ピクシブ百科事典

ビューゲル

びゅーげる

金属の細い管でできた枠にすり板のついた集電装置。
目次[非表示]

概要

ドイツ技術者Walter Reichelがトロリーポールに替わるものとして考案し、完成させた集電装置。
名称の「ビューゲル」はドイツ語、弧などを意味する"Bogen"という単語。英語では"Bow collector"とよばれ、日本では英表記に倣い「弓型集電器」と名づけられている。また、その形から「布団叩き」(※)という俗称がついている。トロリーポールのような走行中の監視の必要はなくなったものの、進行方向を変える際はビューゲルの向きも変えなければならず、トロリーポール同様に高速時の架線追従性も悪いためパンタグラフに取って代わられた。


※・・・鉄道通信線用の電信柱を「叩き」というのと同じたぐいの俗称。

類似品

既存の車両の改造では改造費を安く上げるため、トロリーポールの先端をY字型に分岐させ、その先に集電艝を取り付けた「Yゲル」(「Y字型ビューゲル」の略)というものや、トロリーポールを2基並べてその間を鋼管でトラス構造を組んで補強・接続し、先端に集電艝をつけた「ボウコレクター」というものがあった。

関連タグ

鉄道 架線 トロリーポール パンタグラフ 路面電車

似ているけど違うタグ

pixivに投稿された作品 pixivで「ビューゲル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 659

コメント