ピクシブ百科事典

KTR8000形

けーてぃーあーるはっせんがた

「北近畿タンゴ鉄道」が保有、「WILLER TRAINS」で使用されている特急型気動車である。
目次[非表示]

KTR8000形「タンゴディスカバリー」

1996年運行開始。2両編成5本の合計10両が製造された。1編成あたりの定員は100人。前面は貫通式構造だが幌はプラグドアによって隠されている。

製造当初は福知山線系統で使用されていたことから、エーデル丹後の後継車としてJR西日本183系との併結装備を持つ8000番台4両、電車併結装備を持たない8010番台6両が用意された。どちらも密着連結器を装備し8000番台、8010番台は相互に連結できるが、従来のKTRの車両とは連結できない。

KTR8000形「丹後の海」

短時間挑戦 2702


2015年からは一部編成に対しリニューアル工事を実施。デザイナーの水戸岡鋭治氏によるデザインで、塗装は藍色メタリック、内装は木材使用の和風仕様に変更された。

運行ダイヤはこちらから(公式サイト)

運用

2016年3月の改正後は特急はしだてまいづるたんごリレー、快速丹後路、列車名のない快速列車1.5往復、普通列車1本で運用されている。

登場時は福知山線系統の特急「タンゴディスカバリー」として新大阪駅-久美浜駅間で運行され、新大阪-福知山間は特急北近畿の最後尾に無動力状態で牽引される形で運行し、北近畿タンゴ鉄道線内では自走する形をとった。なお北近畿タンゴ鉄道線内で完結する急行「タンゴレインボー」も設定され、こちらには電車連結未対応編成を使用したが、1999年10月に廃止された。

1999年10月からは運転系統をKTR001形と入れ替え、KTR8000形が京都駅から山陰本線を経由するようになり、東舞鶴駅発着列車との分割併合も行われるようになった。

2005年に発生した尼崎事故の後、ATS-P型が福知山線へ導入されることになり、ATS-SWしか搭載しないKTR001形の代車としてATS-P・SWの両方を搭載するKTR8000形にマグネットシートで「タンゴエクスプローラー」の愛称を表示して運行していた。この措置は2007年3月まで続いた。

関連項目

北近畿タンゴ鉄道 京都丹後鉄道 気動車ディーゼルカー 8000形
水戸岡鋭治 ドーンデザイン研究所水戸岡鋭治デザイン

pixivに投稿された作品 pixivで「KTR8000形」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 271

コメント