ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

電車(主に路面電車)やトロリーバスの屋根に設置されている集電装置の一つ。「ポール」や「電棍」ともよばれる。


無動力の制御車付随車に取り付けられた事例もあった。いずれも現在ではほとんど廃れており、レトロな雰囲気を演出する要素となっている。


近年の電車は路面電車に限らず簡素なシングルアームのパンタグラフが増えており、ぱっと見には昔に戻ってるように見えなくもないが、実際にはシングルアームパンタグラフはトロリーポールと構造が全然違うので先祖返りではない。


構造編集

外観は、棒が立っているだけの単純なものやその先端に滑車のようなもの(最近まで残った関西電力のトロリーバスのそれは、V字型の溝を切ったシューとなっている。パンタグラフ参照)が取り付けられている形状であり、先端より紐(これはポールが跳ね上がるのを防止するためである)がついており、先端を架線に接触させて集電する。


現在主流のパンタグラフに比べ比較的簡素なつくりであるため、架線の精度が必要でない、コストが安いなどの理由により使われていたが、特に分岐が存在すると架線から外れやすい、外れた場合再接続させなければならないため、連結運転や高速運転が困難である。


また、進行方向に対して1本のもの(これは帰りの電気を線路に流す)と、2本のもの(2本目のポールから電気を返す、ちなみにトロリーバスの場合道路に電気を返せないためこの形式のみとなる)のものが存在する。2本ポールを採用した理由は、地面に流した電気により埋設された水道管などが電蝕(腐食)するのを防ぐためであり、主に市街地を走る路面電車で採用された。


日本での利用編集

昔の路面電車の集電装置といえばこれだったが、ビューゲル、そしてパンタグラフに取って代わられ、現在の日本で運行されている電車での利用は明治村の保存車両のみ、トロリーバスは立山黒部アルペンルートのみである。


ちなみに、営業運転で最後までトロリーポールを使用した鉄軌道事業者(除くトロリーバス)は京福電気鉄道で、軌道線である嵐山本線北野線では1975年まで、鉄道線である叡山本線鞍馬線(現在の叡山電鉄)では1978年まで使用された。


関連タグ編集

路面電車 トロリーバス 鉄道

ビューゲル パンタグラフ 第3軌条

参照編集

wikipedia:集電装置

関連記事

親記事

電装 でんそう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30787

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました