ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

西桑名駅(三重県桑名市)から阿下喜駅(同県いなべ市)までの20.4kmを結ぶ鉄道路線。国内では数少ない762mm軌間(ナローゲージ)の路線である。

1912年に北勢鉄道が設立され1914年から順次延伸された。最後の六石〜阿下喜は山岳地帯の難工事の末1931年全通を果たした。1940年に戦時統合により強引に三重交通と合併させられる。1961年に桑名京橋〜西桑名廃止。紆余曲折の末1965年から近鉄北勢線となった。

近年になるとかつての黒字路線から一転して路線の累積赤字が進んだため、2003年4月1日に近畿日本鉄道近鉄)から三岐鉄道に運営が移管されている。三岐鉄道へ移管後、高速化のため駅の移設・統合・廃止や線路の曲線改良を行った。


駅一覧

駅名ひらがな備考
西桑名にしくわなJR関西本線近鉄名古屋線養老鉄道乗り換え(いずれも桑名駅)
馬道うまみち
西別所にしべっしょ
蓮花寺れんげじ
在良ありよし
星川ほしかわ2005年に坂井橋駅から移転・改称
七和ななわ
穴太あのう
東員とういん2005年に六把野駅と北大社駅を統合
(北大社信号場)きたおおやしろ車庫が存在する。2005年まで北大社駅
大泉おおいずみ2004年に大泉東駅と長宮駅を統合
楚原そはら
麻生田おうだ
阿下喜あげき

車両

  • 200系連接車。トレーラーであり、270系のクモハ277号を動力車とする。
  • 270系:三岐鉄道へ移管後、一部の編成は冷房化された。

国内では数少ない762mm軌間の鉄道路線であるため、車両も特殊なうえ吊り掛け駆動である。2015年4月からは車両の行先表示器がLED化された。


高速化

まだその準備のための改造が進んでいる、というだけであるが、最高速度の70km/hへの引き上げが計画されている。

この速度は、かつて日本領だった時代の朝鮮半島(「朝鮮鉄道」という私鉄の「黄海線」)や戦後の台灣(台東線)において、762mm軌間の鉄道が日常的に出していた速度(75km/h)を少し下回ることから、実績があり技術上の問題がない、と判断されたものである(黄海線に至っては蒸気機関車が出していた速度である)。

主要な改造項目は、弱め界磁段の追加、ATSの改造、信号機の改造(3位式2現示→3位式3現示)。


関連タグ

ナロー  ナローゲージ 鉄道 四日市あすなろう鉄道 楚原れんげ

関連記事

親記事

三岐鉄道 さんぎてつどう

子記事

  • 270系 にひゃくななじっけい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 52919

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました