ピクシブ百科事典

富田駅

きじほんぶんさんしょう

日本にある鉄道駅。栃木県、三重県、大阪府の3駅がある。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 栃木県足利市にあるJR東日本両毛線の駅。読みは「とみたえき
  2. 三重県四日市市にあるJR東海関西本線三岐鉄道三岐線の駅。読みは「とみだえき
  3. 大阪府高槻市にある阪急電鉄京都線の駅。読みは「とんだえき


富田駅(栃木県)

栃木県足利市駒場町にあるJR東日本両毛線の駅。
2018年(平成30年)4月1日あしかがフラワーパーク駅が開業するまでは、当駅があしかがフラワーパークの最寄り駅だったため、臨時快速列車「足利藤まつり」・「足利大藤まつり」号の停車駅となっている。あしかがフラワーパーク駅開業後も停車は継続されている。

駅構造

相対式2面2線の地上駅で無人駅。

のりば路線方向方面備考
1両毛線上り足利伊勢崎高崎方面
2両毛線下り佐野栃木小山方面

隣の駅

種別←高崎方面当駅小山方面→備考
普通あしかがフラワーパーク駅富田駅佐野駅


富田駅(三重県)

三重県四日市市富田三丁目にある、JR東海関西本線と三岐鉄道三岐線の駅。三岐鉄道側は旅客営業をしていない貨物駅であり、JR四日市駅方面へセメント輸送の専用貨物列車が直通運転を行っている。

三岐鉄道側の旅客列車は、近鉄線への連絡線を通り全列車が近鉄富田駅を発着駅としているため乗り入れない。

駅構造

単式・島式の複合2面3線の地上駅。
4・5番乗り場はかつて使われていた三岐鉄道の旅客線ホームで、現在は使用停止中。

のりば路線方向方面備考
1JR関西本線上り桑名蟹江名古屋方面
2・3JR関西本線下り四日市亀山方面

利用状況

  • 2018年(平成30年)度の1日平均乗降人員は787人である(三重県統計書より)。


利用状況比較表

事業者名JR東海
年度乗車人員乗降人員
2008年(平成20年)度773人1,546人
2009年(平成21年)度730人1,460人
2010年(平成22年)度738人1,476人
2011年(平成23年)度628人1,256人
2012年(平成24年)度628人1,256人
2013年(平成25年)度624人1,248人
2014年(平成26年)度642人1,284人
2015年(平成27年)度673人1,346人
2016年(平成28年)度713人1,426人
2017年(平成29年)度761人1,521人
2018年(平成30年)度787人1,574人


隣の駅

JR東海
種別←名古屋方面当駅亀山・津方面→備考
通過
  • 区間快速
  • 普通
朝日駅富田駅富田浜駅
三岐鉄道
種別当駅西藤原方面→備考
普通富田駅(三岐朝明信号場)~大矢知駅


富田駅(大阪府)

大阪府高槻市富田町三丁目にある阪急電鉄京都線の駅。駅番号はHK-71
JR京都線摂津富田駅は当駅から北に300mの位置にある。
1928年1月16日、新京阪鉄道の淡路駅-高槻町駅(現在の高槻市駅)間延伸に伴い富田町駅(とんだまちえき)として開業。待避線はあったものの、京阪電気鉄道新京阪線時代の1933年までに撤去された。1943年に戦時統合により京阪神急行電鉄(現在の阪急電鉄)新京阪線の駅となる。1949年12月1日に阪急の京都本線の駅となる。1957年7月1日に富田町が高槻市に編入され、富田駅となる。

駅構造

相対式ホーム2面2線の間に京都方面行きの通過線1本、合計2面3線の地上駅。
のりば番号は実際に表記されていないが、スマートフォンアプリ「阪急沿線ナビTOKKアプリ」の発車案内機能では、京都方面が1号線、大阪方面が3号線となっている。
駅舎(改札)は地下にあり、各ホームとはエレベーターで連絡する。出入口は北口と南口の2か所で、南口にはエレベーターがある。
トイレは大阪方面行きホームにのみ設置。

のりば路線方向方面
1阪急京都線上り高槻市河原町方面
2上り(京都方面通過線)
3阪急京都線下り大阪市内(淡路梅田天下茶屋)方面
のりば番号は「阪急沿線ナビTOKKアプリ」より。通過線を2号線としている。

阪急電鉄で通過線のある駅は当駅以外に六甲駅しかない。
当駅の通過線が生まれたのは、1982年当時地上駅だった高槻市駅付近で高槻市による連続立体交差化事業が行われたことがきっかけである。工事の用地を確保するために高槻市駅の京都方面行き待避線が撤去。それに伴い阪急は市側から市道を借り受け、当駅の京都方面行きホームに仮待避線と仮設ホームを設置した(11月27日完成)。
設置期間は高槻市駅の高架化が完成するまでの予定だったが、1993年に高架化が完成してからも残っている。
連立事業前の1981年には当駅の地下駅舎化工事が行われた。

利用状況

  • 2017年(平成29年)度の1日平均乗降人員は20,572人である。


利用状況比較表

年度乗降人員
2008年(平成20年)度20,750人
2009年(平成21年)度19,839人
2010年(平成22年)度20,092人
2011年(平成23年)度20,652人
2012年(平成24年)度20,714人
2013年(平成25年)度20,736人
2014年(平成26年)度20,848人
2015年(平成27年)度20,910人
2016年(平成28年)度20,511人
2017年(平成29年)度20,572人


隣の駅

種別←高崎方面当駅小山方面→備考
  • 快速特急A
  • 快速特急
  • 特急
  • 通勤特急
  • 快速急行
  • 快速
  • 準急
通過
普通総持寺駅富田駅高槻市駅


関連項目

日本の同名駅一覧

富田駅(栃木県)
JR東日本 両毛線 栃木県内の駅一覧

富田駅(三重県)
JR東海 関西本線 三岐鉄道 三岐線 三重県内の駅一覧

富田駅(大阪府)
阪急電鉄 阪急京都線 大阪府内の駅一覧

関連記事

親記事

日本の同名駅一覧 にほんのどうめいえきいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「富田駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 91

コメント