを発生する回転領域をやや低回転寄りに変更。燃費性能がわずかながら向上しており、ハイブリッド式ではない一般路線用バスでは初めて平成27年度重量車燃費基準+15%を達成した車種がある。

エルガハイブリッド

QQG-LV234系

2012年8月に発売されたモデル。ハイブリッドシステムは従来のエンジンとモーター(44kw/60PS)を動力とするパラレル方式、変速機は6速AMT(機械式AT)を採用。
なお、最後部にバッテリーを搭載しているため、座席定員が僅かに少ない。2015年1月に改良が施され、車両が軽量になり定員が1名増えた。

QSG-LV234系

2015年4月に排出ガス規制記号を変更し、QSG-LV234系となった。ポストポスト新長期規制適用直前まで生産が続けられた。

エルガLT

車幅は大型車と同等ながら、全長を9mと中型車並みに抑えたいわゆる大型ショート車両。
小回りが利き、走破性が高いためモノコック時代のごく初期から地方の業者を中心に根強い人気があるボディサイズだったが、新短期規制(PJ-)への移行とともに姿を消した。

KL-/KK- LT233/333

兄貴分のエルガとコンセプトを同じくしながらも、中型車のエルガミオと同じエンジン(6HH1 165kw/225PS)を搭載する。サスペンションはエアサスとリーフサスの二種類、ボディはスロープ付きのワンステップとツーステップがあった。
新短期規制への移行とともに一代限りでラインナップから消滅、以降狭隘路線ではエルガミオが導入されることになった。

関連タグ



好敵手と書いて(とも)と呼ぶ路線バス車両

pixivに投稿された作品 pixivで「エルガ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15633

コメント