ピクシブ百科事典

キュービック

きゅーびっく

ここではいすゞ自動車が、1984年から2000年にかけて製造していた、路線バス用車両について説明。
目次[非表示]

曖昧さ回避

キュービック



概略

1984年にCJM/CQM系をフルモデルチェンジして登場した大型車のキュービックLVと、9m大型車のキュービックLTからなり、かつ川崎重工(後にIKコーチ→いすゞバス製造)製車体を持つ路線バス用車両。
1970年代にルノーが製造していた路線バスをリファインしたような、当時としては斬新なデザインであった。
製造開始から幾度の改良を経た後、2000年エルガへフルモデルチェンジする形でカタログラインナップから姿を消した。

標準車体

バス車両はシャーシと車体が別のメーカーで作られていることが多く、このいすゞLVシリーズも例外ではない。
いすゞは架装指定メーカー(いわゆる純正車体)として川崎重工を指名していたが、川重車体工業製には以下の特徴がある

  • 前面は下辺にカーブの付いた1枚窓
  • 正面左右に三角形の固定窓を配置
  • オーバーラップ式のワイパー(ただし降雪地帯の事業者へは平行連動式)
  • スケルトン構造の車体だがリベット接合を一部使用

この他指定メーカー以外のメーカーの車体を架装する例もあり、富士重工西日本車体工業北村製作所が架装していた。なお、これらの車は「キュービック」と呼ばれることはなく(素人でも一目で分かるほど外見が異なる)、ボディのモデル名+LV(シャーシのシリーズ記号)と呼ばれることが多い。
特に北村製作所製はその見た目からナマズの愛称で親しまれた。
また、斬新なデザインを「前衛的」と捉えた東武鉄道などでは、純正のキュービックを選択せず、サードパーティである富士重工製のボディに切り替えている。その後東武では初期のノンステップ車についてはいすゞ純正を選んでいるが、正面形状が下辺のカーブの無い普通の2枚窓に変更された、キュービックらしさを喪った特注車であった。(マニアからは東武顔と呼ばれる)

pixivに投稿された作品 pixivで「キュービック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11511

コメント